"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Apr24
 えーと,拙著「礼文華観光案内」の正誤表を作って公開しました.今更かよ.はぃ,今更です.細かい部分を除けば・・・まぁでかいネタがふたつあるか.
 ひとつは当地に鉄道が開業したときのルートに関して.これは以前にもこの場所でちょろっと触れたけど,これまでまことしやかに伝えられていた説を根底からひっくり返しました.ひっくり返したというか,ひっくり返すだけの資料は大分前に揃っていたんだけど,それを人にわかりやすく説明するだけの資料を作るのになかなか苦労したというか.おかげで拙著も p29 が1ページまるごと差し替えですよ.ったくもう.

 もうひとつははっきりしない何か.もぉ調査を進めれば進めるほど,考えれば考えるほど「唯一のよりどころ」であるところの資料がよりによって typo ぶちかましてる可能性が高いんじゃないかと考えたくなる何か.歴史研究って難しいねというか,こうして歴史ってのは埋もれて行くんだね・・・というところでやっぱりどうしても気になるのさ.他の駅名が次々に「歴史的仮名遣い」から「現代仮名遣い」に書き換えられて伝えられてきたのに,「とりふ」が「とりう」と書き換えられずにそのまま「とりふ」で伝わっているということ.ぶっちゃけあれを「とりう」とした資料は今のところ霞ヶ関が作った資料一点のみで,他は全て「とりふ」なんだよね.そして各種状況的にも「とりふ」の方がしっくり来る.

 いずれにしても,探求は続けます.国会図書館にまだまだ通い足りん.某図書館と某図書館は再確認しなければならない資料がある.ついでにあっちの図書館にもなんか資料が寝ているっぽいんでちょっと掘りに行かねばならぬ.

 あ,そうそう,これまで「初版をお持ちの方向け」ってことでパスワード付きにしていた「ちょい+」で書き足した4ページ分,今日からパスワードフリーの公開に切り替えました.しっかしねぇ・・・世の中が「小幌駅が廃止される!」って沸いていた中,2015 年8月中旬時点にしてあたしは既に「小幌廃止は覆る」って確信に近い何かを得ていた書き方だね・・・実際に覆ったわけですが.ダテに関わっちゃいないよ・・・


Apr21
 昨日ネタにした新十津川駅の硬券入場券が早くも再びのネタになってる.対面販売に切換だと.理由をざっくりまとめると「言った言ってないの水掛け論」と.
 というところでちょっと気になったのが.Apr1-2 のイベント時に製作した分は新十津川町が一括して買い上げる条件だったと聞いているが,追加販売分は違うのか? 売れた分だけ JR に売上が入るなら券番は重要かもしれないが,以前のような一括買い上げ形式なら JR 側には口を出す道理がない.さて.

 というわけで,春ティアと関ティアのお品書き的なやつを置いておくっす.まかり間違わなければ6月の北ティアも同じ布陣になります.
 まかり間違う可能性があるのか? ゐや,多分ない・・・


Apr20
 新十津川駅の硬券入場券が追加販売決定だってさー.ってところはでは良いんだけど,問題はその販売方法だ.なるほどそういう手があったかと.お釣りもそういう風に出すのかと・・・ゐや,何の問題もないよなぁ.発想の勝利だねぇ.

 次いで道新からこんな小咄・・・「化学物質過敏症の苦しみ知って」ってことだけど,ゐやそもそも例に挙げられたようなタバコの煙なんて元々高濃度の有害物質だし,あたしだって頭痛が起こる.香水の付けすぎは過敏症じゃなくても迷惑行為だし,最近の柔軟剤は隣の部屋に干したブツの臭いが流れてくるほどだともいうしなぁ.そこまで臭いを付ける理由とは・・・ちなみにあたしは香水や柔軟剤は鼻に来ますねぇ.
 で,まぁ確かにタバコの煙は周囲に理解されませんわな.大げさだ,等々.以前の職場を辞めてきた理由のひとつがこれだったんですけどねぇ.不満を上げてもなしのつぶて,禁煙委員会とかそんな会議もあったにも関わらずやる気があるんだか無いんだか,何年経っても改善されず,業務にも支障が出るし,その他諸々重なって,と.
 でもさすがにここまで「過敏」ではないなぁ,あたしの場合.

