"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Mar7
 いつものアレ.行きが Feb28 で帰りが Mar2.
 763,CTS 01L → HND 34R.Rolling.
 763,HND 34R → CTS 01R.Rolling.

 具体的には行きも帰りも JA601A,つまり同じ個体の同じ席に当たりまして.おぉぅ.
 そしてまぁ Feb2 は青森上空で遊覧飛行,Feb14 は大量の遅延予告メール.2度あることは3度あり,2月末から3月頭にかけてというのは毎年「厳冬の終わりを告げる大嵐」が来る時期でして.新千歳も1〜2日使いモノにならなくなるんだけど・・・Feb28 が見事に気象台発表の「嵐が来るぞー」に当たりまして.あちゃーと思っていたんだけど・・・石狩は無事でして.まぁなんとかフライト自体は行きも帰りも無事で.ただし Mar2 は「朝に東京を出てその足で仕事場に向かうエクストリーム出勤」だったんだけどこの日の北はものすげー勢いで気温が上がって街中水浸し・・・重い荷物を背負って足下も酷い状態で死地(仕事場)へ向かうって,どんな苦行だと.
 てわけでいつものラクガキはこんな感じになると.大嵐の Feb28道民だって今は節電だなんだでこんなアホみたいに暖房を炊きゃしねーぞという東京からの Mar2

 んでそうそう,Mar2 のフライトが遊園地のアトラクション的でねー.羽田も新千歳も慣れてない人には涙目フライトで.34R departure だったんだけど江東付近の何かを避けるようにして頭を南に振りながらの上昇でさ.おかげで普段は見えない空港が眼下に見えたり,航路が少し東に寄ったおかげで普段は「これか?」っつーくらいの「線」にしか見えない神経性 新京成初富大カーブが高架化工事の様子がはっきりわかるほど見えたり.ところで新鎌ヶ谷駅って平成に入ってからできたって事実を知ってると,あの線形はなかなか謎だよねぇ.ゐや理由も知ってるんだけどさ.

 GLFes も行ってきました.まともに参加するのは第1回開催以来のような気がするですよ.アレは6年前のことですよ.
 で,フライヤー撒いたんですが,昨年夏に飛ばしたゆゆ式合同誌の「2期」をやります.参加締切5月,原稿締切6月.夏コミでの発表となります.同時に在庫払底している昨夏の「ゆゆすき」の増刷も行います.ゐや,どうしようか悩んでいたんだけど GLFes に ZIN の同人統括の方が挨拶に来られて,その結果自分の中で「刷らない」という選択肢が潰えまして・・・・・

 さて.いろいろやらなきゃですわ.でも今日は久々の休日らしい休日なのでまずは休息を・・・ゐや,最近主たる収入源たる仕事がアレで.先月は 20 世紀以来破られることの無かった「俺的給与明細の数字の最大風速」記録を塗り替えまして.今月はその最大風速記録が更に塗り替えられることが既に決定しているという状況で・・・ゐや,「忙しくて給与明細の数字が増えるなんてホワイトじゃねーか!」なんてツッコミも受けるのですがね.


Mar9
 どうも.休養と部屋の片づけと執筆のために3ヶ月くらいのバカンスが降ってきたりしないかなーとか考えている水瀬雅美でございます.

 さて,今だから語ろうのコーナー.ちょーど1月前に左臑を強打した話をここでも書きましたが.今月頭くらいまで圧痛が残っててねぇ.まぁコブ状になるわいつまでも圧痛が残るわなんだかなーとゆーておりましたら・・・えぇ,現在の状況証拠的に「骨にヒビが入っていた」という結論に至りまして・・・どんだけ強打してるんだと.っつーかその強打した部分がスネですぞ.なんかいろんなモノに対して鈍くなってきているような気がするのですよ.

 で,久々の休みらしい休みと書いたように,昨日は休日.今年は2月に全くと言っていいほど雪が降らなかったおかげで雪が消えるのが早く.これならロードでも走り出せるな〜というわけで引っぱり出そうと思ったんだけど・・・昨日は雨でして.っつーかうちの白麗(しろうらら)が右写真のような状況でして.
 昨年も「秋口に朱鞠内に行って,輪行形態にバラしたまま春まで」という状況だったけど,今年はそれ以上にバラバラ.BB ごとクランクがはまってないし,ディレイラーは前後ともなし.わかる人でなければ一瞥して自転車と認識することすら難しそうな状況.ついでにシフトレバーも片方どっか行ってて,画面外に落ちてるホイールからはタイヤも抜かれてる(画面左奥).秋口のあたしは何をやっていたんですかねぇ・・・まぁ春に向けてぼちぼち整備して行きますがね.


