"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Apr1
 一時は廃止の際に立たされた小幌駅が一発逆転の存続を勝ち取り,今日から駅の管理は地元・豊浦町に託されることとなった.
 この機会にちょっとだけ真面目な話をさせて欲しい.

 D-Day マイナス7,Jul18/15.どっかの社長が「お前さん,実は利用実態ちゃんと把握してないだろ・・・」と,とある駅利用者にツッコミを喰らった新聞記事が出る.
 やっぱりというか何というか,ツッコミが入った.あたしの意見を聞きたいと.駅廃止の報に,反対なのか,仕方ないという立場なのか,と.
 見ての通りで,あたしは黙りました.

 最初は反対表明みたいなのを書こうかともほんのちょっとだけ考えたんですよ.
 なんだけど,そもそもこの手の活動は地元の迷惑になっちゃいかんのだ.そしてこの界隈で少しは名の知れた立場になってしまっている自分がそういう雄叫び上げればまぁ良くも悪くも界隈に影響を与える.そういうわけで,豊浦町の意思を確かめるまでは口を噤んだ.


山口よしのぶ著/白泉社刊,『名物!たびてつ友の会』第5巻 187p より.

 あたしなんぞは十分な金を出すこともできない余所者でしかない.豊浦町が「仕方がない」というならあたしが騒いだところで迷惑にしかならない.逆に豊浦町が「反対だ」というなら可能な限りの力を貸そうと.いずれにしてもきちんとした話が出てきているわけではないし,騒ぐのは拙速であろうというわけで,そもそも囀り場などでは話題にすら出さなかった.

 そして D-Day,Jul25/15.ネットで話が広がる前にあたしが放流した記事がこちら.

今日の北海道新聞朝刊に「小幌駅」の見出し.
やー,「打診は来ていない」とは耳にしてましたが,いきなりの「通告」と来ましたかー.

— Masami.H.M (@Lavendelstrauss) 2015年7月24日

 囀り場では補足を入れたけど一応こちらでも入れると,
誤「打診は来ていない」
正「あたしのツテには聞こえていなかった」
 はぃ.そして「打診ではなく通告ですか」というのは嫌味です.「これ以上はもう無理だ,どうか理解して欲しい」ってんじゃなくて「廃止することに社内で決まったから,君にも知らせておくね」という状況に対しての.ゐや,記事にはそこまで書かれていなかったんだけど.
 元々この日は半ドン仕事,終わったら駅ノートのメンテに行く予定だったんだけど・・・そんな日の朝っぱらからほんっととんでもないもの見せつけられてねぇ.
 そして翌日に書いた駄文がこっちなわけなんだけど,やっぱり明示的には自分の意見を示していない.まずはきちんと豊浦町の意思を確認しようと考えていたから.

 して,豊浦町というか礼文華にはあたしの活動に協力してくれるありがたい人々が居られる訳なのだけど,そこまで話が流れてきていなかった.もっと直接的に,役場の担当部署に直接のパイプが欲しい.担当部署はどこになるんだろう・・・と探りつつ手を伸ばして

 繋がった先がいきなり行政トップだったわけですが(爆

 どうあれ豊浦町の意思は確認できた.できたんだけど・・・あたしはこれまで通り自分の為すべきコトを淡々とやろうと.そういうわけで自分で情報発信をコントロールできる範囲では自分の意見をはっきりと表明した覚えはこれまで全くなく.まぁ実際に何を考えているかは,某記者のインタビューに答えたときの回答が新聞に堂々載りましたが.それくらいで.

