"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Aug2
 絵は上げても,ここの更新は忘れて寝に行くという昨日のあたしなのでした・・・

 というところで唐突にチャリの話.
 白麗のハンドル廻りをがっつり換えて以降,どうにもハンドルが遠いような気がしてね.って実際に遠くなってるから当たり前のことなんだけど.ついでにハンドルバーも細い気がして.なんとかならんかなー,ステム短くすべきかなー,バーテープ二重巻にしたら違うかなーとかいろいろ考えてたんだけど,このところ仕事から帰ってきてから部屋のまわりを1周して帰ってくるということを繰り返していたらふと閃くモノがあって.
 サドルを 10mm 前に.ステムを 20mm 下げ,ハンドルバーを少し起こす(測定不能).
 この3つを一気にやってみたらサクッと全て解決しました・・・・・問題が解決する時ってこういうものだよねぇというか,ハンドルが細いかもという違和感共々ポジションの問題だったんですねぇと.全く奥が深い.

 で,今日は夜明けと共に起き出してきて土曜出動 with 白麗.しかも行きがてら峠を攻めるという,いわゆる「エクストリーム出勤」を敢行.っつーかこの時期に峠攻めなんて日が昇ってくる前にしかできません.昼間にやったりなんかしたら命に関わります.冗談抜きで.
 というわけで峠の上で写真を1枚・・・なんだけど,まぁ適当でいいかと多機能情報端末で撮った1枚だけ.っつーか酷い写真だねぇ.ゐやあんなものおまけ機能でしかないってのはわかっちゃいるけどさぁ・・・ちなみに先の May13/14 の写真はいつも持ち歩いている7年オチのコンパクトデジカメ IXY D10.古い機種だろうがカメラはカメラ.比較にならんほどいい仕事してくれてますな.

 んでそうそう,この峠.1ヶ月前にも炭兎でアタックしてるんだよね.チャリ屋に初期点検に持って行きがてらにさ.ヒルクライムだから坂道に強い 29erXC - 炭兎の方が比較的楽で,ロード - 白麗は辛いかと思っていたんだけど,実際には白麗の方が遥かに楽でしたわ・・・・・どういうことなんだろうねぇ.車重か,タイヤか.少なくとも車がばんばん通るような舗装と角度なら・・・ということのようで.ゐや,あたしでも意外だったわ.ついでに GPS 観測による下りの最高速度も白麗の方が 20km/h ほど速かった・・・炭兎の時も全力で下ってたんだけどなぁ.
 ともあれ,今日の走りのおかげで5月の某走行会で醜態を晒して以来ちょっと考えていた「乙女ギア換装」はちょっと考え直すことに.あれは貧脚が原因じゃなくて,準備運動が足りなかったことが原因で間違いないわと.例えスプロケ換えても同じ醜態を晒すぞという結論で.実際に構成換えずに今日は峠を登ってきたからねぇ.しかも「先日より楽だった」と.

 ところで口内炎(複数)と口角炎の同時多発テロに悩まされておりまして.「夏」が確実にあたしの命を狙ってきていますね・・・いつになったら収束するんですかねぇ,この気象災害は.っつーか連日あちこちで死人が出ているこの状況に,政府は何をしているのかと毎年吠えているわけですが.


Aug3
 まぁこいつを見てくれ.白麗の部品だ.どう思う?

 ゆい姉さんもびっくりだ.まさか樹脂製の歯車とは.これはこれで利点があるらしいというか,敢えてこの素材らしいんだけど,駆動部品にベアリングも何もなしってのは正直どうなんだろうかと・・・それで不具合があるかと問われれば,それで何 Mm と走っている訳だけど.サードパーティーからここの部品が地味に発売されている理由をよーく理解したわ.ドレスアップやら数グラムの軽量化に血道を挙げているわけじゃなかったんだね・・・
 というわけでまぁ,休日なのでチャリいじりをしばし.ぶっちゃけ保温性の良すぎる部屋の中より,屋外の日影=具体的にはガレージの方が快適なので.そんでまぁこの辺の分解掃除やらなんやらをやっていましたとさ.グリスもパーツクリーナーも揃ってないもんで,できるところは少ないんだけど.工具共々追々揃える感じで.
 ところでグリス除去剤の名前にいろいろ揺らぎが見られるのね.あれはグリスを除去するもの De-Grease-(e)r だよねぇ.digríːsə,-zə,-sɚ,-zɚ.正しい発音でもある程度の揺らぎが見られるようだけど,さすがにクに濁点が入らないモノはないわぁと・・・
 Tiagra はこんなんだけど,Ultegra はちゃんとベアリング入ってるらしいっすよ・・・

 んでまぁこの歯車は良いんだ.素性が知れてるから.実は白麗には素性のよくわからない部品が仕込まれてましてね・・・なんと車輪のハブ.ゐや,cycleurope の Site 行けば「こういう部品」ってのは出てるんだけど,いくら探してもその部品の製造元の情報が出てこない.ネジ1本歯車1枚とかそういう話ならともかく,単体で「装置」と呼べるレベルのモノでその胡散臭さってどうなのよ.というわけで攻め方を変えて評判に関して調べてみたら思いっきり
Heavy, weak engagement, rear is junk.
重いし,信頼性も低い.リアに至っては敢えて言おう,カスであると!
 なんて具合で酷評もいいとこ.どうやらあたしがよくわかっていないだけでカスらしいです・・・それじゃあ何か組み換えるとしたら何が良いのかね.ロードだけどディスクブレーキ仕様の 135mm だし,DeoreXT とか? つって調べてみれば「組み換えるならもっと良いのにしたら?(英語)」と.ゐやぁ,画面の向こう(ついでに海の向こう)の人々は高級志向ですわ.でもまぁ確かに同じシマノでも今は CX75 シリーズとかあるしねぇ.ゐやまぁどんな部品で組むにしろ組み替えとなれば結構な出費になるし,やらんけどさ・・・グリス換えるとかそっちの方が手っ取り早く効率は上がりそうだし.

