"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Aug1
 NRB が火災かぁ.なんだか中身は全部黒こげになってそうな勢いだよね・・・あたしも過去に何度か世話になったんだけど.ってか専ら二等寝ユーザーだったあたしには快適な船だったんだよぉ.「えりも」や「おおあらい」は云うに及ばず,「みと」や「つくば」も話にならない・・・ゐや,車輌甲板から客室との間を行き来するのにB甲板の外側を通らなければならないって欠点があったか.とはいえあの快適な客室は・・・
 ゐや,院の博士後期課程以降くらいからか? 忙しくなって NRB も NRL も選択肢から完全除外で空飛ぶようになっちゃったんだけどさ.ってか航送料金の高騰で値段的な旨味もなくなっちゃったしね.

 して,奥さん.次にデスノートに名前が書かれたのは石勝線・十三里だそうですよ.まぁ・・・そうなるよねぇ.ってかそっちが名前書かれるなら東追分も信号場格下げかい? そのうち信号場まで整理されそうな勢いだね.「除雪要員送り込むの大変だし列車も減便と低速化だし,滝ノ上,オサワ,ニニウ 清風山,東占冠,串内,新狩勝あたりはもう良いんじゃね? ついでに石勝高原 トマムと広内も」とか言い出したりとかさ.
 で,十三里に関しては「平均利用者数 0.4人・日-1,過去6年間に発行した定期券は1ヶ月のもの2枚」とかって詳細なデータが出てるのに,某駅に関してはイメージを先行させて詳細なデータを出そうとしない(らしい)ってのがなんだか気になるところだよねぇと.

 にしてもどんどん数が増えてきて,そろそろ一覧表とか欲しくなるよね.無人化なんてのもあちこちから聞こえてくるし.無人化といえば室蘭本線・鷲別無人化の話を最近ようやく室蘭民報が取り上げて「地元の話なのに遅すぎるわっ!」とか総ツッコミ喰らってたなぁ.確かにその話は大分前から出ていたよね・・・
 なんつってたら今日の集中豪雨で下白滝〜丸瀬布間で路盤流出.当面上川〜遠軽間は全列車ウヤだってさ.夏休みで白滝シリーズ行こうとしていた人たち涙目だなぁ.ゐや,どれだけの人が汽車で行こうとしていたか知らんけど・・・あたしも廃止騒ぎとかなければこの秋は自転車担いで上白滝行こうと思ってたんだけどねぇ.上川に宿取ってさぁ.

 まぁそれらはそれら,これはこれとして,こんなモノに手を出してみた.はぃ,車番は印刷済みです.そういうことです.
 はっきり言って現物は函館までじゃ全然役に立たないんだけどね.それで夜行列車が消えたり貨物が滞ったりすればむしろ不便になるだけで良いことなんかこれっぽっちもねーんだけど.ついでに資源も東京に持って行かれるし.
 ってかこいつさ,編成中にパン2本だけってところまでは許すとしても,実際の走行中に上げてるのは進行方向後ろ側の1本だけなんだぜ・・・そのたった1ヶ所からあれだけの挙動を可能にするだけの電力を吸い上げてるんだぜ・・・・・素人的には驚異なんだけど.
 んで笑っちゃったのが,このセットの中に北海道シンカンセンのパンフレットが入っていたことなんだよね.えぇ,あたしの生活圏では配るほど溢れてますわ.珍しいものでも何でもなく.ところが,当地を離れればこういったものに興味を示す鉄道ファン相手に,おまけとして付けて喜ばれるモノなんだなぁと.パンフレットに限ったコトじゃないけどさ,観光で売ってる土地というか,観光を売り込まなければならない土地というかとしては重要な視点だよね.しかるに!今日のJ(一般保護例外です.強制終了します


Aug7
 てなわけでお品書き的なやつです.もしかするとここに出ていないモノがあったりなかったりするかもです.

 「コミケ前に冬コミのカット上げないと,YOU 死ぬよ?」フラグが立っていて,この時期でもなんだかバタバタしているという有様です・・・


Aug17
 夏コミ終了です.お疲れさまでしたありがとうございました・・・・・ゐやもぉ本当に.偽壁配置でも誕席はさして広くないというのがよーくわかった.ゐや,使い方が悪かっただけなのかもしれないけど.周辺全部知り合いなのを良いことに島中席の後ろ側をちょろっと使わせてもらったりね.お隣さんもちーと苦労していたようで・・・
 ってかこの世界にいて結構長いハズなのに,初めてづくしでしたわ.偽壁配置も初めて,朝来てブースにダンボール箱が5つも積まれていたなんてのも初めて.おまけに「ね」社大箱3つ分近くを当日手搬入しているし.そしてそれが3日目の終了時に戦利品とあわせて全部で4箱も搬出するという史上最大の搬出作戦・・・・・ゐやゐやもう.
 そうそう,スペースがなくて椅子は一切使わなかったのよ.朝来たらとりあえず椅子を邪魔にならないところに置いて,閉会までそのまんま.1日中手伝いに来てくれた子とふたりで立ってた.こんなことも初めてだ・・・