 実のところ.
 「駅に何かあっても,ノートは続けようと思えば続けられるし,歩いてくる人がいるなら続けますよ?」と某所で見得を切ったけど.本当に廃止になるならノートをいつ撤収すべきか,そういうことも考えていた.人が集まれば自然と不心得者も混ざってくる.それは数が少なくても治安を悪化させるには十分なのだ.
 先日も少しネタにしたが,実際に廃止されてしまった東追分.その駅ノートが「小幌で起こったかもしれない事態」をあたしに見せてくれた.設置したノートは打ち捨てられ,破られ,備品も消えた.管理人氏は “「想い出を残す」事はもう出来ないと判断” し,廃止日前に全てを撤去することを決意したという.

 話を元に戻す.駅維持費用の一部は「ふるさと納税」の寄付金で賄われる.ふるさと納税とはなんぞやというと,自治体に寄付をすると,後でそれと同じくらいの額だけ税金が軽減されるよというもの.イメージとしては,自分の納める税金の一部をどっかの自治体に振り分けることができるというもの.ちょっとの手間と負担で,自分の財布から出ていく金額はほとんど変わらずに寄付を行うことができる.
 気を付けなければならないのは自己負担額 \2k が問答無用で発生することと,税控除を受けられる寄付金の上限額があって,それを越えると完全に自分の持ち出しとなること.その辺の額のシミュレーションは「さとふる」の Page がお手軽だろうか.
 そういうわけでこれを見た人は,\2k で豊浦の物産を買った気になって,ちょろっと駅維持のための「税金納入先の振替」を検討してみてほしい.

 なお,昨年から流通している「小幌駅グッズ」は町が企画したものではない.どっかの旭川四条(ゲフンゲフン

 以前にも書いただろうか.小幌駅廃止検討の報が流れたとき,礼文華の住人は速攻で警鐘を鳴らしていたのだ.黙って見ているわけにはいかない.小幌が消えれば,次は礼文と大岸が消えると.小幌は消えなかったし,礼文も大岸も今のところ消えていない.だけれどその後に発表された大減便のあおりを受け,礼文・大岸両駅に停車する列車は激減した.しかしてその影で地味に存続の危機に立たされているのは,実は礼文華峠の反対側・静狩だったりするような気がするのだが・・・いずれにしても,この流れは当分変わらないハズ.豊浦に追従する例が今後出てくるのか,はたまた抗うことができずに次々果てて行くのか.豊浦方式だって継続的に資金を調達して行かねばならず,それは楽な話ではない.さて,どうなる.

 あ,最後にエイプリルフールネタを.

速報:JR北海道は「ご利用の少ない区間」として、北海道新幹線の廃止を検討 沿線自治体に意向伝える

— 48NEWS (@SON_SC01) 2016年4月1日


Apr2
 駅管理の話.今日の道新朝刊全道版に載りましたわ.大きな記事ではなかったけど.ちなみに話が完全にまとまったのは実は先週の話だったりするらしいという・・・

 昨日の話,ちょっとだけ続き.
 あたしがはっきりした意思を表明しないのとは対照的に,あんなもんいらんわという声,何で潰すんだという声,いろいろ聞こえてきた.少しだけ胸を痛めつつもそれらを落ち着いて俯瞰できたのは,今日の駅とその周辺に関して自分より詳しい人間はそうそういないという自負があったからだと.そもそも時々にでも駅を利用するわけでもなく,その地に来たことがあるわけでもなく,話題になってることもあるし一目見ておこうといってやってくるわけでもなく,そんな輩が「あんな駅いらねぇだろ」と声高に叫んでも滑稽なだけで.
 人が集まってもはや「秘境」ではなくなったの,鉄道マニアが涌いて云々だの,そんな声も多く聞こえたけど,それもまたわかってない.確かに鉄道マニアも多かったけど,それ以上に一般の親子連れや鉄とは関係ない人々も多かった.そして人は多いながらも概ねそれぞれに満足して帰っていったようだし,時間帯を選べばピーク期間でも人の少ない時間帯はあった. ・・・まぁそれで文句を垂れるような輩はそもそも来なかったのだろうが.

