"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



May12
 江差線まとめ.
 天ノ川でブヨにやられた.
 併走鉄を取り締まるためか,パンダがいっぱい.
 Brompton はわかる.あたしは tikit だ.まさかそこにママチャリダーが来るとは・・・

 そんな感じで・・・行く気はなかったんですよねぇ.これといって思い入れも,縁もゆかりもあるわけでなし.しかしちょいと気が変わって,行ってくることにしました.何が心変わりを招いたって,恐らくは今年の「えんじ色の二等客車」を描き上げたことで,でしょうねぇ・・・あ,ZIN の通販在庫は復活したっす.
 んー,なんというか,20 年近い昔に見聞きしたものだけを資料に,何年か後の「えんじ色の二等客車」を描くことに抵抗があったというか.訳がわかりませんか.うーんそうですねぇ・・・あたし自身としては汽車が見たかったという訳でもなくて,江差線だから行ってきたって訳でもなくて.たまたま辛うじて足の届くところでそういうことがあって,それならちょいと取材に行ってこようと.そういう感じで.
 「東京より遠い」場所故に2徹に近いというとんでもない行程になっちまいましたが,成果はありました・・・しばらく時間をおいて再訪してこその取材成果ってこともあるんで秋頃にまた行ってきますが,次回は汽車+どこかで宿を取りたいですねぇ.夜間の空いた道ですら片道4時間半とか,徹夜行程まして2徹とか,もぉ嫌っす・・・

 詳細はまた後日に.先に出すべき Report がたまってますよね・・・


May13
 さて.書き残さなければならない Report がたまっているということで,今日は May4 の話.あたしは朝っぱらから自転車担いで西武池袋線・練馬高野台の駅におりました・・・
 何だそりゃと問われれば,2月3月頃にゆゆしい絵描き連中の間で「自転車買った!」って話が連続して出て.それじゃああたしの白麗改造計画もとっとと完了させて,走行会でもやるかーと.集まったのは3人.melmoku×Moku,それにあたしという,ゆゆしい絵描きというか本作ってる連中としては名が知れている(と思いたい)3人.ちなみに普段の活動場所は東京,札幌,神戸.首都,道都,美し都というわけで三都物語・・・そうだ京都,行こう! なんて話もあったような気がするけど,走る場所はサクッと東京に決定.理由は簡単.全員東京に「拠点」があって,揃いやすかったから.

 それがどーして集合場所が練馬高野台なんて急行が通過するような駅だったかというと・・・右の画像から全てお察し頂きたく.参加者はゆゆしい絵描き連中ですからして.はぃ.
 ここからどこまで走るかというと,道のりにして概ね 65km 離れた藤沢市・鵠沼海岸.遠すぎず近すぎずという気でいたんだけど,冬の間に鈍った身体にはダメダメな距離でした・・・もしくは東京の暑さにやられたか.その辺の詳細は明日以降に回しまして・・・

 そうそう,白麗改造計画は終了したのですよ.原稿作業の合間にちまちまと進めたのですよ.ハンドルバーは結局マットブラックで塗装したのですよ.アルミ用のプライマーは手に入らないし,気温低くて外では吹けないし,風呂場で換気扇回しながら吹いたら排気が詰まってて有機溶媒が部屋の中に逆流してきて窓全開で結局低温環境に置かれるハメになったとか,まぁいろいろ・・・ゐや,換気扇に関しては掃除を敢行してその後はちゃんと排気されるようにしましたけどね・・・でもまぁ結局室温低くて塗料乾かず,プライマー2回+塗料3回でまるまる2日仕事になったんだよね.んでまぁ最終的には写真のように・・・ハンドルバーが ExpressTikit のHバーに換装になって,それに伴ってあちこち換装.タイヤは純正の 28c から 23c に,ハンドルコラムのヘッドキャップも実は気に入らなかったのでこっそり交換."ROMA Express" とか呼ぼうか,ってな感じの機体になりました.えぇ,概算 10kg の重量級な上にエンジンが貧弱なもんで全然 Express じゃないんですが.
 ちょっとポジションが遠くなった気がして,ステムをもう少し短いのに交換してみたいな〜なんても思うんだけど,フラットバーに比して長距離はぐっと楽になりましたね.ゐや,それでもハンドルバーが細すぎてちょっとアレなんですけどね・・・Fisik の旧製品巻いたんだけど,あれが厚さ 2mm らしいねぇ.新製品には 3mm のモノもあるというけど,違うだろうか.もしくはこの上から更に 2mm のモノを巻いてしまうか(笑
 まぁ,今シーズンを走りながら追々考えていくことにしましょう・・・ということで Report は続く,っと.


