"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



May7
 春ティアにて拙作をお手に取って下さった方々.ありがとうございました.新刊は例によって例のように COMIC ZIN で扱って頂いております.よろしゅうに.
 よろしゅうになんだけど・・・・・先日の値段設定問題,ZIN に預ける際に発生する「大人の事情」のことをすっかり忘れてたよ.そう,「礼文華観光案内」が手売りと ZIN とで値段が違うっていうアレ.「えんじ色〜」その他はそれでも価格差を付けないようにしていたんだけど,今回はそもそもがアレなもんで・・・・・激しく悩んだ挙げ句,いつも通りに手売りとの頒価に差を付けない方向で行くことにしました.急ぎでない方はイベントでお手に取って頂けると・・・ごにょごにょ.

 このあたりの事情,「やっぱりわざわざイベントに足を運んでくれて,自分と直接会ってくれて,そういう人を優遇したいじゃない?」ってことで書店頒価に「大人の事情」を上乗せする人もいるんだけど・・・・・まぁなんというか,結局あたしにはそこまでの自信がないわけですわ.逆に数を刷れればそれなりに解決する問題でもあるんですけどね.
 ってーか描き手の人で,特に一次創作やってる人なら解って頂けると・・・ですが,捌けることが予想できる量とぴったりで作った際の単価と,頒価のどっちが上になるのよと.答えは書きません.ただヒントは「うちはピコ手です」ってことで.

 5月ってことでいつもの「絵師 100 人展」もありまして.今年も勉強させて頂きに行きました・・・が.何というか,相変わらず入場すると2時間は放してくれんわなぁと.ゐやゐや,そうじゃない.なんというか,相変わらずみんな同じように見えるよなぁと.100 以上の人が名を連ねているも,作品を見て描いた人の名前を当てられたのはたったふたりだけ.「る●お」「K●I」.以上.原本が展示されていたからわかったものの,写真等であったらきっとわからなかったというのがふたり.「うた●ねひろゆき」「蘭●涼」.モチーフに特徴のあるモノが含まれていたので特定できたという程度のものがふたり.「ぽよ●ん♥ろっく」「バー●ア600」.その筆致に特徴があったハズの「蒼●うめ」は「・・・だよねぇ?」と当てられた程度.そのほか「これはあの人だよねぇ?」っつって作者の名を確認したら全然違ったというのが数件.自分の「目の画力」が落ちているのか,そもそも自分が人を知らんだけなのか,はたまた本当にみんな似たようなモノを生産しているのか・・・・・・・まぁ今年に始まったコトじゃないから,きっと全部か.ただ,それが何年も続いているもんでちょっとどうなんだろうなぁと.
 そして毎年「これはどうやって表現してんだ?」「これは何を表現したかったんだ?」とあたしの足を止めさせてくれる作品が毎年いくつかはあるもんなんだけど・・・これまたあたしの「目の画力」の問題なのか,はたまた見て回るための体力気力が落ちているのか,そういうのが少なかった気がしますねぇ.そして「通常鑑賞の距離」では気付かなくても,よーく見てみるとエフェクトの掛け方が雑だったり,トーンジャンプ起こしていたり,そのほか「これで良いのか?」というものを散々見せつけられたり.あぁ,これで良いのか・・・・・とは思いつつも,真似しちゃいけないやつだよなぁとも.
 そんな中,あたしの視界に飛び込んできた途端に頬を張られた感覚を覚えさせてくれた作品が1枚だけあった.翌日,ティアで絵師 100 人展の話になったとき,のっけから「○○さん出てる?」とその作品を創った者の名を出され,右頬だけではなく左頬まで張られた気分がしたことは秘密・・・でもなんでもない.明かしておこう.ついでに新刊を献呈した先より「へたくそなんだからせめて本気を出しやがれ(意訳)」というお叱りを頂戴し.

 とはいえ,絵で殴りに来てくれる存在も,正面切って批判を浴びせてくれる存在も,有り難いものではあるのです.ただし複数はいらない.折れる(爆
 本業関係では「やっぱ社畜生活は合わねぇ.起業でもするか!」とか寝言吐きそうなくらいヘロってますが,執筆方面では次の企画に向けて走り出しています・・・うん.精進しよう.