Mar12
 ダイヤ改定は明後日.つまり定期の北斗星は明日の発車が最後.だけど明日を最後にズタズタになる北陸本線を経由するトワイライトは明日を超えて存在できない.即ち今日の発車分が最後・・・と.少なくとも団臨以外では.

 というところでそのトワイライト.チケットが転売屋の手に渡った上に高額で取り引きされ・・・ってなところだけでも何だかなぁな状態なのに,昨日一昨日と荒天のためウヤになって「転売屋から買った人,乙」と囁かれる状態に.これまたなんだかねぇ.
 えー,どういうことかというと.列車が運休になりました.まぁそれは良いとしよう.列車が運休になるのでチケットは払い戻しになります.ところが転売屋から買った人は何十万と積んで買ったのに,払い戻しを受けられるのは当然ながら正規の値段分だけ.列車に乗れなかった上に何十万と吹っ飛ばす結果となるわけで.しかもそれだけならまだ良い.出回っているチケットには「C制」のものが数多く含まれる.こいつはカードを使って払い出されたチケットで,払い戻しの場合は現金ではなくカードへの返金処理となる.そのカードの持ち主とは?転売屋だ.つまり転売屋からチケットを買った人は列車が運休になっただけではなく,払い戻しを受けても自分の手許には1円たりとも戻ってこない.ご愁傷様である.
 まぁ誰が悪い奴かと言えば間違いなく転売屋.しかし買う方も買う方で,何十万と積んでも手に入れたいというような輩がいるからこそ転売屋も出て来るという「鶏か玉子か」的な話になってくるわけだけど・・・こういうのってダフ屋行為に当たらないのかねぇ.国レベルの法で縛っている訳じゃないから取締も難しいのかねぇ.

 という中で昨日出てきたニュースが「トワイライト最終列車の切符窃盗容疑」で逮捕者と.話をまとめると,函館駅に停車中の北斗星車内で財布を盗んだと.財布の中には最終便を含むトワイライトの往復チケットが入っており,こいつを転売しようとしたところから犯人の足が着いたと.まぁそれもどうかと思うが,盗まれた方の素性も興味深い.長岡市の無職少年 17 歳.財布の中にはチケットの他に現金 13 万円.
 どこの道楽息子だと・・・なんつーかこう,どこまで行っても「どっちもどっちだなぁ・・・」という溜息しか出てこないのは何故だろうか.

 トワイライトの名は今後登場するクルーズトレインに受け継がれるそうだけど・・・どうもあたしゃあの類には食指が動かないんだよなぁ.ひねくれ者なものでね,ゴージャスとかそういうのには興味ないんだ.仕事絡みの移動とか,そういう「日常」にはビジネスクラス的な少しの余裕が欲しいけど,ちょっと旅に出るとかそういう「非日常」になら開放B寝台くらいのちょっと窮屈なくらいがちょーど良いと思ってるのだが.そもそも「周遊列車」って時点でもう琴線に触れんのだ.結局戻ってくるんかい!的な.
 この辺,もやもやっとした何かは既に「えんじ色の二等客車」のネタ帳にいくつか記載があるんだよね・・・いつかカタチにできれば良いなぁと.

 ともあれ.良きに付け悪しきに付け,時代の節目ですなぁと.


Mar19

 思えば遠くへ来たもんだ,の 21 周年.
 この Page も 20 年を前にして「基本的に毎日更新」を遂に諦めたとかね・・・そんじゃ囀り場の方では活発なのかというと,そっちもそういうわけではなく.書きたいネタはあるんだけど,じっくりまとめるだけの余裕がない.忙しいとか時間がないとかいうのは多分正しくなくて,どういう訳か余裕がないというのが恐らく最も真実に近い.
 もぉこのところ仕事の拘束時間も長くて,先月なぞは給与明細の「課税支給額」が残業代で稼ぎまくりの SE 時代から十余年ぶりに最大風速を更新しましたってばさ.ちなみに今月はその最大風速記録を更に塗り替えることが決定しています・・・「拘束時間伸びて最大風速が伸びるなんて,なんてホワイト組織だ!」なんて声もあるんだけど,ゐやそれ以前.10 年以上の時が経っているのに最大風速が塗り替えられることがなかったほど賃金が上がっていない方がどうなっているんだという気がするのだが・・・ゐや,「バブルを知らない子供たち」であるあたしの世代,当然昇給なんてモノも知らないわけなんだけどさぁ.
 腹いせに液タブなんてものを手に入れた.ペン入れに劇的な効果が見込めるというんだけど,これで効率化が図れればいいなぁと.