May15
 とにかく絵を描いているとこっちを書く時間がなくなるということがよくわかった(爆
 ゐや,イベントも何もないんだけど,ちょろっと描きモノをしてましてね・・・えぇ,件の走行会の Report を.連作で.#ゆゆ式銀輪部で囀り場漁ると出てくるようになってます.

 でまぁ,練馬高野台から鵠沼海岸まで,概ね 65km だったわけで.後者は #12 の舞台ですわ.そもそもゆゆしい絵描きで東京を走行会って話になったときに,それならこのあたり適当に結べば面白かろうなぁというわけであたしが提案したルートだったわけで.測ってみれば距離もちょーどいいくらいで,こりゃえーわと.国府台も候補に上げてたんだけど,ここが絡むと距離が伸びすぎるというか,時間がかかりすぎるというか,いろいろつまらないというか・・・で却下してたりなんかして.
 辿ってきた経路は環8から千川通り,吉祥寺通り,東八,武蔵境通り,鶴川街道.黒川から柿生に折れて環状4号.青葉台,十日市場を経て海軍道路,長後から藤沢街道・・・そんな感じで.

 詳細は件の Report に譲るとして,ゐやあ・・・自分もそれなりに強力なエンジンであるつもりだったけど,走行会やって思い知ったわ.若い男には敵わん(爆)もぉ脚の太さが全然違うものよぉ.あれと比べりゃあたしの細足なんぞ持久力も出力もありゃしねーわ.ゐやまぁあたしのチャリがあちらさん方と比べて少々重めってのもあるけど,それ以前の問題だわ・・・ゐや参りました.はぃ.

 それから小ネタもうひとつ・・・某所の駅ノート.そろそろ大丈夫そうなので.まったく他の人の美麗なイラストならともかく,何であたしのラクガキまで盗まれる対象になってるんだろ.そのくせ地元の子が描いた上手いイラストは残るし・・・どういう基準で持ち去っているんだ? 件の不逞野郎は.


 というわけで,溝の口のむつみ屋は復活したそーですが,月形の店舗は建物が売りに出されてました・・・道内での復活はないか,もしくはあったとしても同じ場所ではないようです.なんともはや.


May16 (Written at May17 Morning)
 なんかなし崩し的に不定期更新になってるー!というわけで.

 ゐや,帰ってきて気が付いたら深夜でして・・・具体的には 25 時半前.で,17 日は山に突っ込もうと思ってたんだけど雨が降るという話なので山行きは中止.おもむろに深夜の苦行を開始するなど・・・
 ってかね,5月の大潮の土曜休みという,1年で最もいい時期に雨ってどういうことよ.今年も「世界の果ての滝」方面は攻めることができずに終わるのかと. ・・・ゐや,どっちにしても海沿いは往かずに山を攻める予定でしたが・・・ほら,自転車買ったし.
 もしくは汽車で現地まで行けば¥はちょっとかかるけど,疲労は抑えられるかなぁと.そーなると日曜でも行けるかなーなんてことをちょっとだけ考えるんだけど・・・びみょーなんだよねぇ,これが.特急で長万部まで乗り付け・・・は良いんだけど,その先が.某駅で降りてチャリを担いで国道まで出て山に突っ込むか,隣の駅まで行って山に突っ込みがてら国道と某駅を徒歩で往復するか.気温の上がる時期に歩きたくないんだよねーというか,それならふつーに往復する方がまだ良いかと.チャリ担いで登山って何だよ・・・ゐやまぁ世の中には MTB 担いで富士山登る人もいるなんて聞いたことがありますが.なんというか,重さよりも大きさが負担になりそうな予感で.

