"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Oct1
 先週あたりは過ごしやすい日があったけど,なんだか昨日今日と湿度は上がる気温は上がるで・・・しまいにゃ仕事場の集中管理のエアコンが暖房モードで点火してたりしてさぁ.せっかく過ごしやすくなったのに再び夏をエミュレーションするような行為に出るなんて正気の沙汰とは思えない.全く何を考えているのかと・・・

 まぁそれはともかく.消費税の増税が正式に発表された・・・というか,来春に税率上がるってのは前々から決まっていたコトなんだよね.「それをひっくり返すかどうかちょっと考えていた」って程度のモノであって.その是非に関してはとりあえず横に置いておいて・・・実のところ大昔に現在の5%になった時って,生活にはそれほど影響出なかったんだよなぁ.仕事の方では税率改定に伴う云々で血を吐くような目に遭ったけどさぁ.あとはまぁ・・・5%って計算が楽だよなぁとか.そんなことを考えていたというかなんというか.
 で,税率上げて事実上の物価上昇を起こさせて・・・それ以前にデフレなんてどこにあるんだとツッコミを入れたいのだが・・・それに伴って所得も上げさせて,そうすると活気が〜なんて話になってるけど,所得上がっても物価が同じだけ上がれば経済的な余裕は結局変わらないよねぇ? 大昔の話だけど,所得倍増計画なんつって掲げられた時代があって,確かに所得は倍になったけど物価も倍になって何も変わらなかったなんて話を耳にした覚えがあるんだけど.それどころか物価が先に上がって,遅れて所得が上がって来るんでむしろきつい時代だったなんて話も聞いた覚えがあるんですが・・・

 なんともかんとも.ねぇ.


Oct2
 エミュレーションじゃなくて本当に夏が戻ってきたよ畜生め・・・過ごしやすい季節は遠いのう.

 10 月ということで年度始まりだったり,年度半期の区切りだったり.いろいろ改変があったり異動があったり.そんな中で今日の話題.先月ミス隠しのために ATS ぶっ壊した JR-H のウテシが昨日付けで車両点検部門に異動になったと.大昔の日本では,偽金作りの犯人に懲役として造幣業務に就かせたという話を聞いたことがある.車輌をぶっ壊した社員を敢えて車両点検部門にブチ込み,教育と反省を促すってのは間違っちゃいないとあたしは考えるのだが・・・天下の N#K 曰く「企業としての姿勢が問われる可能性がある」だってさ.さりげに世論誘導かけるのはやめてもらえませんかねぇ・・・というか,記事を書いた人間はこの人事に問題があると考え,デスクはそれを支持すると.そしてそれを報道に載せるというコトは,それが N#K 札幌放送局としての公式な意見 opinion であると,そう理解してよろしいのだな?
 その考えが正しいか否かはともあれ,事実は事実として伝える.考察や意見はそれとは明瞭に区別して提示する.科学論文の世界では当たり前に行わなければならないし,そのあたりをごちゃごちゃにすると鼻で笑われるわけなのだが,報道の世界にはそういうモノはないのだろうか.変わらないと思うんだけどなぁ.特に N#K は中立公正な報道を維持するってことで「CM は流さないしスポンサーも募らない」「国営放送ではない」んじゃなかったっけ?
 なんつってたら北海道新聞が「専門家の意見として」ということで同じ内容を掲げたんだけど・・・[誰?].そもそも何の専門家なのかと.っつーか了見の狭い奴だなぁと・・・こういう人事は異例だって話はまぁともかく.実際その通りなんだろうなぁってのは理解できるし.

 さて,11 月のイベントにちょりーっと申込み入れました.きっちり本出せるように作業速度上げていかないとね・・・というかサークルカットは後でも良いってことで「申込みはしたけどカットが手つかず」状態ってのが現状なわけで.さーて何描いたものか(苦笑


Oct3
 なんか暑いんだかそうでないんだか・・・とりあえず気温の下がらない部屋でございます.

