"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Mar11
 なんつーか・・・イメージが空回りして何も描けない1日でございまして.
 しまいにゃ眼精疲労的な拍動性の頭痛に襲われるという始末で・・・もう少し,筆の速度を上げなければならない時期に来ているハズなんだけどねぇ.


Mar12
 N#K が「栄村大震災」を忘れてなかったのが意外だった・・・ゐや,あれねぇ.あたしも当時は「長野県で大地震」って一報が流れたきり全く話題に上らないから,寝てる間に脳内でっち上げニュースでも見たのかと思ってしまったんだよねぇ,一時は・・・・・実際にあったことだったんだよねぇ.

 さて.
 プロの文章書きがそれで良いのかと甚だ疑問に感じざるを得ないのが「震災」の言葉,その意味.素直に受け取れば「地震災害」の略,もしくはそういった災害のことだ.手許の広辞苑第2版には「地震の災害」とある.大辞林には「地震による災害」とあるらしい.大規模地震対策特別措置法によれば「地震動により直接に生ずる被害及びこれに伴い発生する津波,火事,爆発その他の異常な現象により生ずる被害」だ.いずれにしても共通しているのは地面が揺れることではなく,災害を示しているということ.
 ゴールデンタイムの公共放送を預かるアナウンサーは「震災の発生から3年」と語った.地震による津波,もしくは地震動そのものに端を発した原子力災害はいまだに収束を見ない.災害は現在進行形であると考えればこの言葉は全くツッコミどころがない.
 同じ公共放送の番組でも,他のキャスターは「震災から3年」と語った.「確かに地震からは3年が経った.だが震災から3年なんてアホぬかせ.『震災』はまだ続いてるんだ」・・・とは,兵庫県南部地震の時に散々耳にした言葉だ.しかしまぁ確かに群発地震や津波が落ち着いてからは概ね3年が経過している.ちょっと引っかかるところはあれど,まぁ間違ってはいないだろう.だが「地震」と「震災」を同じ意味の言葉として扱っていかねない危険性は垣間見える.
 誰がとは言わない.「震災による津波」と語った.地震による災害,それによる津波・・・とは一体何ぞやと.津波は地震によって引き起こされるモノであって,地震によって引き起こされる災害が引き金となって起こる現象ではないぞ? これどこからツッコミ入れたらいいんだ.完全に言葉の意味を見失っているだろうて.言葉は時代と共に変化するものだなんて言うけど,日本語は表意文字を持っている.「震災」という文字そのものが示す意味を考えてみれば,先の文章がどれだけおかしいか,少なくともモノ書きで飯喰ってる人間ならわかるはずだろう?
 どーしても引っかかるんだよねぇ.

 話は変わって.「今日は2011年3月10日かもしれない。」という Site ができている.Mar10/11 と Mar11/11 に囀り場に投げ込まれたメッセージを4つのキィワードで比較できるというもの.ちなみに当時のあたしは囀り場はアカウントだけ確保して ROM 専だった.では,ここの駄文に何を綴っていたかというと・・・最後の2段落だけ抜き出してみようか.
Mar10/'11
 まー個人レベルの場合,夏よりも冬こそ熱対策をするべきなんて話もあるけどねー.人にもよるけど,バカみたいに暖房焚く家も少なくないからして,北の大地の場合.

 件のデータセンター,完成は今年秋だそうだ.今は東京に実体がある lavenderblue.jp や www.nijitama.jp も,そのうち石狩に移ってくるのかね? ・・・ゐや,将来の増強分だけかな.現状稼働しているモノを移転なんてやりたくないしねぇ.
 何の話かというと,某鯖屋のデータセンターが石狩にできるよって話.冷涼な気候でガンガン熱を出されても冷房費が安く上がるからとっても良いね!って話で.そういえば同じ理由で北大がスパコンを誘致してたっけなぁ.ちなみに当時の lavenderblue.jp 及び www.nijitama.jp の実体は・・・確かどっちも大阪にあったと思うんだけど.現在は lavenderblue.jp が大阪,www.nijitama.jp が東京にあるみたい.
 続いて・・・
Mar11/'11
 検潮所のデータも・・・すごいね.大船渡,釜石,宮古は 1m 近い引き波の後に 4m 以上盛り上がって以降沈黙.鮎川(石巻)は小刻みに揺れた後どっかん盛り上げて沈黙.八戸も大きく揺れた後上方に振り切って結局沈黙.最も恐ろしいのは小名浜.地震直後にいきなり沈黙してる.まさかの日本海側,小樽や稚内でも 20〜30cm 程度の津波を観測しているね・・・ 25 時を回っても函館はまだまだ 1m 近く揺れてる.peak to peak では 2m ね.