 まぁ史上最大の搬出作戦・・・に関しては,ぶっちゃけ搬入過多だったわけなんですけどね.なんというか規模が大きくなってくると「ちょっとした」需要の変動で箱ひとつ分くらいズレるようになってくるもんで・・・それが売れ残ったり,最終的に売れ残りはしなくても単に「搬入して搬出するだけ」になっちゃったり,もしくは需要に応えられなかったり.
 うちは今回たまたま配置の関係で偽壁になっただけだろうけど,正しい意味で偽壁や壁際に配置されるべきような大手なんかは大変なんだろうなぁと・・・まぁ今回の偽壁配置も,うちと,隣の某T嬢のふたりのせいじゃないかなんつー声もあったりなかったり.

 3日目は・・・まぁ相変わらずですかね.うん.
 ってか今年は過ごしやすい気がするんだよねぇ.ゐやまぁ夏が苛烈であることには変わりないんだけどさ.2日目はいつも通りのゆゆ式制服(冬)だったんだけど,水 2L 持っていってやや余り気味だったし.3日目は 2L で足りなかったけどな・・・2日目の方が厚着のひどい環境だったのにね・・・まぁ両日共に「実際は消耗していたのに自覚していなかっただけではないか」なんつー話もあったりなかったり.

 そしてそんな中の・・・コミケ1日目に ZIN に預けてあった礼文華本が在庫落ちしていることに気付いたりね.豊浦町郷土研究会に預けていた分も払底寸前で,手許にもさしたる在庫はない.結構な数量が残っていたハズなのに何か「特需」が来ているみたいで,増刷しろという無言の圧力が・・・おっかしいな.再来年春に改訂版を出すまで手許在庫で戦える予定だったんだけどな.ってか春の感触から「もしかして『青年』より『紀行』の方が見てもらえるんじゃね?」っつってそっちに場所取っちゃったんだけどな・・・売り物の柱が消えるってどういうことさ・・・
 ってーか増刷は難しいんですよ,増刷するとすれば印刷品質を落とすか,値上げするかのどちらかなんです.初刷は強気で刷ったんで値段を下げられたんです・・・
 なんというか,チープな作りにしてもアレだし,4年の間にいろいろ変化した部分を追補としてページ増,その分値上げさせてもらうってのが現実的かなぁ.増補部分は無償公開して初刷分を持っている人へのフォローとさせてもらうってことで.
 そもそも増刷しても需要が読めないってのが一番の問題・・・

 最後に,いつものアレ.Aug14.
 73D,CTS 19R → HND 34R.Standing.

 巡行高度 4kft でした・・・どうも地上が荒れていたようで.それでも離陸は重そうだったな・・・


Aug20
 書くべきネタがいろいろあったハズなんだけど,どこにも書かずに時間が経って腐っていくよ・・・あぁ.

 というわけで昨日の話になるけど,山に登ってきました.まずはこちらの場所.1539m.本当にこういう名前で呼ばれているからまぁなんというやら.ともあれ有名なポイントですね.あたしもずーっと登っていたいと思っていた場所で.
 山の斜面側面に突っ込んだんだと思っていたんだけど結構尾根の峰に近いところだったのね.この現場からもーちょっと上があるんだけど,その「ここから上」が炎上した現場そうだ.一部はここから吹っ飛んでいって・・・ってのは知っていたけど,その吹っ飛んで滑り落ちていった先が沢の谷に近いところで,生存者はそこで見つかった.そこからはあたしも知っている話で,谷間ではヘリが入れないから尾根の上までひーこら言いながら担ぎ上げてようやくヘリで吊り上げたと.
 過去に何度か口にした言葉だけど,ほんと伝え聞いた話ではわからんことが多いね.現場に赴いて今更ながらこんなところだとは聞いていないというか,そういうものがぽろぽろありましたとさ.黒こげになった樹とか.右主翼がぶつかってえぐられた向こうの山の尾根・・・ってのはよくらからんかったけど.あたしが登ったときはちょっとガスが出ていたので.
 あたしがこの日の一番乗り.登山口のカウンターを見れば,あたしが下山するまでの間に 12 人が続いたことになっていた.だけど下山中にすれ違ったガイド氏曰く,あたしのような「無関係」な人間が登ってくることはあまりないそうな.そうなのか.