 最後に.
 原稿は実は早めにできあがっていたんだけど,諸々大人の事情で公開できなかったモノがようやく公開です・・・毎年5月恒例の「えんじ色の二等客車」新刊が出ます.サンプルも公開しましたのでどうぞ.

 May6,COMITIA 120 - R51ab
 May14,関西 COMITIA 50 - A-15
 Jun25,北海道 COMITIA 6 - 配置未定

 以上のイベントでお待ちしております.はぃ.


Apr14
 松戸の小学生殺害事件で,容疑者を拘束かぁ.あくまでも「容疑者」だけど改めて考える,子供の被害は身近な大人が意外に危ないという話.虐待の構図がそうであるように.
 ときに先日の「技術書典」の様子を見に行くために東京に飛んだんだけど,やっぱり実家の人間は報道されていなくても「どこの小学校か」ってのはばっちし把握してたねー.そしてあたしの推測とも一致でした.ついでに「容疑者」が確保されたからか具体的な地名や学校名もぽつぽつ報道に乗り始め,あたしらの把握が事実であったということを再確認するという.

 話は少し変わるようだけど.とある街を旅したとき,すれ違う子供達・・・上は高校生あたりまで,ほぼ 100 %が向こうから挨拶してくるってすげーところがあったのね.随分礼儀正しい街だなぁと思っていたんだけど,あれは違うね.もしもあたしが子供に対して邪な考えを持った人間であったなら,これはやりにくいなぁと.
 なぜ日本でイスラム過激派的なテロ事件が起きにくいのか,って話にそんなのがあったね.「ガイジン」というだけで目立つ.逆に差別無く接してくるのでいろいろやりにくい.ついでに過去に(大国としての)米国とガチでやりあったヤバい国である・・・と.確かに「国家」として過去に米国とガチでやり合い,その本土に被害を与えた唯一の存在でもあるね,日本は.「国家」としてでなければ他にもそういう組織もあるけど.振り上げた拳を引っ込めた国家もあったけど.
 まぁそんなこともあって,この春に小学生になった姪には「大人に会ったら自分から挨拶するんだよ」と教えたけど,考えてみりゃ「身近な大人が意外に危ない」と来れば,そんなんじゃ抑止力はないなぁと.

 ところで話は変わって先にも出した「技術書典」.出展 180 組程度に対して,公式発表による一般参加者概算は 3100 人.出展数に対して一般参加者が何倍あるのか,それに対する会場の広さ等の設計という考察がある.それで破綻状態になった好例が某「隣の駅まで入場行列が」だぁね.で,某友人によるひとつの考察.

5月コミティア(ビックサイト東456ホール使用、5000サークル、展示多数)には一般参加者50000人と聞いた気がするけど、その感覚でサークルと一般の比が1:10くらいなら余裕と思ったら全然だめなんだな。砲雷撃戦くらいを参考にした方がいいのかも

— S治 えすじ (@esuji) 2017年4月9日

技術書典は150サークルくらい参加するっぽいので、そのn倍の一般参加者なら快適に回れるかの設計は必要っぽい。少なくともn>=10は破綻すると分かった。

— S治 えすじ (@esuji) 2017年4月9日

 ざっくりまとめると,出展数に対して一般参加者が 10 倍以上になると破綻するという考察.今回の技術書典は開場とほぼ同時に会場内混雑による入場規制が入って,待機列が UDX の裏まで伸びましたからね・・・雨降ってるのに.そして「なーに,どーせ屋根のあるところしか歩かないし,昼には止むって言ってたからー」っつって傘を持っていかず,雨の中濡れながら行列に並ばされた一般参加者がこちらでございます.ついでに雨が止んだのは夕方になってからでした.
 あ,ちなみに来年もあるなら,あたしは出展側で参加しますよ.ネタはあるし.それを見据えた視察のために5月ティア締切前の修羅場にも関わらず東京に飛んだ訳で.
 まぁ純粋に興味があったってのもあるんですけどね・・・なんかソフトウェア系の出典が目立って,ハードウェア系は薄かったかな.