May10
 帰ってきた #深夜の60分創作 / May10/16「帰宅」「肝臓」「扉」

 ・・・そういうわけで,古い企画が帰って参りました.薄い本を描いたりしてるとなかなか参戦する時間もなく,いつしか参戦する者もいなくなって TL 上の時報と化し,しまいにゃいろいろあって鯖も止まっていたという.なんだけど,少しの余裕が出てくるとまたやりたくなるもんでね.ついでに他の三題噺 BOT も当たってみたんだけどどーにも合わないというか.そういうわけで,先のティアで管理人に「復活せんのー?なんならうちの鯖で引き取るけどー」と振ったらあっさり復活しよりまして.企画復活の仕掛け人が4日目にしてようやく参戦という体たらくなのはまぁ横に置いておいて.
 毎日は無理であろうが,時々でも喰い付いて行ければなぁと.ついでに 60 分で勝負なんつーのも無理なのだが.そもそもあたし程度の腕でタイムトライアルやっても仕方ないだろうと・・・クロッキーの訓練ならまだともかく.ゐや,それすらもあたし程度では無意味かもしれぬ.

 なぁ.


May12
 #深夜の60分創作 / May12/16「弁当」「教科書」「文豪」

 どうも.「ワープロソフトの名をひとつ挙げよ」と問われて P1.EXE と即答するバカヤロウでございます.
 にしても今時のワープロソフトはわかりやすいんだか,何か諦めてんだか.W○rd だの Writ○r だのなんてノリだもんねぇ.かといって一■郎じゃ却って何者かさっぱりわからんのだけどさ・・・・・うん,P1.EXE はもぉ何をかいわんやですわぁな.せめて ARUGA じゃねーのかと.うん,何も変わりません.
 ちなみに素晴らしき高性能なのはメーカーは一緒ですが違う製品です.はぃ.


May15
 何だか #デジ絵作業環境 ってのが回ってきたので・・・テンプレはこっちかな.


 以前にも同じようなのが回ってきたよねぇ・・・って,こっちに展開するの忘れてるじゃないか.

結構こんな感じ.基礎工事はアナログでまたーりやりつつ,かつ物理媒体的に残す人なのですよ (´・ω・)#絵描きさんの作業環境が見たい pic.twitter.com/QX7eks1XFA

— Masami.H.M (@Lavendelstrauss) 2016年3月2日

大真面目に.ただし片付かない部屋でそのままでは公開できないので更に混沌とさせてみた (´・ω・)b#絵描きさんの作業環境が見たい pic.twitter.com/Ke1GcdC8ZS

— Masami.H.M (@Lavendelstrauss) 2016年3月2日

 で,他の人の例を見てみると・・・・・左利きがざっくり 1/10 ってのはどうやら本当っぽいなぁなんてことを.
 ついでにうちのマルチディスプレイが最大5とかいうとんでもないことになってるのは,小さめのモノに環境分割しながら使うスタイルだからですね.普通に WUXGA とか使ってれば情報量だけで考えれば2枚分くらいで収まるはずです.えぇ,あくまでも面積比では.


May19
 ちょっと興味があって,USB DAC に手を出してみた.
 うん,一般に言われるトコロでは \10k クラスのヘッドフォンがないと意味がないと言われるそれね.ちなみにあたしが普段使ってるヘッドフォンはまさに \10k クラス.萌えるヘッドフォンなんとかにも掲載されたやつ.
 で,使ってみてどうだったかというと・・・・・驚くべき程・・・ということは全くない.\1k イヤホンから \10k クラスのヘッドフォンに変えたときは劇的だったけど,今度はそんなことはない.ないというか,いろいろ試してみると変化のあるモノと,ないモノがある.まぁそりゃそうだ.記録されてはいるけどどこかで潰れていたモノがはっきり出てくるから「音が良くなる」んであって,最初から潰れたモノはそれ以上良くならない.そして CD の 44.1kHz/16bit ってのはあくまでもその媒体での記録レートであって,そこに記録されるまでの間で 44.1kHz/16bit を下回るような工程が入っていれば当然潰れるわけで.当然,こういうガジェットをカマしても何も変わらないわけで.えぇ,'90 年頃までの CD なんかは軒並み変わらないっすね.デジタルリマスター的なやつが時々出てくのがわかるような気がしますわ・・・って,それで変わるのかどうか,比較できるモノが手許にないんだけど.対して 2000 年以降のモノだと「なるほど?」っつーのがちょろちょろ出てくる.それでもまぁ,ヘッドフォンが追いついてきてなさそうなものがちらほら.いずれにしても出力を上げられるのは確か.今のヘッドフォンが追従できずに音割れしたなんて初めての経験だわ.

 さて,DAC の話は置いておいて.
 せっかくオーディオコーナーを回ってきたのだからとヘッドフォンの試聴もいろいろしてみたんだけど・・・さぁ,ここで永遠の課題の登場だ.あたしはキャスケットな訳だ.あー,頭なんてキャスケットを載せる台でしかないのです.頭のいい人にはそれがわからんのですよ.まぁともあれ,頭の上には既にキャスケットが乗ってるわけだ.そこにオーバーヘッド型のヘッドフォンを置くとするな? どっちが上だ?