 それよりも気になったのが「何であんなところに駅を作ったんだ」という声.「何で存続してるんだ」じゃなくて「何で作ったんだ」というのが鍵.小幌駅云々とは関係なく,日本の社会科教育に何かが抜けていると感じるのはあたしだけか.小幌は極端な例だし,1980 年代のような急速な動きはないけど,今後も同じような例は日本のあちこちで緩やかにでも続いて行くハズ.若いのには考えてもらわなきゃならんぞ.きっと.

 ゐやゐや,そんな老害寸前の話をしたいんじゃなくて・・・何だっけ.あぁ,これだこれだ.列車内に4類の持ち込みが一切できなくなるって話.
 そういうことじゃねぇだろというのが半分,そういう阿呆がいたから仕方ないかというのも半分・・・ってかどっかの阿呆が持ち込んだとされる量は現行ルールでも過量だからして,やっぱり「そうじゃねぇだろ」というか.
 ゐや一般人はそんなもの持ち歩かないだろうというツッコミが入りそうだけど,ヤマ屋は持ち歩くんだよ.ガソリンを.燃料として.冬場はカセットコンロ用の奴なんぞ話にならんし,ヤマ用の値の張る奴でも理論上 18 度程度になると火が点かない.そこまで行かなくても火力が弱くて環境温度に負ける.対して自動車用ガソリンなら 40 度でも引火するからなー.腐ってなければの話だけど.まぁそういう装備でな・・・あたしはガソリンを燃料にするような機材は持ってないけど,冬場はやっぱりガソリンが強いのかなぁ・・・なんて考えることが.うん.
 まぁともあれ.こんな話になってしまうと冬場にヤマ行くのにガソリン持って汽車に乗れなくなってしまうわけで.まぁそんな量を持ち込むわけでなし,元々何かをやらかす気でなければ普通はどうにかなったりしない状態で持ち込まれるハズなんだけど,ルール的には・・・ねぇ.
 ところがガス缶の持ち込み規制量も1人あたりですかね,あれは.パーティでとかじゃないよね? まさか鉄道会社側もそんなツッコミは想定していないだろうが(苦笑
 なんか今朝の連ドラでもやってたけど,息苦しい世の中になっていくよなぁと.ゐやしっかしあの話も最初のうちは群馬に鉄道をだの,福沢諭吉が出てきたりのとやっていたのに,今週になって「平塚と名乗る気の強い娘」が出てきた時にゃぶっ飛んだね・・・あぁ,そこまで時代が降ったかと.まともに見ていたわけではないけど,あぁ話も終盤なんだなぁと.今日が最終回だったようなんだけど,いつも入れていたアバンタイトルが無かったのもまた.

 あ,ゐや,話がずれた.次の話題は?
 これで終わり?


Apr3
 日曜らしいです.休日らしいです.
 休んだ気になれねぇ・・・昼寝をすれば今度は目覚めたときに酷く惨めな気分になる夢を見るなど,なんつーかこうなんつーかこう・・・
 そういえば先週は何かと松任谷由実の「白い朝まで」が脳内再生されてたんだよなぁ.こりゃ MP 削れとるわと・・・

 そうそう.アパートの隣室に新しい住人がやってきまして.気が付けばこの物件最古参の住人になってますよというか,ひとつの建物という意味ではそろそろ「実家」よりも長くなってきますよと・・・っつーかやっぱりひとりで住んでるのあたしだけのようですよと(爆
 ゐや,先週東北をうろついていたときに.自分でも初めての感覚だったんだけど.あぁ,これ「おひとりさま」って奴だわぁと・・・誰がって,自分が.そういう風に呼ばれる歳かどうか,そもそも歳で言われるモノなのかどーかは知らんが,早晩そういう領域に足を突っ込んでしまうなぁこれはと.
 そういうわけで,新しい住人の姿を見てまぁそんな感覚を改めて突きつけられたり.まぁそれが良いか悪いかふつーの子かという問題はあるのだけど,あぁなんか歳ばっか喰って仕事ができるわけでもねぇ,部屋に帰ってきても日々やりたいことの半分もできねぇと来れば・・・

 うん,そりゃあ MP 削れるわ.