 んでまぁ・・・Ap が「Dr に刃向かう権利を法で明文化された唯一の医療職」とされる件に関して少々考えさせられる一日でしたとさ.まぁ刃向かうってのは言葉がアレだけど,意見することは多々ある.意見を求められるコトも多々ある.だがなぁ,だがなぁ・・・ゐやほんとに,今の仕事場にいると Ns が楽な仕事と勘違いしそうになる.あんたらの職業倫理とか誇りとかいったモノはどこにあるのさ・・・


May17
 えーと,何の話だっけ.May4 の走行会の話が終わって,May5 のティアの話か・・・

 ・・・地震は2度あったっす.0502 の茨城県沖.0518 の相模湾.前者はみんなスルーだったのに,後者はみんな大騒ぎ.何だそりゃあという感じだったんだけど,どっちも極端というかなんというか・・・前者はあたしの泊地から東が揺れていて,人口密集する西側は揺れなかった.対して後者はその逆で,あたしの泊地はさほど揺れなかった.ちなみに後者の確定震度は3.騒ぐような揺れではないという感触だったところみんな大騒ぎするから,揺れの少ない土地に転地して感覚がおかしくなったかと思っていたけど,あたしの感覚は正常だったと・・・そもそも家人は誰も起きてこなかったし,近隣に住む友人に至っては夕方になってから「地震なんかあったのか」と.
 ってーか・・・関東民ならあの程度の地震は慣れっこではないのか? それとも慣れているのはシモウサまでで,ムサシノはそうではないのか.

 で,ティア.サークルゲートの行列はまぁいつもの通りというか,すっかりお馴染みになってしまいましたというか・・・
 そして今回は堂々の1卓丸ごと確保.そろそろ 1sp=半卓では苦しくなってきたし,ティアなら抽選等々余裕があるから試しに 2sp 確保でやってみようということで.ゐやー,快適っすねー.ついでにあたしは「えんじ色の二等客車」のポスター作って出してみたりなんかして・・・・・厚顔無恥になりましたねぇ.手前ぇの絵を A2 版でどどーんですよ?
 ・・・というところまで書いて気付いた.ティアの話は既に May5May6 でまとめ済みでしたね.

 今日の話.石北のタマネギ列車がとりあえずの存続へ.2014 年版の貨物時刻表でも3往復とも設定は生きてるしね.しかしこうなると凸→熊置き換えも必至か.試験的に熊投入とかもやってたしね・・・もしかすると,凸運用は今シーズンが最後だったかもしれないね.
 もうひとつ.優柔不断野郎・JR-H.最大の問題は渡島大野が函館市ではないことかねぇ.そうなると現地も尊重してというのもあり,さほど違和感のあるものでなし,北斗函館でえーんじゃないかと思うんですがねぇ・・・ここで道が出てくると知名度のある地名を前面に推したいだろうから「新函館」にほぼ決定か・・・
 それにしても笑ったのが,今日発見した茶々入れ.長野行新幹線はいつの間にか長野新幹線と名を変え,長野以遠の開業に伴って北陸新幹線となる.同様に東北新幹線も函館まで延びれば東京〜青森も全部含めて北海道新幹線じゃないのか と.ゐやそもそも高崎〜長野は「北陸新幹線」の先行部分開業という扱いだし,だからこそ苦し紛れに「長野新幹線」という名前になっていたわけだし.

 さてさて・・・ですわ.


May18
 寝ても寝ても寝足りない休日なのです・・・何だろのう.

 で,右はティア終了後に囀り場に放流した謎画像.えー,実際にはノープランですっつーか,1年後にはもうみんな忘れてるでしょうってコトで.あたしも忘れてる可能性高いし.
 姉妹のつもりで描いたんだけど,どーにも親子に見えるんだよねぇ.いろいろ試行錯誤してみる必要がありそうです.修行が足りませぬ.


