"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Jun11
 細かいことはどうでも良い.とりあえず JR-H は名付けに関してセンスがない.以上.
 そもそも道庁に話を投げた時点で「何やってんだあんたは」だったんだが・・・

 ところで.
 北に梅雨は無いなんて言いますが,何となく天候不順が続く時期はしっかりとあるわけでして.そういう意味では北はきっちり梅雨入りしております.
 して,今年はあちこちでドカ降りになっているそうですが,どうやらそいつが北にも来たようでして・・・北と言っても南の方なんですがという言葉を弄してみたり.大雨で「はまなす」がウヤだってさ.まーなんともなんとも・・・


Jun12
 揚げ足取りと言われるかもしれないが.
 題名や見出しといったものは大事だ.人の興味を惹くことができるかどうかということもさることながら,例えば論文であれば「あなたの探しているモノはここにある!」ということを正しくアピールできなければならない.忙しい合間に調べモノをしている誰かに足を止めさせ,全く関係ない中身を見せたなら唾を吐かれても仕方ないのである.同時に,ずらっと並んだタイトルだけ読んで「ほー,そういう話もあるのか」という理解をされることもしばしばである.
 同じことは新聞などでも言える.要らぬ誤解を与えず,正しくわかりやすい概要を示す見出しというのは非常に大事だ.
 テレビなどであれば話題の導入部がそれにあたる.

 前置きが長くなった.
 公共放送のこれだよ.
 「子どもへの使用が禁止されている」という話の導入を行っているけど,あたしゃこの話を最初に耳にして「はぁっ!?」と変な声上げちまったよ.そんなこと初耳だったからだ.もとい,厳密には子供に使うのはよろしくないということは理解していたが,「使っちゃならねぇ」というのは特定条件下での話だと理解していたからだ.先の報道も話の詳細をよーく聴くと「集中治療室で子どもへの使用が禁止されている」と,特定条件下での使用禁止であることをきっちり言ってはいるんだけど,何げに聞き流したらそんなもの耳に入るハズもなし.人々の意識には「子供には使っちゃならねぇ薬剤」という認識だけが残る.
 しかもあたしが目にした時は能書きの文書を手に入れてきて該当する注意書きが書かれた部分が大写しになっていた.その上で「子供には使用禁止」とのたまいおって「こいつわざとやってるんじゃねぇか?」と・・・

 で,大写しにされた文書の同等品がこちらで・・・1ページ目左上の方の赤枠部分にご注目.
 対して本当に「子どもへの使用が禁止されている」場合はこういう書き方になる
 後者はもうわかりやすくズバッと禁止.その理由に関しては詳細をいろいろ読んで欲しいんだけど,動物実験で幼生に投与したときに関節異常が認められ,ヒトの場合でも安全性が担保できないために使用禁止,こっち方面の正しい用語では「禁忌」という.
 では渦中の前者はどうかというと,特定条件下では確かに「禁忌‐原因はよくわからないんだけどこの条件下で死亡例が出ているから使うな」という書き方.そうでない場合は「適切な使用量もよくわからないし,使用量がわからなくて怖くて使ったことないから安全性もよくわからないんで,何か他の薬剤使ってね(てへっ☆)」という書き方.禁止(禁忌)ではないのだ.詭弁と言われるかもしれないが,このような書き方をした場合は「なにがしかの理由があり,発生する可能性のある不利益よりも治療効果の方が高いと判断される場合」は使っても良いという意味に解釈される.ふつーは.対して先の「禁忌」というのは如何なる理由があろうとも使っちゃならねぇという強い意味になる.意味合いが全く違うのだ.

 結語.
 見出しレベルでの話をするなら,別に件の薬剤は子供に使っちゃいけないモノではないので公共放送の勇み足.
 ただし話の詳細を開くと,どうやら使用しちゃならねぇ「特定条件」に合致する状況で使用していたようなので,やっぱり件の大学病院もアウト.

 敢えて擁護するならね,件の麻酔剤は調節しやすくて安全性も高い,使いやすい薬剤なのよ.あたしも今日扱いましたなぁっつーくらいに広く使われている.広く使われているだけに皮肉なことに事故例も散見されて,成人でもこいつで sterben ぶっこきましたーなんてのが時々ある.まぁきちんとコントロールしていなかったケースだけどさ.
 まったくね.


Jun14
 帰ってきて晩飯喰って,気が付いたら朝でした・・・というのが昨日の顛末というか何というか.ついでに昨晩締切だった原稿の提出を忘れていたことを今朝になって気が付くという体たらく.完成していたんで後は提出するだけだったんだけど,派手に寝落ちぶっこいたおかげで締切破りというしょーもない話で・・・さてさて,真の締切に間に合ったのかどうか.