 深夜になってテレビの報道も落ち着いてきた感じだけど・・・本当の阿鼻叫喚は夜が明けてからなのだろうな.
 最後の一文はあたしが兵庫県南部地震で得た教訓.被害の報が入ってこないのは被害がないからではなく,被害が甚大すぎてそれどころではないから.実際,その通りでした.
 さて,先の Site.だから防災の準備をしようってことなんだけど・・・それが「今更」であるとは言わない.自分自身においても十分な用意があるとは思わない.だけど,あたしが考えるにそれは兵庫県南部地震からとっくに学んだことではないのかなぁと.
 兵庫県南部地震が遺した教訓は物的・社会システム的な防災.建物が倒壊しないように耐震補強をする,橋が落ちないように鎖を渡す,家具が倒れないように突っ張り棒をカマす,戸棚に特殊金具を使って中身が飛び出ないようにする,そして災害ボランティアや支援のあり方,避難先での地域コミュニティの維持方法,諸々諸々・・・地震報道のあり方,そして地震の大きさの計測方法までもがあの地震で変わった.そういったことではなかったかと.
 では東北地方太平洋沖地震が遺した教訓は何だったか.災害に直面したときの対処方法,心的な防災だったのではないかと.大きな揺れが来た.建物が倒壊することはなかったがこのあとどうするか.津波が来るかもしれない.時間はあるのかないのか.集団で逃げるのか,とにかく個人単位で逃げるのか.どこに逃げるのか.移動手段は,経路は.取り残された人はいないのか,助けに戻っても良いのか.その後の原子力災害に関する一連のできこと.直接被害のない周囲は何をすべきなのか.諸々諸々・・・・・二重遭難した話なんぞはいちいち挙げるまでもないし,兵庫県南部地震の時は少なくとも認知はされていなかった「直接被害を受けたわけでもないのに ASD を発症する人々」なんてものまで登場した.そういった災害に直面したとき,どういう心構えでいるべきなのか.何をすべきなのか.そういったことではなかったかと.そして・・・少なくとも東日本の人間は,兵庫県南部地震から何も学ばなかったか,もしくは忘れてしまったんだなぁと.そもそも兵庫県南部地震を知らない若い世代はともかくとして.

 地震による混乱も関係なく,計画停電に巻き込まれるわけでもなく,そんな人間がよくもまぁぬかしよる!と,当時とある東京人に嫌味を言われた.だが,実際に被害を受けなかった地域の視線なんてのはそんなもんだ.「あら,大変ねぇ」と.それは,兵庫県南部地震の時に東京人が取った態度と同じモノだ.同じことが起こっているとすれば,今般において特に西側の人々はこう思っていたのではないか.「がんばろう『日本』?『国難』?はぁ?何の話?まーた『自分たち=日本全体』と勘違いしている東京モンが,しかも自分たちに酔ってるのか?」と.遠くから見てそんな態度を表に出す人は見たことがないけどね.あぁ,すんません,あたしは「こいつらは何を言っているんだ?」と思ってました.壊滅的被害を受けたとはいえそれはある程度の範囲の話.大きくは変わらぬ生活を続けることができる地域,人口の方が遥かに多いのに,そんな程度でいちいち国が傾かれてたまるかっちゅーの.巻き込まんで欲しいわ,と.3年になるし,そろそろ言って良いですよね.3年前から同じこと言ってましたか.そりゃ失敬.そういえば,そういうことを口に出して東京人に嫌味で返されたんでした.だけどね,被害を受けていない場所まで雰囲気に巻き込まれて萎縮したら本当に全体が傾きかねないんだよ・・・というのも当時散々語られたことだね.