May19
 このところ「けしからん」として評判のあの本が,札幌の緑色の書店の新刊棚に1冊だけ残っているのを発見しまして・・・どんなものかとちょいと入架しまして.あたしが購入した前日に出版社から自主回収がかかっていたらしいのですが,件の書店には関係なかったようで・・・というか自主回収の理由が理由だけに,書店によってはいちいち回収に応じる必要性もないだろうしねぇ.
 いろいろ騒がれているけど,とりあえず「18 歳未満に見せることが不適当なモノを指定する」ことが制度の目的だそうで.最初からX指定になっている場合は対象外であると.して,件のそれ.「不当に賛美している」かどうかはともかくとして,あの内容は・・・仕方あるめーよ.何であれで黄色いシールが付いてないのかとツッコミ入れたくなるような内容だったわ(汗
 黄色いシールの制度ができた当時,その目的は「18 歳未満はダメよ」ということもさることながら,「そういう描写が含まれるから苦手な人は棚に戻してね?」という警告の意味もあったハズ.制度ができて四半世紀にもなろうかという昨今,後者の目的が忘れ去られていたとしても全く不思議ではないけど・・・
 「不健全図書」とか,そういうちょっと不穏なレッテルだけど,あくまでも発禁ではなく「自重しろ」という意味なら・・・うん,あれは仕方ないわ(汗)ゐや,読者に対する注意喚起が必要という意味ではね.18 歳未満に対する規制が必要かというと黄色いシール如何に関わらずそこまでは厳密でなくても良いんじゃないかなぁという立場なんだけどね.ちなみに聞いた話によると今回のそれを審査する側もかなり詳しく読み込みをしていたとか.描写とかそういったところを.「エロ漫画鑑定士」とかそういう称号を付けたくなるような.

 というところで次は May11 の江差線の話を書かなければならないはずなんだけど・・・明日以降に.今日のトコロは某所の駅ノートだけ公開.原本は然るべきところに回収されたようなので・・・


 旗はもらいものです(笑)詳細は明日以降に・・・
 というかですね? あそこまで凄い勢いであちこちのノートに書き込みが増えていって.それなのにイラストは片手で数えられる程度しかない.なるほど「駅ノート絵師」と呼ばれる存在がどれだけ希有なモノなのかとちょっと考えさせられたり,させられなかったり.そもそも何らかのイラストを描けるというコト自体が特殊技能って話しもあるしね・・・


May20
 んで・・・そうそう,May11 の江差線最終日,行ってきましたよ.最終日はもとより,特に行く気はなかったんですよねぇ.繰り返しになるけど,これといって縁があるわけでも,思い入れがあるわけでもなし.ところが突然気が変わって,行くことにしました・・・というのが今月頭の話.何がきっかけだったかと問われれば,恐らくは今年の「えんじ色の二等客車」を描き上げたこと.今回の話の検証やら,数年後に描くことになるであろうネタやら,それらを大昔の記憶と経験だけを頼りに描きたくなかった,検証がしたかった・・・というのが恐らくはその理由じゃないかと.何のことかわかりませんか.わかりませんよねぇ・・・
 まぁそういうわけで 10 日は仕事上がりに仮眠を取って,荷物まとめて 2430 頃に出発.江差駅について 0500 ・・・なんだけど,温度計が3度を指してたんだよねぇ.なかなか冷える朝でございました.ちなみに江差駅前はイベントのため前夜から封鎖されていたため,車は近所の文化会館の駐車場へ.ゐや,事前の調査で,駅前駐車場が使えない場合はそっちに停めてくれというか路駐やめれ!という町の Blog 記事を見たもので・・・あたしが来たときは他の車は1台程度しか居なかったんだけど,少しずつ車が増えて昼間には満車になりました・・・