 昨日の茶々入れに関して,先日ズームイン・・・じゃなかった,「クローズアップ現代」で JR-H が俎上に載ったときの話がネット上で公開されていると教えられまして・・・あたしもその放送はたまたま見ていたんだけど,文字にするとやっぱりやっぱり,だねぇ.
 放送でも違和感があったんだけどやっぱり最大のツッコミどころは「高速化、増便なんて、どうしてするんだろう、何に勝ちたいの?」という「現役社員」の証言.きっと 30 代半ば以下の若手なんだろうなぁと.JR-H 発足時には札幌駅を発着する夜行列車が毎日9往復あったのは知ってる? そのうち4往復は津軽海峡を超えない JR-H 管内だけで完結するような列車だったんだけど,10 年前にほぼ絶滅した.全体の需要低下もあったんだけど,他の交通との競争に負けたのが決定打だったのは知らない? 高速道路の開通で道東方面の特急列車の利用者が減ったというデータが出てるのはつい最近の話だからもちろん知ってるよね? 逆に JR-H が他から客を奪うことに成功した例として,DC281 の投入で丘珠〜函館の航空便に打撃を与えたことは知らない? もちろん「維持管理にろくな予算を回さずに増便だ高速化だなんて,上は何を考えてるんだ」という意味での言葉なんだろうけど,それをしなければそもそも売上が出ないというのもまた事実であろうて.それは先に馨ちゃん 佐藤・北大名誉教授が指摘する通り.どっちが重要かと問われればどっちも重要で,かくして天秤は支点から折れる,と.
 やっぱり「たまたま JR-H から吹き出た」だけで,あちこちに転がってる問題じゃないのかなぁと思うんだけどね・・・表沙汰にならないだけで.

 ただ,これまでに触れてきたマスメディアでの扱いの中では最も冷めていたとは思う.東京ではそういう態度か・・・もとい,番組ごとのスタッフの問題かねぇ.
 執筆は・・・やる気出ません.ゐや,それでも進めるには進めるんだけどさ・・・


Oct4
 昨日の話の流れで,北のローカル番組でこんなのもやるようで・・・こっちは仕事の関係で観られなかったんだけど,日曜の朝に再放送やるようなんでなんとか観ようかと.
 で,今朝流れていた番組紹介のテロップでは「安全はどこへ」ではなく「軽視された安全」となっていたように見えたのは気のせいかのう.先日のクローズアップ(略)では「失われた安全」.ちょっとした言い回しの差でここまで違うものなんだなぁと.

 ってーか安全安全って・・・そらまぁ安全であるに越したことはないし基本ではあるけど,なんだか潔癖症の如く過剰に「安全」を求める社会になっているような気がするの,気のせいかねぇ? 特に耳につくのが「安全なハズの学校で」・・・学校はいつからそんな場所になったのかと問いたいのだが.何だかんだちょっとしたことで怪我はするし,迷い犬だの迷い蜂だのはやってきて大騒ぎになるし,校門の前では怪しげな物売りが待ち伏せしてるし.それが当たり前じゃぁないのかなぁ.ゐや,最後のは時代的なものもあるだろうけどさ.まして地震だ津波だという自然災害にまで「安全なハズの学校で」なんて言われちゃ,学校は超電磁バリアーで防護された場所じゃねぇんだぞと.「南原コネクション」はフィクションの世界だっちゅー.
 しまいにゃ・・・先日の「スポーツカーが空飛んだ」事故の「安全なハズの通学路で」と来たもんだ.もぉ「えー?」としかコメントのしようがないさね.ってかあんな暴れ車が突っ込んで被害があれだけで済めば十分だと思うのだがねぇ・・・

 ところで集団登下校ってそんなに一般的なものなのかのう? あたしの育った土地と時代・・・もとい,時代が移ってもそんな文化は存在しないもんで.逆説的に,集団で登下校することこそが被害を拡大させる要因になっていたりはしないだろうねぇ?なんて考えてしまうのだけど.特に世の中のニュースを聞いていると,小学生の集団は軽トラックを引き寄せる謎の磁場のようなモノを発しているんじゃないかと本気で考えざるを得ないのだ・・・解明したらイグノーベルあたり受賞できるかな.