 だからあたしは普段,オーバーヘッド型を忌避しているのですよ.

 しっかしまぁ久々にこういうところを覗いてみると,いろいろ考えるところが出て来るねぇ.特に興味を惹いたのが青歯対応のもの.昔は青歯対応なんてーとロクなモノがなかったっつーか選択肢がほとんどなかったけど,今はいろいろあるのねー.ゐや,修羅場モードの時にさ,紐付きなの忘れていきなり立ち上がって軽く事故を起こすことが度々あるのよね.青歯にしちまえばそういうこともなくなるなぁと思って.耳の部分を完全に覆うようにして,しかもあたりの軟らかくて疲れなさそうなものなんかもあるしねぇ.


 ゐや,求めるモノが「良い音」とかいうより「楽したい」なもんで,そんなモノではないような気がするが,下手するとこういう状態だなぁと.気を付けねば.


May20
 May22 に金沢で開催される公共交通&旅行系イベント「Little“T”Star! 7」に出展しとります・・・まぁ出てくるモノは先のティアと同じなんですけどね.
 まぁそういうことで.

 LavenderBlue 初の遠征ですよ・・・


May24
 LTS7 の LavenderBlue ブースにて足を止めて下さった方々.ありがとうございました・・・ほんと,適正な搬入って難しいっすね.「これくらいで良いかな・・・ゐや,少し多めに持っていくか」と荷物を重くした結果がアレですよ.新刊が見本誌まで放出するハメになりました・・・ほんっとすんません.東京圏での開催じゃないし,そうそう数は出ないと思っていたんですよ.きっとほとんど持ち帰ることになるんだろうな〜と思っていたんですよ・・・でも積むほど手許にあるんですよ,新刊の在庫は.
 とりあえず今後ですが,Jun19,北ティア A16 に出展しております.その後は夏コミの1日目に出没予定.二次創作島にいますが,声を掛けて頂ければ一次創作モノが机の下からごそごそと出てくる仕組みになっております.なっておりますが・・・毎回本当に若干数しか持ち込まないので,近くなったら取り置きのお声掛けを頂ければ倖いに.その後の夏ティアは・・・未定ですが期待しないで下さい.
 その後は9月の Elysian31,10 月秋ティア,11 月北ティアと続きます.なお 10 月「よんこま文化祭」は出ません,出られません.辞表提出という逆転ホームランをぶっ放せば話は別ですが,今のところその可能性は低そうですので.

 で・・・ですね,今回の LTS.これまでは都産貿で机が広かった(主に奥行き側に)んですが,今回はこの通りです.主催に文句を言っても仕方がないのかもしれないが,それでも言いたい.というか実際にアンケートに書いてきた.狭いっ!!ここまで狭い会場は初めてっすよ.
 椅子の後ろの方を見て頂いての通り,いつものポスターを立てる広さもありゃしないって有様でさぁ. ・・・ゐや,正直に言いますとポスターは札幌に忘れてきました.はぃ.しかし忘れてこなかったところで立てることができなかったので,大型の荷物が減って結果オーライです・・・だがそうじゃないだろ!?

 そして行きも帰りも東京経由だったわけなんですが・・・解せぬねぇ.札幌から,所用地が金沢なのに,真っ直ぐ飛んでいかずにわざわざ南の東京を経由するという.直行便もあるにはあるけど時間帯が使いモノにならないし,東京経由でも大して値段が変わらないという.ついでに言えば新千歳〜羽田は飛行機一択としても,東京(羽田)〜金沢(小松)が空飛んでも地べた這いずってもトータルで変わらないという.そう,ひこーきの乗り継ぎ割引が入っても,だ.そうなれば「鉄」としては北陸シンカンセン一択なわけである.
 なぁ,高校時代に夜行と 18 きっぷと,もしかして一部で特急ワープも使ったかな〜?という程に苦労してようやく訪ねた高岡市が,あっという間だもんなぁ.行きも帰りも通過だったけど(激ぉ  ・・・ゐや,関係ないけど,21 世紀に入ってから関ヶ原/呉羽丘陵より西に足を踏み入れるのが初めてだったんっすよ.
 しかし優等列車の2時間半ってなんだか妙な疲れを感じるの気のせいかね・・・普通列車に2時間半揺られるのより疲れるというか,異質の疲れが出るというか.

 ともあれ.今後とも水瀬雅美と LavenderBlue,ご贔屓に頂ければ倖いでございます.精進いたします.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る