 まずは駅周辺をうろうろ.その後は朝飯の調達ついでにコンビニへ.もちろん朝刊各紙を買い込むことも忘れない.これが重要なんですわ.絶対に地元地方紙や地方版は鉄道廃止に関して何らかの記事を書いてるハズだから.というわけでほくほくしながら駅に戻ると・・・地元の新聞販売店のご好意により函館新聞と朝日新聞が山と積まれ「無料‐江差線廃止の記事掲載されています」と.損したなんて・・・思ってないっ!
 そして江差発の始発列車に「彼藍を積み込んで」出発.神明駅まで.山を越える手前の駅では周辺住民が待ちかまえて旗を振り,あたしの他にも結構な人数が降りて・・・なんだか湯ノ岱まで歩くという企画の一団だったようで.他にも車で訪れる人々その他を捌くための警備会社の人まで・・・
 そもそも廃止最終日の汽車にチャリなんぞ積む余裕があったのかと問われれば,ありました.ただし,江差からの一番列車だけ.他のスジはデッキまで満員で,チャリなんぞ持ち込めるような状態ではありませんでした.まぁ考えてみれば当たり前のことで.逆にそこまで狙っての行動ではありました.ちなみに写真にある旗は江差駅で始発列車の発車時にもらったもの.一日中あちこちで振って回りました(笑

 ここからチャリを走らせて,まずは湯ノ岱へ.駅には長蛇の列・・・なんだか補充券目当てのようで.そして配置された JR 社員,警備員,地元駐在警察官.旗を振る周辺住民.新聞記者.早朝の江差で会った鉄っちゃんは車でやってきた模様.そして Brompton.列車交換を見てから更に移動・・・したんだけど,ここでランデブーした列車の旅人がぶっ倒れ,隣の宮越から救急車で運ばれ列車は 20 分の遅れとか,まぁイベントに事欠かないというかなんというか.ちなみにここで出会った新聞記者の写真は後刻江差駅で配られた北海道新聞号外を飾ったわけですが・・・あたしは危ういところで画角外でした(苦笑
 そうそう,新聞記者の人が 28-300 なレンズを使ってたんだよね.プロでもそういうレンズ使うんだなーと.ゐや,むしろプロだからなのか.多少絵は悪くても,フォーカスできなくて使いモノにならないよりは遥かにマシであろうし.もちろんというかなんというかボディも1台ではなく2台持ちで,他方には大口径 28-50 が付いてましたけどね・・・

 湯ノ岱からチャリを走らせ「例の鉄橋」付近で Brompton と再びランデブー.なんかこう,走行性能に関しては ExpressTikit は文句無しなんだけど,畳んだときの大きさに関してはやっぱり Brompton は無敵だよなぁなどと今更ながら.でもどう考えてもあっちは走行性能が劣るんだよねぇ.この手のモノの上手い落としどころってどこなんだろう.フォールディングバイクからミニベロまでいろいろあるはあるけどね・・・
 更に歩を進めれば「天ノ川」駅.駅管理者が露店を出し,臨時郵便局がやってきて,そして路駐の列・・・せっかくなので記念切符を頂き,更に歩を進めて宮越.江差・湯ノ岱で出会った鉄っちゃんとまたもランデブー.「あとはシートを剥がすだけで使えます」状態で踏切脇にスタンバっている「列車は通りません」看板になんだかねーと言いつつ,更に桂岡.写真を撮り,さーて次行くかーと思えばここでまたもや江差・湯ノ岱・宮越でランデブーした鉄っちゃんが登場.しかも車ではなく,ママチャリで! ゐや,自分は ExpressTikit で走り,Brompton で回る人もいて,まぁそれくらいまでは予想していたけどまさかママチャリで回る人がいるとは思わなかったわ・・・ってか貴殿,さっきまで車でしたよね.そのママチャリはどこから? 車に積んでいた? 場所によって下駄を使い分け.そうですか・・・

 歩を進め,中須田.ちょっと待てば江差からの列車が来るようだということでここで列車を迎え撃つことに.ここにも地元の方々やら警備員やら警察官やら JR 職員やらが・・・
 そして汽車を追うように凄い勢いで走ってくる車列.窓から身を乗り出すように手を振る汽車の旅人.時刻は 10 時半過ぎ.「最終日」は,まだまだこれからです.

 Report は・・・続きます.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る