 なんだか最近,ネタ貧困に陥ってる気がするですよ・・・


Oct5
 なんか先週と同じことが起こった気がするですよ・・・今回は9時間でした.腰が痛くなるほど目が覚めないって一体どういうこと・・・
 で,昼は昼でひたすら絵を描いて肩を痛めると.そして引きこもっているのでネタがないと.

 週明けが締切のサークルカットはいまだ手つかずであると・・・どーすんだろーね.あははは.


Oct6
 作業が乗っているのでというか,やらなければならん作業が山積みで.疲れもそれほどではないので続けたいのだが時計の針が凄いことになっていていい加減寝ないと明日の昼の仕事に影響が出る・・・そんなことはないだろうか.というかまさに今がそういう状況なのだけど.

 とりあえず先日触れた番組の再放送は見た・・・けど,まとめる時間がない.
 執筆は数ページ進み,しかもこれまで描いたほぼ全てのページに修正を加え・・・

 イベントも申し込み終了です.
 Nov4 「よんこま文化祭 2013(ひびのまとめ 楽しい!)
 Nov17 「情報処理部まとめ!にかいめ!
 に参戦.Nov4 合わせで新刊の予定です.中身に関しては・・・もう少しお待ちを.


Oct7
 夕方のローカルニュースで,「JR北海道社員意識 組織に不満が. 問題が相次ぐJR北海道。社内アンケートの結果、組織への根強い不満が浮き彫りに。」なんて文句が.見たかったんだけど,帰って来れなかったよ・・・って,スマートフォンという文明の利器を手に入れたんだから,部屋に帰ってこなくてもどこか街中の落ち着いたところにでも陣取ってワンセグ受信でもしてりゃ良かったんだよなぁと.ではその携帯端末はその時どこにあったかというと,もちろん電源切って部屋に放り出してありました.持ち歩く習慣は相変わらずありません.「持てば考え方もライフスタイルも変わるよ〜」なんて声を聞くけど,何も変わりゃしませんや.

 んでそうそう,昨日の朝やってた報道番組の再放送だ.中身はなんとなく2部構成って感じで.前半は軌道異常が何故放置されたのか.他社の取り組みなんかを交えつつ.後半は企業体質の分析.合理化で金も人もない,古いモノを使い続けて障害続発,歪んだ年齢構成で若手を育てられない,中央が放任主義なら末端の声も中央に届かない,云々かんぬん・・・最後には「専門家」が数人出てきて,公共交通を維持するために国の支援を,自治体に負担を求めろ,路線廃止も視野に入れるべき,等々・・・・・とりあえず東京とは違った切り口での構成でしたなぁと.ゐや,そりゃ同じことやってちゃしょーがないんだけどさ.
 なんというか・・・ねぇ.地元企業だし,目に見えるところにいる現場の人々はがんばってるし,応援したいところではあるんだけどね・・・

 つってたら何,今度は JR-K? PC77 を早速傷物にして,その原因が建築限界攻めの構造物って・・・さて,これで -H,-S,-K の非上場3社が揃った.-F は昨年東追分でネズミ取り倒したし,-W は大事故の記憶もまだまだ消えぬ.さて,残るは -E と -C だが・・・

 話は全く変わるんだけど.
 「横スクロールで走っていくゲーム」と問われてぱっと浮かんだのが「メトロクロス」と「パックランド」でした・・・・・せめて「スーパーマリオ」とくらい言えんのかね,あたしは.ほかに何かなかったかな〜と絞り出したのが「ハイパーオリンピック」・・・ひどすぎる.
 ってかそもそも近年のゲームだと1次元スクロールってモノ自体がそうそうないわけで.マリオもスーファミ時代以前に2次元スクロールするようになってたし,今時は3次元移動が当たり前だったりするし.「横スクロールで」って縛りが入った時点で自然とレトロゲームになるよねぇと自分を納得させつつ.
 ゐや,例え最近のゲームになにか該当するモノがあったとしても,多分わからないのですが・・・