 ってかこの,山の上でスケッチブック描いて写真上げる「#エクストリームラクガキ」ってやつ,みんなぽんぽん写真上げてるけど,この写真撮るの結構難しい気がするんだけど.スケッチブックと背景の両方にピンが出ないのさね.カメラやってる人ならわかると思うけど.もう少し他の人の写真も見て研究しよう・・・

 さて,このピークだけでは午前中に終わるので,午後からもうひとつ.てわけで行ってきたのがここ.ってか誰だよ,盛夏にこんなところに登ろうなんつった奴は.あまつさえカメラやら釜飯やらみそ汁の材料やら担いでだよ? 辿り着いて荷を降ろした途端に岩の上に大の字になってたっぷり5分動けなくなってたよ.っつーか来る度に思うんだけど,最大の難所が登り始めてすぐのところにあるってのはどうなの!? ・・・まぁピークまで登り詰めた訳なんだけどさ.ちなみにスケッチブックは別撮りでこちら
 最大の難所もね・・・ハーケン1本打ってあれば難易度が一気に下がるんだけどねぇ.他の人の Report 読んでもやっぱりあそこが最大の難所だというし.でもあたしの知る限り旧世紀中からずーっとあんな感じだから,打てないか,打っちゃならんか,はたまた「この程度越えられない奴は遭難する前にここで引き返して家に帰ってママのおっぱいでもしゃぶってな」ってことなのか.この先は岩に階段切ってあったりして結構親切なのに,あの場所だけ信じられないほど不親切なんだよね・・・足掛ける場所すらないし.

 まぁそんなこんなの1日でしたとさ.


Aug26
 そういうわけでティアのおしながき,仕切り直し.
 礼文華本は4ページの追補を入れて,印刷の品質を落とす等は無し.その上で・・・いわゆるこの手の本の相場といわれるラインまで値上げです.わかる人にはわかるけど,これまでちょっと頑張ってるラインだったのですよ.ワンコインで切りが良いってのもあってさ.
 追補部分は旧版をお持ちの方向けに,近日公開の予定です.ちょいとお待ち下されや・・・

 ところで先日の室蘭民報.小幌駅を町が引き取る可能性を報じたね.実際そういう可能性はあるのかってのはちょっと考えて・・・もとい妄想はしていたけど,余所者である自分がそんなことに云々言えるわけでもないしね.実のところこれまでに町長氏とも何度か直接話をさせて頂いているのだけど・・・さすがにそんなこと口には出せなかったよと.こういう流れが表に出てきたからこそ,あたしもそういうことを考えていたことを表に出すけどさ.
 とはいえ鉄道が廃止になるから自治体が鉄道会社ブチ上げて〜ってのはちょろちょろあるけど,鉄道まるごとではなく「駅」ひとつだけってのは寡聞にして過去に例を耳目にしたことがない.ふつーに考えれば「駅」の運営管理者が第三種の免許を取得して,いわゆる上下分離の下部分を請け負うってカタチになるんだろうけど,果たして.何か貢献はできるかのう? 「ふるさと納税」でもすれば良いんだろうか.

 っつーか 10 月に潰すという割に JR からの公式発表はないし,何かありそうだなーと思っていたらこの流れだ.ってかまだ何か腹に抱えてるんじゃないか.
 ついでに常々感じていた「鉄道ファン」と自分との間の,駅に関する認識の違いがやっぱりというか.「駅を中心とした観光振興策」と言えば「秘境駅に人を呼び込んだらもう秘境じゃないだろう」と茶々を入れ,町が引き取ると言えば「税金注ぎ込んでそれで町に金が落ちるのか」とツッコミが入り.もちろん外貨を獲得できればそれが一番良いだろう.だがそこじゃないだろう? ってか鉄道ファンと呼ばれる連中はどーして駅しか見えていないのかと.あいつら鉄道というと金属の軌条と金属の箱しか見えてなくて,そもそもそれが交通機関であったり輸送機関であったりするということを時々忘れていないかと.ゐや違うな,あたしが言いたいのはそういうことじゃない.とにかくなんというか・・・
 ゐや,あたしも豊浦町の真意を測りかねてはいるのだけどね.駅それ自体に意識が向いているのか,周辺一帯へのアクセス手段として駅の存続が必要なのか.外地から人を呼び込むためなのか,町民のためなのか.いずれにしても名物の駅の存廃に終始する問題ではないということだけは確か.

 最後に,いつものアレ.Aug24.
 763,HND 34R → CTS 01R.Rolling.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る