 っつーかですね,進捗が昨年比1週間遅れでして.



 昨年も結構ひーひー言っていたわけでデスマーチ不可避・・・


Apr19
 進捗.一時は前年比1週間遅れで,ティアはコピー本での発行かと覚悟したのですが・・・なんとかなりそうです.昨年は有給カード使いまくってひーひー言いながらやってたのに,今年は有給カードもない状態からどうやって1週間も捲れたのか.自分でも謎です.
 ともあれ.5月のティア,それに金沢の LTS,6月の北ティアと立て続けに出ますんでよろしくです.

 これが終わったら・・・構想段階なんだけど7月を目標にちょっとぶちかますかもです・・・


Apr24
 囀り場でたまーに回ってくる #画力変化ビフォーアフター というお題がありましてね・・・原稿もキリキリ描く段階は終わって少し寝かせながら練ったり直したりする段階に入ったもんで昨晩ちょろっと乗っておりました.ここでは少し解説なぞを加えながら.

 2012 年.「誰がためにベルは鳴る」.

 自分にゃ絵心ないわーと放っていた筆を,いろいろあって 2008 年にまた執って.ようやく他人様にお見せできる程度のモノが創れるようになってきたろうかと挑戦したのがこのあたり.
 背景はトレースですね.トレースし切れてない気もするんだけど,その分だけ背景に独特の味があるような気が.キャラクターは・・・・・・・うん,そうか,4年前でこんな感じだったのか.いろいろと直視が辛い.

 2013 年.「SugarTown は愁いの街」.

 変わったような変わってないような.とりあえずこのページは何度描き直しても手がうまく行かなかったことを記憶している.今ならどうにか描けるかというと,それでも自信がない.
 背景はトレースだと思われるんだけど・・・「線」でしかモノを捉え切れてないってのがよーくわかるわなぁ.それなら今は「線」じゃない何かで捉えられるのかというと,それも自信ない.

 2014 年.「B線上の交声曲」.

 このあたりからキャラのバランスの取り方がびみょーに変わってきた気がする.しかしそのおかげで別のところのバランスが取れなくなってきて,もしくは元々のバランスの悪さが目に付くようになってきて,2015 年は大分苦労してる感じがあり,実は今でも解決し切れていない.とりあえず,何故か瞳が大きくなってきた.うん.
 背景は資料を見ながら手描きのハズ.ただし嘘が吐けない感じの.ついでにページあたりのカットもこの年からは何故か増え.まぁつまり,なにがしかの自信がついた・・・ってことはないから,とりあえずの技術が少しながら伸びてきたってコトなのかなぁ.

 2015 年.「夜色の世界地図」.

 背景は資料を見ながら手描き.いろんな意味で平気で嘘を描くわとまぁとんでもないことをぶちかましまくった感じの.更に,自分で撮った写真と上手く組み合わせながらやっていきたいな〜とこれまでやってきたのが,そろそろ破綻しているという.
 キャラに関しては何だろう,とりあえずのカタチにはなってる気がするんだけど何か違う気がする・・・ということの連続だったような.
 結局,上手く行かないなぁという何かが大量に積まれているという.

 2016 年.「一枚のチケットから」.

 5月ティア新刊です.よろしゅうに.表紙だ内容見本だは近日中に公開しますんで.

 で,なんか気が付くとキャラの描き方がまた変わってるんだけどという.意識してやってるわけじゃなくて,なんとかバランス取ろうと直していくとこのスタイルに落ち着くというか.
 背景は・・・ダメダメです.はぃ.