 ところで奥さん,昨年の北ティアに続いて陸奥ティアだそうですよ・・・


Mar26
 そういうわけで春ティアのスペース通知が来まして.N29b です.
 May4 の Little“T”Star! も配置未定ながらスペースがもらえることは確定しているようで.
 共々よろしくです.

 新刊は5月恒例の「えんじ色の二等客車」.4輌目もしくはその8・・・「夜色の世界地図」.こんな状況ですが,まぁきっと何とかなるんでしょう.何とかしなきゃいけません.で・・・・・はぃ,ページ数多いです.いつもの 24p 構成に収まりませんでした・・・が,密度はいつも通りです.たぶん.

 なお,向こうからのアナウンスは出ていなかったと思われですが・・・ティアの出展リスト見ての通り,「虹の卵」は5月イベントは全て欠席です.まっさか東京のイベントにひとりで乗り込んでいく日が来るとはなぁ・・・って,前々から二次オンリーだのコミケの二次島だの秋ティアだのひとりで乗り込んでたか.何を今更なんだけどさ.

 んでもぉ最近いろいろ疲れ切ってしまって・・・学歴だけなら「高等遊民」の資格があると思うんだけどなーとか.ゐや,現実問題生きていけんので明日も明後日もどうにかして生きて行くんだけど.残業時間が云々とよく言われるけど,仕事のきつさは拘束時間とは必ずしも相関しないよなぁと.週 40 時間を超えた分を「超過」とした場合,それが月で 100 時間超を当たり前に数えたH大研究室時代だってこれほどのきつさは感じなかったわけで・・・・・はたまた自分が衰えているのか.いろんな意味で,さ.
 ところで左肩と左腕が痛いのだがこれは何なのだろう.いつもペン入れに入ると左肩が痛むほどガッチガチになるんだけど,ペン入れ前からこれとは・・・あー,まぁ描きたくねーんだなーきっと(苦笑


Mar29
 やる気さえあれば身体は動くし耐えてくれるんで,体力は大丈夫.ダメなのは気力の方かと.肉体疲労時の云々とかいう栄養ドリンク的なモノは世の中溢れているけど,気力が落ちている時ってのはどうやって補給すれば良いんだ?
 なんつーかこう,仕事の休みじゃなくて,とにかく執筆も何もかも放り出して数日ぼーっとしていたいという,そういう感じだなぁこれは.

 さて.いつもの駅ノートメンテに行ってきまして.いつもの Report はいつものところで・・・ゐやゐや,今日も今日とて直登ルートだったんだけど,雪が消えちゃったもんで辛い辛い.壷足で十分だけど,時々ズボる.かといってスノーシューだと却って歩きづらい.っつーか笹藪が・・・という.まぁそれでも国道から 20 分で歩ききれば十分に速いんだけどさ.そもそも一般的には徒歩では無理と言われているくらいなんだから.
 で,まぁ雪解けが早いせいかいろいろありますわぁな.特に駅周辺.駅の結構近いところにシカの糞がゴロゴロ転がってたり,駅構内にキツネの足跡が残ってたり.「駅周辺」じゃなくてズバリ「駅」では虫やリス,カラスくらいの大きさを超える動物は痕跡すら見たことがなかったけど,時期やなんかを選べば実は出没しているのかなぁと.
 というところで気になるのが昨年の熊出没騒ぎ.「真犯人はカラスじゃね?」ってことで概ね決着が着いているんだけど,ひとつ疑問が残っている.「模型のケースに爪痕が」という件.さすがにそれが事実だとすればカラスではあり得ないわけで.
 まぁ道内の山なんてどこに分け入ったって羆出没の可能性はあるとされるわけで.実際に「駅周辺」ではこれまで幾度と無く羆の痕跡を確認しているし,今日も山の中腹で羆の足跡らしきものと遭遇している.しかしそれが「駅」に出没するかというと・・・なぁ? というのが大方の理解だったんだけど.

