"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Apr24
 なんだかこのところ連日寝落ちで終わるという有様でございます・・・ゐやはや.
 というわけでフライヤー的なモノを作ってみました・・・そんな感じです.
 サンプル的なモノも公開しています.にじたまわーくすの方へどうぞー.

 なんというか.納得はしていない.納得はしていないけど,昨年より良いモノを作るという約束は果たせたものと・・・思っております.来年はもっと良いモノを作る・・・・ゐや,いろいろねぇ.表紙だけでも試してはみたけど上手く行かなかったので見送ったもの,恐らくうまく出ないだろうというものが3点もあったりして.今後の課題です.

 あとは先日晒した表紙画像からお察し下さいというか.

 さて,ヨタ話を・・・
 ゐや,今年は雨に降られませんでしたよぉ.5月の本の原稿は毎年新丸子まで手で運んでるんだけど,何故か毎年雨が降るんだよね.飛行機で出ていった先で雨.当然傘なんか持ってないし,もぉ最悪ですよ.ところがまぁ,今年は嬉しいことに晴の予報.その通り雨は降らなかったんだけど・・・なんだかどよーんな空模様で.まぁ確かに4月の東京なんてすこーんと晴れる日の方が少ないような気もするけどさ・・・
 そして行きに乗ったヒコーキがこれまた悪名高き 787.敢えて狙ったんだけどね.あたしにはあの座席は結構いい感じなんで.あれで座席下のスペースがきちんとしてればねぇ.
 んでそうそう,シェードの反応がなんだかよろしくないような気がしていたんだよね.元々反応が遅めなんだけど,それにしても生きてるんだか死んでるんだかって感じで.おっやぁ?と思っていると,天井格納式のモニターが開いたり閉じたり.しまいには離陸前の「安全に関する説明」がビデオではなく実演で始まる始末.おいおい昔の某「道民の翼」じゃないんだからさ・・・えぇ,どうしてこうなったのかと問われれば答は簡単.そっち方面の設備が不調起こしたんだと.しまいにはオーディオも止まってしまいましたとさ・・・・・本当に大丈夫か,787(苦笑
 トドメのオチは,HND で2タミ南ピアの端っこに付けられたという.北から来ればふつーは北ピアに付くし,AirDO みたいに立場の弱いところでなければ結構真ん中の方に寄せてくれるものなんだけど・・・何故か南へ,しかも端っこ.いつも北へ発着するもんで南ピアの利用は初めてで新鮮っちゃ新鮮なんだけど,どうしてこうなった? と.
 帰りは帰りで AirDO の 767-300.オーディオの端子が接触不良でなかなか気難しく・・・こっちはちょっと年期入った機材だからしゃーないっちゃしゃーないんだけど・・・内装更新とかないのかなぁ? 細かいこと気にしなければ今の AirDO で一番いい機体って 737-700 な感じになっちゃってるし.


Apr27
 まだまだ描いてました.謎の何か.
 ティアの会場でお目にかけましょう.

 ・・・というところで,そろそろその先を考えなきゃならないんだけど・・・
 とりあえず夏コミは「ゆゆ式」で申し込んでしまったし,それじゃあ何を出すかというと何故か主宰することになった合同誌がある.ひとりでも何か描きたいところではあるけど,いまだぼんやりした何かからきっちりした話に組み上げられるか,そもそも合同誌と同時に発行できるかというとこれまた謎だし,それじゃあ夏は合同誌に注力して自分の本は冬に出すか?というと・・・大きな疑問が生じる.今度の夏まではともかくとして,冬に「ゆゆ式」需要はあるのかと.どうしたっても二次創作には「旬」がある.「ゆゆ式」自体は終わらないし,ファンは当然存在する.だけど,「市場」的なものとして成り立つかというと,そろそろ「旬」は終わりじゃないかという気がして来るんだよね.
 ゐやもちろんよんこま系のイベントがあればそっち方面引っ提げて行きたいけど,「コミケ」という場を考えたときにはどうだろうかと.「1卓2サークル」状態になっているにじたまも机の上が大分苦しくなってきているし,松風某との共闘関係はともかくとして,自分は「ゆゆ式」ではなく,本業たる「一次創作」で出すべきではないのかと.