Oct8
 DC183 の機械室で,開いてなきゃならないエアコックが閉められていて非常制動が働かない状態になっていた・・・ねぇ.普段は触らない場所だから,整備の際にミスった可能性が・・・かぁ.
 ゐや,確かに「たるんどる」「なっとらん」ってのは真っ当な批判ではあるんだけど,疲弊した現場ってのは本当にこういう「普通に考えればあり得ないミス」ってのが当たり前に発生するのよぉ.何でそんなことになったのか.関係者とっつかまえて事情聴取しても「どうしてそうなったのか自分でもわからない」.再発防止の鍵にもなりゃしねぇどころか,そもそも問題の根っこはそこじゃねぇという・・・
 ・・・ゐや,ここ数ヶ月,あたしの周囲も「普通に考えればあり得ないミス」が続発していてね・・・事故に至るようなことにはなっていないけど,JR-H のあれこれが他人事とは思えないというか,本当に部署内いつか一斉に倒れるか,事故起こすかどっちかやらかしかねんぞと・・・上は上でもぉアレだし.

 以前,「JR-H の病理じゃなくて,この社会の病理じゃね?」と指摘したけど,その時は自分の昼間の仕事場を指すような意識はなかったんだよなぁ.でもよく考えてみると自分の昼間の仕事場もまさにこれだよなぁと・・・・・疲弊してますな,ほんと.


Oct9
 うーん,なんかいろいろ追い詰められてきた.時間的にというより,気分的に.「同人誌」で,しかも自分が編集責任者となった場合ってのがこんなにきついとは・・・というか何でみんな堂々締切破りなんですか(苦笑
 あたしが余裕を持った締切を設定しているのを見破られているってのもあるんだろうけど,余裕を持った締切にはそれなりの理由もあるわけで・・・はぅあぅ.

 ・・・明日から当分の間,不定期更新とします.ってか印刷所の締切まだチェックしてない・・・怖くて見られない・・・


Oct10
 あーと,昨日の締切の話.言葉が足りなかった.遅れてくることを見越した締切を設定したんだけど,そのデッドラインの方を超える締切破りをされてはぅあぅ・・・・・であると(汗
 とりあえず未着だったうちの1本,「煮詰めてる途中」の原稿が出てきたんで,大きな仕様変更がなければ少しは作業が進められる.こういうときに最も困るのが台割りが決められないってことでね・・・ページ数はもとより,内容によってどこに挟むか,右ページか左ページかってのも変わってくるし,そこが変われば他のページにも影響が出るし,追加の執筆も必要になってくる.さて,最後に残ったもうひとりは「週末までには」ってコトだったんだけど・・・細かいことは明日考えよう.うん.

 そんなこととは関係なしに,片岡とも「ナルキッソス」の小説本,2巻と3巻を読み終わった.1巻は5年前に MF 文庫から出たもので,2巻3巻は昨年自費出版で世に出たもの・・・なんだけど,まぁ中身は大分前に公表されたサウンドノベルとほぼ同一と.同一なんだけど・・・改めて読んでみると,何だねぇ.5年前には大学の研究室で引きこもりだった自分が,現在では臨床に引きずり出されていたりすることなど.
 ところで今日のあたしはなんだか頭痛に悩まされてねぇ.眼精疲労から来てるんだと思うけど,5年前に小説本の1巻と,サウンドノベルとを立て続けに読んだあたしは次のような文言を残している.
 一部で「泣きゲー」とかなんとか評価されているみたいだけど,いいやあれは泣くものじゃない.静かに,ただ静かに頭痛を催すものだ.
 ・・・ゐやまさかね.あの時に書いたというか感じた「頭痛」は今回とは違うものだ.だけど,筆者の「ここ(エピローグ)にある数行を書きたいが為に本編の 25,000 行を書いた」という文言はいまだに忘れられない.いつか自分も,そんなコトを言えるような何かを書いてみたいものだ.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る