 今日の帰途,駅のすぐ近くでちょっと気になる樹に出会って.こんな感じなんだけど.まぁ見ての通り樹皮がボロボロになっているという.地上数十センチのところから,結構上の方までボロボロに.小さな穴やら傷やらもあるし,枝の部分を避けていること,ダメージを受けているのは幹だけであることから樹の病気とかではなくて野生動物にやられたと考えるのが自然.では何者の仕業か.
 最も可能性が高いのはシカ.あいつら樹皮喰うんだわ.だけどシカがやったにしては綺麗にやられているし,やたら高いところまで剥けているし,根元に剥がれ落ちた樹皮が山になるんだっけ? ちなみに樹皮の山の下には残雪があり,つい最近やられたことがわかる.樹に残った穴や傷に関しては,鹿の角が当たって傷が付くことがあるそうだけど・・・この時期,シカに角って生えてたっけ? 当たったとしてもこんな穴っぽい感じになる?
 ちなみにこのあたりにはよくキツツキの仲間を見かける.見かけるんだけど樹に穴を開けても樹皮を剥がすことはないのでこいつは却下.大体,木の上の方はともかくこんな根元の方に大量に穴を開けるってのはちょっと考えにくい.
 では羆か.確かに爪で引っ掻いた痕と考えるとそれっぽく見えるし,実際に樹を引っ掻いていくことがあるそうだけど,ふつーは本当に引っ掻き傷を残すだけでこんなべりべりと樹皮を綺麗に剥がしていったりすることはないみたい.まぁ本州のツキノワグマなんかはスギの樹を剥がしていく(樹液を目当てにというのが定説らしい)ことがあるそーだけど,この辺に居るのはヒグマで,この樹は・・・エゾマツ?
 高さに関しては地上から 2.5m くらいのところまでと,そこから上で傷のパターンに違いがある.子グマは樹を登れるそうだけど,成長すると体が大きくなって登れなくなるそうだからまぁ理屈に合ってるっちゃ合ってるけど,あんな上まで登るもの? やっぱりクマとも考えにくい.

 どうにも判断付かずに礼文華の森林管理者殿のところに写真を持ち込めば「シカじゃね?」と.確かにシカと考えるのが最も可能性高いけど,それじゃこんな上の方まで剥がされてるのは? ・・・結論出ず.
 で,帰ってきてから調べてみれば「樹皮剥ぎの見分け方(岐阜県森林研究所)」ってのを見つけた.これに照らせば犯人はシカで確定.シカで確定なんだけど・・・大分上の方まで剥がされてるのは何故? 無数の小さな穴は虫食いか何か?
 なんというかこう,どいつが犯人だと言われても,どこまでも納得がいかない.何なんだろうねぇ.

 とりあえず,自分の中でどこか疑心暗鬼的になっていることと,駅にヒグマが出る可能性はやっぱり否定したいよなーという心理があることは理解した・・・はふぅ.


Mar31
 長らく動きがなかったもんで本当に久しぶりの,室蘭本線 23.6kp 観察記録〜♪
 ちなみに前回はこちら.実に1年半ぶり・・・

 で,昨秋に例のマクラギが遂に交換されたようで,新しいモノになってました.画面左側の方の楔状のモノが「これで良いのか?」な感じの施工になってますが・・・まぁこれで良いんでしょう.たぶん.ついでに隣のレール接続部の金具も新しいモノになってます.見た目の特徴的に,レール接続部分のマクラギは以前と同じモノのようで.
 ってーか素人目線ながら状況を見るに,ここの PC マクラギが破壊されるに至った原因ってすぐ隣のレール接続部に何か不具合があったとしか思えないんだよねぇ.具体的に何がと問われればなんともなんだけど.で,その隣のマクラギってのが散々叩かれた木製.この一帯,基本的に PC マクラギ使ってるんだけど,レール接続部分だけは何故か木製なんだよねぇ.どーしてそんなことになっているのかはよーわからんのだけど・・・とりあえず今度こそは大丈夫っぽいなぁ?

 あたしが初めてこの部分の異状に気づいたのが2年半前.これ本当に大丈夫なのか? なんつってたらどうやら大丈夫ではなかったようで,その後の JR-H のボロボロさ加減は皆様ご承知の通り.あたしにとって感慨にも似た何かを覚えさせるポイントに決着が付いたわけですが・・・この先どーなるんですかね.経営立て直しの旗印の下にサービスはどんどん低下し,しまいには「路線廃止も辞さない」とか言い出すし.

 ねぇ.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る