 ・・・冬コミに関しては本当にノープランです.方向性としては一次創作に関してはネタはごろごろしてるけど,「ゆゆ式」に関してはもやっとしたモノしかなくて事実上のネタ切れ状態.あ,とりあえず秋の GLF には「ゆゆ式」引っ提げて行きますが(笑

 さておき.
 薄い本の制作で忙しくてやっぱり今年も2ヶ月空いてしまった小幌駅ノートメンテ,行ってきました.詳細は例のページにて.
 今回は久々に東の沢ルートで突っ込んだんだけど・・・やっぱ良くないわなー,あのルート.ゐや,東の沢を通ろうが,西の尾根から来ようが,直登ルート3本目から来ようが,砂防ダムルート以外は「踏み跡」ですらないわけで「ロクなルートじゃねぇな」とぼやいたところでそれは当たり前の話なんだけど,それにしたっても何度も渡渉する,しかも「靴の裏が濡れる程度」ではなく水域に足を突っ込まなければならないってのはどうだろうかと.でもこの時期に辛うじて通れる直登ルートって多分ここだけなんだよね・・・というか他は突っ込んだけど失敗した経験しか(苦笑
 そしてこの冬にちらほら見たのは「国道から直登してきた」という人の存在.砂防ダムルートですらなく.「徒歩では接近できない駅」はどこへ行ってしまったのかと.お前が言うなというツッコミがどこからか聞こえるんですが(苦笑

 駅からはちょっと離れるんだけど,今日はちょいと気になった事件が.
 現場は右写真.道道礼文停車場線と,室蘭本線上り線の交差地点.このガーダー橋の真下,矢印の場所に「茶色っぽい何か」が落ちててね.あたしは避けたつもりで思いっきり踏みつけてしまったという.「うわぁ,何か金属部品っぽい踏みつけ音がしたぞ.タイヤ大丈夫か? ・・・金属部品?」というわけで違和感を覚えて現場に戻ってみると,踏みつけた茶色っぽい何かは粉々.アスファルトもえぐったような感じになっていたのでやっぱり何らかの金属部品を踏みつけて粉砕してしまったらしい.ちなみにタイヤは無事でした(苦笑
 それはともかく,何を踏んづけたのかと周囲を見てみると,何やら他にも道路上に落ちているものがある.集めてみるとこんな感じ.どう見ても線路の部品です.本当にありがとうございました! そして真上を見ればガーダー橋(腐食して一部に穴が空いている)・・・

 多分建設してから掛け替えはしてないだろうから,画面奥のガーダー橋は昭和1桁時代の建築,手前の部品が落ちていた方は昭和 30 年代.しかしてこれが対本州の毎日何万トンという貨物を通し,札幌・函館の主要都市同士を結び,豪華寝台列車も通る「北海道の大動脈」である.「がんばれ JR 北海道」もぉそれしか言えん(苦笑
 ゐや,それなら小幌も徒歩じゃなくて汽車で行ってやれよってね.全くその通りです.夏になったら(暑い時期に歩くの嫌なので)汽車で出入りすることにします・・・


Apr28
 昨日の話,ちょろっと続き.
 ゐやー,考えてみれば「ゆゆ式」みたいなものこそコミケのような場でなければ需要も供給もマッチしないよなーと考えたり.あたしも小規模イベントに積極的に参加しようとはあまり思わないからねぇ・・・ゐや,そりゃあモノにもよるけどさ,やっぱり遠方だったりするとそれだけで敬遠する理由になるよねぇって.
 となればまぁ,生き残りを賭ける方向性ってのは概ね決まってくるわけで.いつもの印刷所で少部数依頼した場合のコストってどうなるのかな〜とかちょろっと調べてみたりして.

 ところで少部数印刷だと「オンデマンド」が有利なのはわかってるんだけど,あたしあれ嫌いなんだよね.もとい,それで本を作るコト自体は否定しないけど,自分の作品としては使いたくない.印刷にある種の癖があって,それがどうにもね・・・ゐや,あたしの絵柄だとその癖も多分出にくいとは思うし,大方はそんなもの気にしないとは思うんだけど,やっぱり制作者としては気になる点ってのがどうしてもあるわけさ.
 それでどれだけのリスクとコストを背負うことになるかというと・・・・・お察し下さい(爆)ゐや,それだけの支持を得られるようなモノを創れば良い話なんだけどね.
 某 Lazy8 氏じゃないけど,なんだかあたしも「不退転」の年になりような気がするなぁと.あの人は何か作る度に「不退転」だけど.いろんな意味で不思議な人だ(苦笑

 そうそう,新刊はいつものように COMIC ZIN で扱って頂けることになりました.詳細は後日.
 というか今回は先方からオファーが来ましたよ.ありがたいことです・・・メールの文面に「恒例の」なんて文言が見えたような気がするけど,きっと気のせいだろう.あたしゃそんなオファーを受けるのは初めてだ(笑

 基本,一次創作やるような人間は我が強いという.
 この半年,というより今回,かな.自分の創ったモノを見て,あぁ自分も例外ではなかったのだなぁと・・・ある意味,それだけ厚顔無恥になったのだな.恐ろしいことです.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る