 そうだ.ペダル換えた話.良いねぇ,足がカッチリ填って動かない.填りすぎて良いポジションにずらすことができなくて苦労するくらい.っつーか靴底が負け気味(爆).おまけにビンディングでもないのに停車時に片脚でペダルを上げてくることができるくらい.っつっても本当に固定されている訳じゃないんでちょっとした力を入れる向きのコツが必要・・・ってこれそのまんま「正しい踏み込み方」なんだよねぇ.そして踏面が大きいので力も入る・・・・・気がする.気がする.むぅ.とりあえずピンを間引いたり,スペーサーかますなりピンを換えるなりしてもう少しピンを短くしても良いかなぁと.大事なことなので2度書くけど,靴底が負け気味なので(爆)


Aug4
 室温 33 度.
 まぁ数字はともかく,この感じなら今年も扇風機を出さずにこの苛烈な気象災害を生き抜くことができそうだ.ゐや扇風機出すと場所取るし,紙は飛ぶしで・・・ねぇ.冷房? 北緯 43 度の当地においてそんなものを装備しているなんてどんなお大尽様のお屋敷ですか.北緯 35 度の実家にすらそんな装備なかった気がするぞ.っつーかあの家,昔の建築で断熱なんて皆無だから・・・逆にこの部屋は日当たりと蓄熱が良すぎて夏はとんでもないことになるという・・・

 んで,そろそろ夏コミの宅配搬入が受け付け開始ってコトで準備をしているんだけど,毎度毎度悩むねぇ,どれだけ持っていくかって話は.毎回過去の実績を見てこれくらいかなーって数を持って行くんだけど,どうにもそれが裏目に出るというか.あたしの数字の読み方が何か間違ってるんかねぇ・・・とりあえず2日目の二次創作は「無慈悲な搬入」,3日目の一次創作は「まーこんなもんだろ」というくらいで搬入することに.
 ってかもう一冊コピー本作る予定だったんだけど,暑さでいろいろ動きが滞っているもんで進捗ダメダメですよ・・・ってか帰ってきてから寝るまでの水分摂取量が 1.5L 超えてるくせに「水がほとんど出てこない」んだけど.もしかしてこの環境,身体に相当無理がかかってる?
 やっぱりとっとと終わってくれ,夏・・・そして二度と来るな.


Aug5
 なんというかこう・・・余裕ないんだよねぇ.
 いろいろ諦めて扇風機出した方が逆に能率上がるんだろうか・・・


Aug6
 今年は特に暑い・・・・・という感覚はないんだけど,暑さが原因としか考えられない屈辱を味わいまして・・・Lavender が枯れましてね.ゐや,株が弱っていて寿命とかそういうことならともかく,そうでもない理由で枯らすなんて何年ぶりというか何十年ぶりというか・・・少なくとも北に転地してきてからは記憶にないぞ.大昔に東京の夏相手に負けて何本も枯らした記憶はあるけど.
 まったく,植物は枯れる,これまで飼っていた実家のペットも死ぬのは大半が夏だ.あたしにとって夏とは苛烈な死の季節なんだわ・・・

 死んでまいましたといえば理研の笹井芳樹氏が自殺を図ったという昨日のニュースは衝撃だった.同じ分子生物畑を耕した人間としては「何でだ!」以外の言葉が見つかりませんわ・・・ほんと,どうしてこうなった.
 「世紀の大発見!」→実は誤報でした・・・なんてのはこれまでにもいくつもの例がある(ハズ).分子生物学の世界に限っても,だ.しかしここまでの話なんて寡聞にして知らない.世紀の発見と大騒ぎになり,正確性に疑問と騒ぎになり,故意か過失か捏造疑惑なんてモノまで持ち上がって大騒ぎになり,しまいにゃこれか.
 溜息しか出んよ・・・・・合掌.


Aug7
 昨日の話,ちょっとだけ続き.いくつか読んだ中では東洋経済オンラインの記事が最も研究者寄りというか,研究の世界がわかっているように見受けられたのでちょろっと紹介
 ところで気になるのが一部報道にある「このところまともな受け答えができない状態だった」という話.「憔悴のあまり言葉が出てこない」という記事もあれば「薬の副作用で呂律が回らない」としている記事もあり.どっちが正しいのかはよくわからないが,騒ぎのせいで急性ストレス障害状態だったという話もあり・・・まぁそんな話がなくてもそういう状態に陥っていることは容易に予想が付くんだけど.そうなると後者の話が余計に気になる.一体何を喰わせていたのかと.ちょっと薬歴見せろと.
 あたしも職能的にこういう場合に何を使った可能性があるのかってのは大体予測は付くんだけど,それが正しいのかどうか,自分の仮説と事実が異なるとすれば実際はどうであったのか.そもそも薬や病状と自殺の間に関連性はあるのかと・・・興味深い症例ですなぁと,「まともに受け答えができない状態」という話からパタパタと頭の中でここまで組み上げてしまう自分の頭も,彼らと同じような「研究者気質」なんだろうなぁと.もっともあたしは彼らと違って無能だったために野に下りましたが・・・・・と.

 さて.
 何もなくても不定期更新状態のような気がしますが,明日以降,冬コミの申込が終わるまで・・・を目安に不定期更新に入ります.夏コミに向けて追い込みをしなければならないので・・・



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る