 というところで今日の道新から「売り鉄」やりませんかという話が.何じゃそらというと,委託管理駅の職員募集,条件は「鉄道好きな人」だという.鉄道会社への就職活動鉄則に「鉄道趣味はあっても良いが絶対に隠すこと」というのがあるけど,その全く逆だね.
 でも地方の小さな駅の委託管理なんて,鉄道や駅が好きな人の方がいろいろと向いていると思われですよ,確かに.あたし自身が,勝手に某駅の草刈やゴミ拾いなんかの活動をやっている経験からもね.


Apr13
 「筆が乗ってくると,ここの更新がされるようになるのか?」という話を先日書いたけど,本当に切羽詰まってくると今度は更新が止まるんだなぁと.ゐや当たり前なんだけど.
 ところで切羽詰まっているときに限ってネタの神が次々と御降臨召されて,いろいろやりたくなってくる現象に名前を付けないか. ・・・「逃避行動」,そうですよねー.

 さて,今朝の道新に面白い記事が.今後の鉄路維持に関する税金投入のあり方に関して世論調査を行ったそうだ.選択肢は「全ての路線」か「必要な路線」か,また「国が」か「国はもちろん道や沿線自治体も」か.で,40 %の最多数を占めたのが「必要な路線を,国を含めた道や沿線自治体が」だったそうだ.「必要な路線を」としたのは計 55 %,対して「全ての路線を」が 25 %,そもそも税金投入必要なしが 18 %だったそうである.
 あたしは・・・「必要な路線を」かなぁ.どことは云わないけど,必要としてもバス転換やむなしという部分はやはりあると考える.財源に関してはなんともかなぁ.たとえ自分がそこへ行くことがなくても,そこへ鉄路が繋がっていることで巡り巡って自分が享受する利益,そこからやってくる人や物というものがあるだろうし.そう考えると沿線自治体「だけ」に重い負担を求めるのはちょっとなぁという気もしてくる.が,「バス転換やむなし」と考えてしまうような区間の鉄道を残そうというなら,やはり「その覚悟を見せてみろ」という意味で金銭的な地元負担(もしくは寄付などによる費用集め)や,利用振興策などを打ち出すべきだろうという考えも少しだけわいてくる.
 で,「路線見直しの説明責任は JR にある」という言葉が永田町から.だそうだ.ついでに「資金がショートするなら運営安定基金を取り崩せばいいじゃないか」なんて云われて,社長が反論と.ゐや,あの人はじめは「社長って顔じゃないよなぁ,なんか JR-E から送り込まれた役員のスピーカーって感じがする」と書いてしまったけど,某公共放送の JR-H を吊し上げようという意図が透けて見える番組に生で登場して他のコメンテータに堂々と反論する姿を見せられて以来,すっかり見る目が変わってしまったわ・・・ついでに JR-E から送り込まれてきた役員は最近息してるのか.最初のうちは良くも悪くも「おーおーやってくれるやってくれる」って感じだったけど.

 といった一方で,昨日の JR-H のプレスリリース,「ご当地入場券」を展開しよう!だとさ.先日に新十津川駅で行ったイベントで,「全て地元が一括して買い上げる条件で」制作した硬券入場券 1,000 枚が瞬殺に近い勢いで売れたことに味を占めたと考えるのは邪推であろうか.邪推だろうなぁ.たったの 17 万円,大した売上ではあるまい.利益ではなく売上だけで考えた場合,着席率 75 %の EC721 が新千歳空港から札幌まで走った方がまだ上だ.
 ところで「当社はこれまで,地域の観光開発など,地域の PR に携わらせていただいて参りました」・・・・・そうだっけ? 幌延町が「秘境駅」で町を売り出しているのを知りながら,その駅3箇所の喉元に刃物を突きつけた件に関しては?
 ついでに,マヤ験(マヤ 34)が老朽化したんで「マヤ 35」を投入します・・・だって.ゐや,それ自体は良いんだけど・・・ DC285 ・・・

 最後に.5月の関ティアのブースが決まりました.“A15”だそうで.当日は「虹の卵」の松風某もブースにいるかもです.いないかもです.その辺はタイミングにより・・・?