 東京に住む我が不肖の妹は,当時生後半年にも満たぬ子供を抱えて「まーなんとかなるでしょ.放射能だ停電だ,いちいち細かいこと気にしたって仕方がない」と図太く生きていた.兵庫県南部地震の証言からは,物的な備えを学んだ.東北地方太平洋沖地震からは,狼狽えないことを学ぶべきではないか.

 最後に,Jan/'96 に旭川で行われていた兵庫県南部地震のパネル展でもらったパンフレットから1ページ.


 "Life goes on." 人々の営みは続く.


Mar13
 なんだか香ばしい感じになってきた STAP の話とか書きたかったんだけど・・・あーでもねぇこーでもねぇとクロッキー帳相手に格闘していたら結構すげー時間になってしまったので,その話は明日以降に・・・
 ゐやそれにしても何なんだろうねぇ,あれ.


Mar14
 なんつってたらまぁ,なんつってたらまぁ・・・なことになりましたな.STAP の話.
 結構大きな話故,そんなところにすぐバレるような捏造を行うとも思えないんだけど,本当にミスだとすればそれはそれで実験データの管理がお粗末すぎる.電気泳動の写真が切り貼りで,なんでも縦の長さを調整して云々なんて話も出てるけど,全体の縦横比を調整するんならともかく,一部分だけ〜なんてそんなことしたらツッコミ喰らうのわかるでしょや・・・
 件の博士(ハクシ)の学位論文に関しても序文がコピペ疑惑だの何だのと言われているけど,序文なんて労力割くところじゃないし,Respect の意味で誰かの文章を引っ張ってくるなんてのはよくある話.とはいっても原典はきっちり明らかにするし,そういうのは論文の体を成したものを引っ張ってくるものだけどね・・・というわけで,まぁ「粗探しご苦労さん」と最初は思ってたんだけど,指摘に関して「それは作成途中の下書きだったんだ」と反論していると耳にしてちょっと考え方が変わった.完成品ならともかく何故そんなものが外に出たのかというのが謎でならない.しまいにゃそのD論のデータが剽窃疑惑なんて話まで出てるし・・・マジですかいな.

 なんだかなーという言葉しか出てきませんわ・・・今のところ真偽のほどに関してはまぁそれはそれで別問題なんだけど,とはいえこんな状況では説得力も何もあったもんじゃないよねぇと.

 で,今日もいろいろ描いたり,資料を掘り出したりしているうちに凄い時間になってしまったので簡単に終了.そろそろ不定期更新を宣言かなぁ,やっぱり.


Mar15
 第一回「撮影したけどこれはちょっとどうよということで永いこと封印してたんだけど某ヒョロワー氏が最近原爆ドーム見てきたって話なんでモノのついでに掘り出してきて深夜の謎テンションで公開しちゃう写真展」ノミネート作品
 題名『ハタ坊だじょ〜』


 ・・・という写真1枚貼り付けて,今日は開店休業.
 なんかこう・・・思い至っちゃったんだよねぇ.あっちにあれが立ってて・・・ってことはこういう写真が撮れるんじゃね? っつって.てわけで原爆ドームのてっぺんに見事に日の丸が立ちましたとさ,という.


Mar16
 昨日の話になるけど,JR ダイヤ改定.北では知内ほか数駅廃止,東では仙山線の打ち捨てられた駅・八ツ森ほか1駅廃止,と.
 北の場合は「シンカンセンが通るのに邪魔だから」という何とも何ともな理由なんだけど,東の方は駅設置の理由となった施設が廃止になったり,利用者が伸びなかったりして存在意義を失った&今後も見込めないということで駅も廃止という,まぁ至極真っ当な理由というかなんというか.しっかしそう考えるとどうして廃止にならないのか不思議な駅が北にはいっぱいあるような気がするんだけど・・・・・深いこと考えちゃダメか.下手に駅廃止なんてことになると逆に費用が嵩むし,幾ばくかの利用があるかもしれないしね(?).