 こうして並べてみると,格段に上手くなったりはしないけどヘボ絵描きはヘボ絵描きなりに変化してるんだなぁと・・・そもそも上手くなってるのか? 自分じゃよくわかんねーや.毎回「これで良いのか?」だし「何か納得いかんなぁ」だし.そして目指すモノには全く手が届かないし.はぁ.

 あぁそうそう.ティア新刊に1ページ寄稿してます.Q19a「TINY LIFE」にて.

5/5 COMITIA116 にて、
新刊 『わんだわガイド』 出します。

創作3年分のガイドブック的な本です。
なんか100p超えました。

さらに今回、11名の方々に
ゲスト参加いただいてます。超嬉しい。
よろしくどうぞ。 pic.twitter.com/XAcOn3bMtT

— 寿@TIA116[Q19a] (@KOTOBUKI_TL) 2016年4月23日

 自分の本がデスマーチ不可避だとか,コピー本になるんじゃねぇかとか叫びながら何余裕ぶっこいてんだという.


Apr25
 新刊サンプル的なモノを公開しました.もう一晩だけ寝かせて,おかしいところ・・・もとい,今の自分で直せそうなところがなければ印刷所に突っ込みます.

 May5,COMITIA116 - う27a
 May22,Little“T”Star! 7 - H-04
 Jun19,北海道 COMITIA 4 - 配置未定

 以上のイベントでお待ちしております.はぃ.


Apr29
 おしながき的ななつです.年に1度,5月のイベントで「真剣勝負」な一冊を出し続ける!という緩い目標で,なんとか5年やってきたわけですか.これ,結構きついですよ.

 ・・・仕事の愚痴ではない.たぶん.

 ところで LTS 行きのチケットも確保したんだけど,どうあっても東京経由になるの何ででしょうね・・・札幌からなんだけどなぁ.ついでに Transfer の東京からは空路でも陸路でも金銭的に大差ないんだな・・・それなら鉄的には陸路で行くだろぉ.ついでに越後湯沢経由とか米原経由とか考えちゃうだろぉ.前者は時間的に全く折り合わず,後者は通しの切符で買えば若干安くなるんだけどびみょーに時間の都合が合わずでなぁ.福井や金沢での前泊も考えたんだけど,そっちのプランもいまいち折り合わず・・・東京〜金沢は長野経由になりそうだと.
 話のネタにグランに吶喊しようなんて話もあったんだけど・・・パスで.それならもっと長距離長時間でゆっくり行きたいよなぁと.ってか小市民なもんで,グリーンくらいが最もくつろげそうな気がするなぁと.
 まぁそんなこんなで・・・交通費的には大赤字なんだけどせっかくの遠征,西の方の人たちも見に来てくれると嬉しいなぁと! っつーか関ティアもやっぱり行ってみたいよねぇと!


Apr30
 いい感じのプリンタが奉公に来てくれたおかげで,前々から作りたかった「見本誌用の帯」を作ることができましたとさ.今回は「試しに作ってみた」程度で,実際に反応を見ていろいろ直していくことになるだろうけど.
 それにしても新刊の煽り文句が不穏ですねぇ・・・

 ところで今回の新刊.正直なところ値段設定に迷いまして.\350 くらいにしたいところなんだけど,そうするといろいろ面倒なので \400 か \300 のどちらかに丸めることになる.\400 にするにはちょっとアレなんだけど,\300 でも・・・という状況で.結局見ての通りのところに落ち着きましたが,消費税 10% になったらこのクラスは \400 だよなぁと・・・消費税 5% 時代だったら恐らく悩むことなく \300 だったんだわ.そういう感じなんだわ.この業界・・・に限らずだろうけど,値段設定って難しいっす.\400 という選択を取れなかったのは,正直なところ自信のなさっす.高いところを取って,それで手に取ってくれた人は納得してくれるのか.もしくは「納得行かないがそれでも手に取ってやるわ!」と言ってくれるのか.自分には,そう言わせるだけの自信がない.

 来年は,もっと良いもの創ります.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る