Apr7
 猫の会社が,密林の顧客相手の「当日配達」から撤退だって.まぁ良いんじゃないかな.正直やりすぎでしょう.それよりも,密林はその際たる例だけど「事実上,時間帯指定をさせてくれない」ってのがなぁ.再配達を減らせるようにってんで運送会社が時間帯指定サービスを始めたのに,荷送り人がそれを踏みにじってる状態じゃ・・・ねぇ.ゐや,なんか有料会員になると時間帯指定ができるとか,追加料金を払うと時間帯指定ができるとか,そんな話もあるですが.ゐや,それだったら「適当に1回来てもらって不在票入れてもらって,都合の良いときにもう1回来てもらう」方を選ぶでしょうなぁ.多くの人は.誰だってそうする,俺もそうする,で.
 コンビニ受取とかを積極的に利用しろってことなのかなぁ.でもあれ以前試したとき面倒だったんだよね・・・

 さてさて,ネタがいくつか溜まってるんだけど,とりあえずどっかの大臣が記者会見でブチ切れた事件とか.記録を読んだけど,これはブチ切れて良いだろう,大臣.記者の挑発に乗っちゃったのはまずかったけど,これは記者の方に問題があるだろーよ.で,多くのニュースなんかは大臣がブチ切れてるシーンしか流さないしね.
 先日の栃木の雪崩事件の会見中継なんかもそうだったけどさ・・・記者の質問が酷すぎて,見てられなかったというか.「何が起こったのか」「何が原因だったのか」じゃなくて「誰が悪いのか」を追求というか,誘導するような質問でさ.結局,会見に立った人が,恐らくいろいろ葛藤やら言葉を選んだりやらあったんだろうね,言葉に詰まりながら,長考しながら,最後には「結果的には自分に責任がある」的な言葉を口にした途端にシャッター音の嵐.それが報道か?
 科学技術分野では頓珍漢な質問をする記者も現れるし,そんな程度なのかと・・・某震災の時に「マスメディアの中の人がこんなに蒙昧なはずがない」とあたしは書いたけど,ほんっと何か違うというか.

 重い話は終わって.
 「マイライン」ってまだあったんですな・・・ゐや,確かに廃止されたって話も聞いていないけど.結局廃止の方向ですか.で,回線交換網をパケット交換網に置き換えて全国一律料金にする・・・は良いんだけど,移動体通信網への通信はどーなるですか? 全く触れられていないけど.
 移動体通信網への通話も,回線交換網的にやっているわけではあるまい.そろそろ頭打ち従量制ないし固定料金制になっているデータ通信料に組み込まれてくれても良いんじゃないかなーと思うんだけど・・・ねぇ.じゃないと無料通話アプリなんかに顧客盗られますぜ.ゐやどっちにしても自社の通信網を使ってくれるわけなんだろうけどさ.