 そして某公共放送方面で盛り上がっていたのが「あけぼの」の廃止 季節臨格下げ.国鉄時代のブルートレインが云々と国鉄を知らなさそうな世代が語る様など・・・というのは横に置いておいて.青森方面では東京に就職に出て,一人前になると寝台車で帰ってこれるという・・・それくらいに高級な乗物だったという話が繰り返されたけど,今じゃそんなこともないというか全く逆だよねぇ.あたしも以前は割引切符で「北斗星」なんかちょろちょろ乗ったけど,今じゃ「金で時間を買う」身分になっちゃってブルートレインなんて乗れなくなっちゃって.「トワイライト」なんかは機会のあるごとに狙ってはいるんだけど,金額以前に時間がネックになって結局手を出せずに廃止の足音が聞こえてきているという有様で・・・ねぇ.
 で,やっぱり沸いて出てくるのが「葬列」.まぁ葬式の時だけ顔を出す人というのは相手が人間の場合と同じで.というか葬式でもなければなかなか顔を合わせる機会もないということもあるよね・・・というわけで否定的な意見も多いけど,あたしは葬列自体は否定しない.ただ,団体となるとやはり脅威というか邪魔というか,そういうことになる例というのもいろいろあるわけで.その結果吹き出てくるのがこういうものだったりする.言ってることは正しい.だけどちょっと欠けてる.「何故迷惑行為をするんだ」じゃなくて,「迷惑行為になっている」という自覚自体がないんじゃないかなぁと.
 それが少数散発的なら「ったくしゃーねぇなぁ」で済む行為も多いと思うんだよね.でもそれを団体でやってくれるので洒落にならなくなっている・・・というのが正確なところじゃないのかなぁと.これに「みんなやってるからそれで良いのだろう」「この機会を逃すともう次はない」というものが重なって収拾がつかなくなってくると.
 そして忘れちゃならないのが,この 20 年の間に携帯端末やデジカメの普及によって「カメラ」がより身近になった・・・ってのがあるかなぁと.もちろん 20 年前には既に「レンズ付きフィルム」があって,ライトユーザー層を上手く取り込んでた.でもこの 20 年の世の中の進歩は更にライトな層をも取り込んだというか,元々居たライトユーザー層をよりヘビィな方向へ・・・ばんばん撮る方向へとシフトさせたというか.そして,撮影機材があるんだから最後に撮りに行こうという方向へかき立てる.そんな力場がありはしないだろうかと.

 いずれにしても,ライトな層というかミーハーというかニワカというか・・・良くも悪くもそういうのが増えてるってのはあるんだろうなぁ.そういう層がいなくなったらその世界は先細りして終わってしまうけど,そういう連中にルールを説く or 気付かせるのはこれまた難しいもので・・・ねぇ.よく叩かれるヘビィな層はそれなりに弁えていることが多いんだよね・・・実は.
 そんなこんなと,まとまらない話を.


Mar17
 なんだか朝起きた瞬間から頭がズンドコ節を奏でているという・・・
 ついでに朝飯喰ったら吐き気までしてきて何だこれ状態.
 午後になって回復したんで,夜には部品かき集めるだけかき集めて1年以上止まっていた白麗改造計画をようやく実行に移したりとかしていたんだけど・・・なんだろね.疲れてんのかいねぇ?

 で,夜が通常運転ということは絵を描いたり何だりしているとまーた凄い時間になっているわけで,ネタはあれどまとめる時間がないという.いろんな意味で通常運転.また明日となるわけです.


Mar18
 部品かき集めるだけかき集めて1年以上放置していた「白麗(しろうらら)」改造計画がようやく本格稼働しまして・・・昨日から.ってわけで今日の段階でこんな感じ.とりあえずパーツの取付は終わって,走ろうと思えば走れる状態になりまして.もちろんブレーキが動くという意味で.しかしまぁディレイラーは調整が必要だし,写真の状態ではブレーキの調整もしてなくてすかすかだし,何よりも剥き出しのハンドルバーでは手が死にます.
 とりあえず部品の状態だけ決めて,あとはバーテープを何となく巻いてみて完成イメージが掴めたらハンドルバーを塗装しようと考えていたんだけど・・・全面がっつりテープ巻いちゃえば塗装の必要はないかなぁとかちょっと考えてたりして.素人仕事で塗装しても逆に汚くなりそうだしねー.というか気温が低すぎて塗装できません・・・

 ハンドルバー交換,これに伴いシフトレバー,ブレーキレバー交換.ブレーキレバーの都合でブレーキキャリパーも強制交換.この後更にタイヤやら細かい部品やら交換予定.
 昨年は乗れなかったけど,今年は走るのですよー.