 さて,一昨日・・・じゃなくて一昨々日の話の続き.こんな話が道新に.決定した駅名に違和感がある・・・は良いけど,それ東京視点じゃなくて北から目線じゃないのかなぁ.浸透はするだろうさ「新函館」としてサクッと.頭の「新」が無ければまた話は違ったろうにねぇ.

 続けて JR 話になるけど,こっちは悪天候続きで今日で3日連続の室蘭本線全線全便運休が宣言されるという状況で.もとい,苫小牧以西の,か.苫小牧から東は動いてたから.
 こういうときにこそ駅ノートのメンテに突っ込んで「人がいないのはいつものことだが,今日は汽車すら来ないぜひゃっはー!」とかやってみたいんだけど,悪天候ってコトは駅に続く山道もでろでろなわけで・・・まぁあんまりやりたくない話ですわなぁ.
 ってか3日も連続で海線全く走らないってのもまたねぇ・・・と.物流にも影響出始めてるし,そろそろいろいろ諦めて山線使うべきではー? なんつってたら,さすがに今日は山線臨時特急が1往復走ったらしい.夕刻以降は天候回復ってコトで海線の特急が何本か走ったそうで.
 ゐやゐや,北にもちゃんと梅雨はあるのですよ.そして本州方面がドカ降り梅雨であるように,こっちもドカ降りに見舞われるわけなのですよ・・・


Jun15
 結局,引きこもりで週末が終わるのです.何って,原稿描いてたから・・・

 いつぞやに「そこに直れ!手打ちにしてくれる!」状態になった新規導入のスキャナ.スキャナの下に 2x4 材を敷き,クロッキー帳のページに黒い紙を挟むことでとりあえず下描きを取り込む分には使いモノになるようになりまして.えぇ,1x4 じゃダメでした.ってか最初から平らなところに置いてます.ついでに裏写り以外の理由で黒い紙を使うことになるとは思わなかったわと.「絵を取り込んで公開する」レベルで使いモノになるかというと・・・更なる検証が必要そう.
 ゐやもぉ対して値の張るものじゃないし,とっととどこかに流してもっと高級なの買えって声も聞こえて来るんだけど,長辺方向に開いてくれるのがやっぱり使いやすいのですよこれが.えぇ,上位機種が長辺方向に開いてくれたらこんなもの窓から投げ捨てて乗り換えですね!(ぉ
 なんというか,安くなるのは良いんだけど,質まで落としてどーすんだと・・・


Jun16
 合同誌のタイトル候補を表紙ラフに貼り付けながらどの候補が良いか,どういうレイアウトが良いかと悩み・・・また別の合同誌の原稿を進め・・・一段落付いたからと夜食を作り,新刊情報なぞ漁っていると突然ネットワークが落ちる,と.
 いろいろ見てみると,どうやらハブがお亡くなりのご様子で.とりあえず何故か同型機がもうひとつ手許にあるので,サクッと交換してネットワーク復旧.今まで使っていた方は良い機会なのでマイナスドライバーをブスッと.コンデンサを初めとして外観異常はないんだけど・・・というわけで組み直して再びネットワークに接続.一応動くには動くんだけど,数分すると音もなく転ける.ゐやまぁ元々音を出すような輩ではないが.特に熱を持っているわけでもないし,こうなると・・・・・まぁ寿命かねぇ.ざっと見て 10 年弱稼働してるしねぇ.

 ・・・ルータも今のうちにスペアを用意しておいた方が良いのかねぇ・・・結構特殊な機材というか,レアモノ使っているが故・・・


Jun18
 素で書き忘れるわ,忘れてなくても「とっとと原稿進めにゃー!」状態でそれどころじゃないような気がするという.しかしまぁ囀り場なんかはちょっとした隙に放り込めるからそっちは通常運転という・・・うわぁ,なんかやだなぁそういうの.
 あたしが主催している方の合同誌はぼちぼち完成稿が出てきたり,調整が必要なんだけどどうしようというのが送られてきたり.編集技量を試されておりますわぁ・・・なんだけど,これがまた Photoshop だと思った通りのコトがサクッと・・・とは行かないけどまぁ試行錯誤しているとできてしまうんだなぁ.高価かっただけのことはあるわぁ・・・というのはさて何度目か.Suite に入ってる Illustrator は全く使いこなせてないし,昨秋の合同誌と違って今回は InDesign の出番はなさそうだけど.それにしてもゐやゐや!

 ・・・次回更新,多分 21 日です.ギルドの会合とかギルドの会合とか・・・


Jun19
 ギルドの会合・・・なかったよ.こんなことなら宅配便の再配達呼べば良かった・・・
 それじゃあ執筆も進んだのかというと・・・・・えー,ようやくエンジンが温まってきました,みたいな?

 ・・・なんつーかこう,なんつーかこうでねぇ・・・



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る