 大阪で,同性カップルを「養育里親」に認定,だって.国外だと珍しい話じゃないような話を聞いた覚えがあるんだけど,日本だと確かに初めて聞く話・・・かな.
 で,やっぱり子供がいじめられないかとか養育環境だとかそんな話が飛びだしてくる訳なんだけど,そりゃ親が同性とかそっちよりも親の人間としての問題の方が大きいでしょや.いじめにしたって「片親」とか「施設」とかを理由にいじめられる例だって少なくないわけだし・・・というかこういう時って大抵親がひそひそ話してて,それが子供に伝染してるってのが多そうな気がするけど.結局,子供のいじめなんて親のやってることのコピーだったりすることも多いわけで・・・
 ・・・ってところで思い出した.福島から「避難」してきた子供がいじめられて云々とあちこちで巷を騒がせている話.あれなんかも親のコピーを子供がやってる好例じゃないのかなぁと.以前の職場にも福島から一家で「避難」してきたって人がいたけど,最初に流れてきた噂では子供が鼻血流して止まらなくて云々なんて話だったんだけど,本人(親)に聞いてみたら思いっきり否定された.鼻血の話はどこから出てきたんだ・・・まぁ,大人がどこかから仕入れてきた偏見や噂の域を出ない何かが,どこかで混ざり込んだんだろうねぇ.ちなみにその一家は後に福島に帰っていったようです.

 で,ドイツではフェイクニュースに対して罰則を課す法案,だってさ.
 これ,エイプリルフールにも適用されるのかどうかが最も気になるというのはあたしの視点がおかしいんですかね・・・(苦笑
 まぁ 24 時間以内に削除しなければ云々ってことなんで,そこは問題ないか.エイプリルフールネタは大抵 24 時間以内に削除されるし.でも,囀り場なんかでとっくに証明されているけど,嘘のニュースは拡散しやすいけど,その訂正報は拡散されないんですよ・・・「人は知りたいことを知る」,インパクトのある情報,自分の考え方に近い情報はよく耳目に入ってくるけど,そうでない訂正報なんかはなかなか耳目に入らないし,記憶の訂正なんかもされなかったりするもんです.自戒を含めて.

 最後になりました.春ティアのブースが決定しました.R51b "LavenderBlue".新刊は5月恒例「えんじ色の二等客車」シリーズになりまっす.ちなみに隣は「虹の卵」.久々の合体ですわ.共々よろしゅうに.なお進捗ダメです.まぁ時候の挨拶みたいなもんで(滝汗
 ちなみに5月の関ティアにも殴り込みます.6月の北ティアはもちろん参加.9月の九ティアも前のめりに検討中.名古屋,新潟,陸奥は・・・うん,予定ないかな(ぉ


Apr4
 新社会人が云々で,「懲役 40 年」とかいう揶揄が飛び交っているけど・・・あっはっは,冗談だろうジェシカ! 今だって 60 歳ちょっとじゃ「釈放」されない,もとい娑婆に出たくても出られないってのに,あたしらの年代が,まして新社会人の世代が,「懲役 40 年」で済むはずがないだろう? それもそうねジョン.HAHAHAHAHAHAHA!

 まして「一億総活躍社会」とか言われて,まさに終身刑にも等しいような何かすら聞こえてくるっちゅーに.まったく「活躍」ってのはその目的が先に立つものじゃなくて,「むしゃくしゃしてやった」とか「とにかく座視できなくて」とか「とりあえず淡々と」とか,そういうものの「結果」として「活躍」があるものでしょうに.「『勇者』は職業じゃねーだろ」ってのと同じようにさ.
 あたしですか.あたしは日照りの時は涙を流し,寒さの時はおろおろ歩き,褒められもせず,苦にもされず,そういうものでありたいですねぇ.「活躍」しようだなんてそんなこと考えませんわ.

 何かを諦めた大人とかそういうことじゃなくて,性分っすね,これ.昔からそうですわ.あたしが過去に喝采を浴びたような何かなんてのは大体「むしゃくしゃしていた.ついカッとなってやった.後悔も反省もしていない」とか「単に自分が必要だからそうした」だからして.ついでに・・・「仕事」は淡々とこなすものっすね.銭を稼ぐために.あぁ,この辺は「何かを諦めた大人」なのかもしれませんねぇ・・・まぁ一歩間違えば人が死にかねない仕事なんで,職務に忠実ではあるつもりではありますが.