Mar19


 20 年です.

 というか5月の本の進捗がダメです.イメージが降りてこなくて逃避とばかりにチャリをいじっていたのが効いて・・・ゐや,あまり関係ない気がする.
 まぁ,煮詰まるのは新しいことをやろうとしているからだと信じて.この1年で何冊も出したってこともあるし,きっとペン入れに入ればその先は昨年よりも速いと信じて・・・明日からといわず今日からやってます.はぃ.でも進捗ダメです.


Mar20
 進捗ダメです.
 ・・・って,昨日も書いたなこれ.
 えーと,積み残しネタを放出して,明日から締め切り前不定期更新モードに入るです.

 積み残しネタその1.
 STAP のあの人がD論を取り下げ意向,だってさ.どうしてこうなった.序文のコピペ疑惑は話は前からあったけど,今度はデータそのもののコピペ疑惑だと・・・あぁ,それは・・・ねぇ.
 確かにあたしはあの論文を読んで「にわかには信じがたい」とは言ったけど,それが妄言だとまでは言った覚えはない.いわゆる万能細胞の類は専門じゃないんでツッコミ入れることはできなかったけど,間違いないのであれば素晴らしい発見だし・・・なんだけどなんだか焦げ臭い方向に話が進んでますなぁと.一部では「叩きか」なんて声もあるけど,ゐや残念ながらあそこまでなっちゃうと論文著者の落ち度によるところが大きいと言わざるを得ないよねぇと.そしてこういったチェックの厳しい目によって科学の世界はその正確性と信頼性を今日まで保っている.
 なんだけど,どーにもよくわからないんだよねぇ.大々的に発表したってコトはそれなりに自信があったハズだ.すぐにバレるような捏造なんぞやるだろうか.データに関しても「間違えた」というならちょっと管理がずさんすぎないかと.画像の適切でない操作に関しては・・・ふつーに考えれば博士号取れるような人間ならどういうことをやっちゃいけないかってのはそれまでの経験からなんとなくでもわかるハズなんだけどなぁ.論文用に綺麗な画像データを取り直すなんてのは当たり前のことではないのかえ? それでもというなら・・・早稲田大学の学位論文審査はザルだという結論に.それもなんだかなー.

 積み残しネタその2.
 ITmedia から「あけぼの」に群がる撮り鉄の話.この手の動画はあまり目にしたことはないし,大宮や上野には近寄らないので罵声大会も詳しくは存じ上げぬ.しかし件の動画を見る限り・・・ゐや,こいつら「撮り鉄」じゃねぇですよ.単に祭があると聞いてやってきた,大声を上げたいだけのバカ者ではないのかと.徹夜それ自体が目当てでコミケの入場行列にテントを張るという連中と同じ臭いがする.
 しかも「大会」とは謳っているけど,動画を見る限り大声を上げているのは片手の指で数えられる程度の人間だよねぇと.ゐや,マイクが拾ってないだけという可能性もあるけど.たまたまこのカメラの近くに大声を上げる輩がいたので晒し上げされたのか,はたまたどこにカメラを構えてもこういう罵声が聞こえるのか・・・それは現場に立ち会ってみないとわからんしなぁ.
 ま,怒鳴る方にも全く理がないというわけではないけどね.フラッシュを炊くのは確かに危険行為のひとつとされていて,その筋の人たちの間では御法度.何よりもあんな場所でフラッシュなんぞ使っても光量が足りなくて写真的には何の意味も為さないハズ.「しゃがめ」という件に関しては 1997 年の碓氷峠で耳にしたフレーズをプレゼントしよう.「おととし来やがれ」と.綺麗な写真が撮りたい筋金入りの鉄なら廃止の雰囲気を嗅ぎ取って記録しに来るもんだし,最終日にやってくるんなら逆に野次馬ごと記録してなんぼであろう.うん,以前あたしが作った写真集がそんなんだったね.「ブルートレインの本」に見せかけて「ブルートレインに群がる人々の本」だったという.どちらも面白い被写体ですよ?

 さて,繰り返しになりますが明日から5月上旬まで不定期更新モードに入ります・・・気合い入れて進めなければ.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る