 銭といえば先日,タンス預金の推定残高が云々というニュースが.ゐや確かにこの御時世,銀行に預けたところで増えないし,かといって投資に回して溶かすリスクも避けたいってのもわからないではないけど,タンス預金は悪手じゃないのかなぁと思ってたら・・・富裕層の資産隠しじゃねぇのかという指摘を目にして.あぁ,なるほどねぇと.今は「マイナンバー」で筒抜けだもんねぇ・・・っつーかあの制度,脱税防止が最大の目的だったはずだけど,税以外の場所でもあちこちで出せ出せと求められるんっすが.さして裕福でもない正直者が面倒な目に遭うだけで,本来の目的果たしてるっすか!?
 富裕層の資産隠しといえば,バブル期に幾度かあった「ん億円拾った」事件なんかの真相は実はそれだったんじゃないかなんて話もあるねぇ.少なくない金額にも関わらず落とし主が現れなかった事件も多かったけど,名乗り出れば所得隠しが露わになるから出て来れなかったとか,脱税のために竹藪で拾ったことにして時効を待って改めて自分のモノとしていたんじゃ・・・なんて.まぁ,噂でしかないですけどね.
 いずれにしても昨年ようやく学生時代に抱えた負債を清算できたばかりのあたしにゃ,隠すような資産も何もありゃしませんわ.まぁ会計の考え方では借金も立派に「資産」として数えられるけどね.
 そういえば「米ドルやユーロに対して日本円が3桁もあるのはなんか格好悪いからデノミしよーぜ」なんて妄言に近い何かが数年前に永田町方面から聞こえてきたような気がするんだけど,あれってどこまで本気だったんだろ.まぁ本気ならタンス預金の燻り出しもできて〜♪なんて裏もあるかもですが.あ,でもそれは「預金封鎖」とセットじゃないと意味ないのか.しかも現代でそんなことやったら国外にいろいろ流出しそうだ.結局庶民が割を喰うのかいと・・・

 話は変わって.
 WWW ブラウザを一気にバージョンナンバーが倍以上になるような大型アップデートカマしてちょっと気になる挙動が出てきて.というのも,どーにも文字コードの認識が「とりえず UTF-8 だろう」という処理が内部でなされているんじゃないかなぁと.特に自分の Site なんか表示させると,最初コード化け起こして「あ,違ったわ」っつって正しく表示し直されたりなんてことがちょろちょろ起こってるんだよね.まぁ大昔から「ちゃんと head タグ内に文字コード明記しろや」と言われているところをあたしが無視し続けたツケがそろそろ回って来たともいえるわけですが.っつーかブラウザの文字コード自動認識を「OFF」にすると思いっきり UTF-8 として処理されてますね・・・
 いい加減に SJIS なんぞ窓から投げ捨てて UTF-8 で書くようにしたら・・・と,まぁそれもそうなんだけどね.ってかここの駄文も4月から UTF-8 で書くようにしようかとちょっと考えてたんだよね.ところがところがね・・・ 20 年来愛用してるオーサリングツール(というかテキストエディタに毛が生えたもの)が Unicode に対応してねぇでやんの.そーいや最後のアップデートが 1999 年だったよ・・・じゃねぇだろ! 将来を考えるなら Unicode に対応させた開発を行うべきだってのは 20 年前には既に言われていたはずだ! って,それと同様に文字コードの宣言を 20 年間ぶっちぎり続けていた自分が吠えるのもアレなんですが.ゐやもぉあの頃の W3C はいろいろと気にくわな(老人の戯れ言です.強制終了します

 * sigh *


Apr2
 廃止候補に挙げられながら,地元が維持する方向だという報も聞かず,かといって廃止もされず・・・であった宗谷本線・歌内駅.久々に報が流れてきたと思ったら,地元が JR との協議を拒否したため当面 JR が維持だと.ゴネ得かよ!と軽くツッコミをいれたくもなるが,同じように地元が費用負担を申し出た同路線の南美深と筬島もセットで JR が維持だと. ・・・えーと,同じ路線で幌延町3駅もあったハズですが,そっちは幌延町の負担だスか? なんだその温度差.そんなことなら駅を維持したかった自治体だって多かったろうよ.まぁみんな別路線だから,同列に語ることはできないかもしれないが.
 それにしても小幌駅の時なんか豊浦町相手に「ホームも老朽化してて建て直さなきゃならないから向こう 10 年でこんだけ必要ですなー」なんて吹っかけたくせに,一方ではこれかい. ・・・というのと同時に,しわ寄せはどこへ行くのだろうかと.

 なんて思ってたんだけど,何だ配信が Apr1 07:00 JST ってことになってるじゃないですか.なーんだエイプリルフールかー.道新は時々やってくれて笑わせてくれるからなー.Apr1 に限らず飛ばし記事書いてくれたりするからなー.ゐや,エイプリルフール記事に関しては純粋に賞賛してますよ.特に「市電が藻岩山ロープウエイに直通する」ネタなんてほんと笑い転げたもん.ご丁寧に写真付きでさ.ところが新聞社に苦情の電話が来たり,市役所に問い合わせがあったりと「お叱り」もあったらしい・・・ゐや,ちゃんと読めば冗談記事って書いてあるし,ちょっと考えりゃツッコミどころ満載で少しは疑うでしょや.「新聞を読む人たち」の知性もこの程度なのかなぁとちょっとだけ.ごく一掴みだと思うけど.

 で,先の記事,実際のトコロどーなん?

 最後になりましたが.先日より囀り場や駅ノート管理記録で案内しております通り,拙著『礼文華観光案内(ちょい+)』は,4月末を目処に東京の“COMIC ZIN”での取扱を終了します.ただし,各種同人誌即売会における“LavenderBlue”ブースにおける手売り,ならびに礼文駅前の理髪店における委託頒布は当面の間継続します.通信販売をご希望の方はお早めにどうぞ.
 理由としては「弾数が残り少ない」というのがその第一です.一昨年は廃止騒ぎによる特需などもあり,少々の加筆をした上での増刷としましたが,再度の増刷としても既に一時期のような騒ぎは収束しており,また一部内容が古くなっていること,その後の調査で新たにわかった点なども多くあり,どうせなら全面改訂した上で刷りたいのです.ただ,その全面改訂版がいつ出せる見込みなのかというと・・・・・黙るしかないのですが.
 ともあれ,状況はご理解下さい.


Apr1
 修士時代のあたしに「ヘィ!ガール!コンピュータに詳しいんだって? うちの Linux クラスタ(=クラスタリング PC)で遊んでみないかい!?」とラブコールを送ってくださった教授の訃報が届いた.
 結構若く見える人だったけど,立場に見合うだけの結構な御歳だったのですな・・・とはいえ,死ぬには早いだろうって歳で.いろいろあったけど,ともあれ,合掌.

 いろいろ? うーん,実際にあたしがその教授の研究室に出向するって具体的な話があったんだよね.いろいろあって結局その話は流れちゃったんだけど.その「いろいろ」ってのが話せば長いコトながら・・・多分に推測も入るし,関係者も存命どころか現役で活躍中なので,詳細は墓場まで持っていくか,少なくとも関係者がみんな退役してからってことで.
 ともあれ.博士時代には当然気付いていたけど,やっぱりあたしの研究は袋小路もしくはハシゴを外された状態だったかーと.当時のボスの研究室が現在やってる研究内容,発表論文その他を覗いてみても,あたしが追ってた内容,追ってたブツの頭文字ひとつすら出て来やしない.でもまぁ,研究が行き詰まったのは誰のせいでもなく,あたしの力不足だったということで.自虐ではないし,特に最後の仕事場になった東京の某T大出向時代は苦しいことの方が多かったけど,決して暗黒時代ではなかったよ.

 ちょっと複雑な感情を抱きながら.件の教授には再度の,合掌.
 そして現在もご活躍中のかつてのボスには,今後なお一層のご発展とご健勝を.
 あたしはもう,大学研究室に戻ることはないでしょう.Que Sera, C'est la Vie.



もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る