"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Feb6
 大分間が開きましたが,生きています.せっかく仕事を辞めたのにまーた新しい場所で仕事を始めたりしていますが,生きています.冬ティアが終わったり,夏コミのカットが描けてなかったりしますが,生きています.
 最後に書いたのどんな話だっけか・・・とひっくり返してみれば,入山峠のバス事故の話だった.その後の話が全くないけど,原因究明は難航してる感じかねぇ.まぁギアがニュートラルに入ってたからってそれが事故の直接原因であるとは考えにくいもんねぇ.軽井沢側の下りであればどこぞから聞こえてきた fade だ vapor-lock だも同様.今時の車でそれはもはや整備不良の類.もっとも,それを「整備不良」と呼ばなければならないのはドライバーの方にこそ問題があると声を大にして言いたいのだけどね・・・その片鱗がとある昼の情報番組のアナウンサーのコラムに.自動車運転のライセンスを持っていてこれは閉口というのか開いた口が塞がらないというのか.技術や知識を持った上で楽をしようとか,支援を受けようというのは悪いことじゃないよ.だけど車ってのは人の力を遥かに越えたパワーを出せる機械だし,操作者も周囲の人やモノを危険にさらすこともあるのだということをきちんと理解するべき.そうでない者にライセンスを与えるべきではない・・・・・というのは理想論でしかないかもしれないが.

 ティアは・・・まぁティアですね.えぇ,ティアです.新刊もないのでいつも通りのティア.
 これまでひとりでティアに参戦するといつも悩んでいたのが「自分はいつ周回に出ればいいのだ?」と.まぁ何のことはなかった.開幕ダッシュ決めてしまえばいいのだ.どーせ開場からすぐに来るような人もいないし「12 時頃から頒布始めるっス」って看板出してとっとと行ってくるのが最も無難だなぁと.今回開幕ダッシュかましていたのはこれが一番の理由.開場前から行列のできていた某所を狙っていたからってのもまぁなきにしも.ちなみに某木軸は手に入れました・・・夏の絵描き作業が快適になると良いなぁ.
 んで,留守にするときにいつもタブレットに文字書いて置いていたんだけど,こいつが 30 分経つと消灯してしまう.時々起こしにブースに戻らないと真っ暗になってるよーってことがこれまでも度々あったんだけど,何のことはない探してみれば「スリープモードを殺す」ツールがちゃんとあるではないですか.っつーかスリープモードを使わないという選択肢がないのは何故なんですかねぇ,Android な標準環境自体がそういう仕様っぽいですが・・・

 して,そのティアへの行きすがら飛び込んできたニュースが,JR-H が全路線の営業係数を公表したという話.ちなみに全路線赤字.まぁそんなもんすよね.ところでこういう数字が出てくるとどうしても営業係数に注目してしまうけど,係数ではなく実際にどれだけの赤字が発生しているのかというところに注目するとまた別のモノが見えて来ると指摘したのがこちらの記事.例を出せば留萌本線全部合わせた数字より,帯広〜釧路間の方が3倍の赤字を垂れ流しているという・・・実は幹線と思えるところの方が実際に生み出している赤字は大きいらしい.「利用の少ない」路線や駅なんてのは利用が少ないだけに維持費や運行費用の絶対値は実は小さいってことで・・・っつーかもぉ冗談で飛ばした「JR-H の赤字削減の一番良い方法は鉄道事業の放棄じゃね?」ってのがまさにその通りというか,ちまちま駅を潰したところで何も解決しやしねぇと.「公共交通」のそもそも論は今更書かないし,決して批判する意味でもなく・・・
 そんなこと言っても少しでもどうにかしなきゃならんというのもまぁ事実.追うように飛び込んできたのが「中川と幌延の保線拠点を畳む」と.経費が嵩むのは事実だろうが,本当にそれで良いのかというか,大丈夫なのかと.なんか本気で宗谷北線が消えそうな.といっている間に重ねるように「中川と幌延の住人は特別料金で特急に乗れるようにする」と.普通列車がなくなるからその補償として・・・ということのようなんだけど,豊富は対象外かいというツッコミが当然ながら.一応そっちも検討中ってことなんだけど,そもそも保線拠点が撤収したら列車が減るんじゃなくて列車が通らなくなるよなぁ? んんっ?
 そして道庁からは「うちも豪華列車走らせようぜー」と.確かに話題にはなっている・・・というか,あたしの生きてる世界とはびみょーに違うところで盛り上げようと懸命になっている感じがするというか,あちらこちらで追従の動きがあったりするけれど・・・それで本当に盛り上がるのかなぁと.確かに振興にはなろう.だが動員できる数が少ない.客単価が高いのは確かだが,その中身を考えれば経費もべらぼうに高いハズ.列車一本という単位で見たとき,あの列車は儲かっているのか?という問に「実は儲けなんて出てないんじゃないか」なんて声もあるくらいだ.それを理解した上でというなら・・・・・あとは桑園がどう反応するか,かねぇ.今のあそこ見てると「例え運営資金を提供されたとしてもやりたくねぇ」な感じに見えて.

 年も明けたということで,お金関係もぼちぼちと.
 いろいろあってふるさと納税について調べてるんだけど,返礼品として一部をキックバックされるより全額きちんと使って欲しいなーと・・・そんなことを思っていたら某所に「返礼品はいらない」という選択肢があって震えている.なんだか一部で行きすぎた返礼品が出てるとかそんなのが問題になってるけど,そういうところもあるんだなぁと.しかし本音を言えば目の前にぶら下げられればハムや鴨鍋は喰いたいのだ(爆
 だけどまぁ「一部はその土地の特産品を購入するために充てられる」という考え方をすればそれはそれで,なのかなぁとも.「金を出す(より正確には居住地に行くべき住民税の一部を振り替える)から●●のために使ってくれ」というだけじゃなくて,その土地の消費に貢献するってのは結構大事なことなわけで.そうじゃないと「街」に金が落ちても「モノ」になるだけで「人」に金が回らないわけで.素直にハムや肉はもらっておくかなぁと,そんなことを.っつーかこっちの持ち出し分がどーしても発生するんだし,その分でハムや肉を買った気分になればいいのかなぁと.

 そういえば忘れてたんだけど,仕事辞めた関係で半年分の住民税を一括で払えって請求が先月末に届いてさ・・・・・札束でコンビニ店員の頬張って来ましたわ.だって Pay-easy 使えないっつーし,仕事始めちゃったもんで金融機関の営業時間とあたしの自由時間が合わないし.

 まぁそんなこんなで.


Feb21
 生きてます(爆
 なんかこう最近,更新する度にこの挨拶のような気が.別のモノにエネルギー注いでいるとどうにもこっちに回らないというか,それじゃあ以前はこっちにどれだけのエネルギー注いでいたんだよというか・・・ゐや,結構注いでました.はぃ.
 んで,何してたっけ.

 先月からぼちぼち始めた部屋の片づけの成果として,100 サイズ箱4つにざっくり 360 冊の本を詰め込んで放出.データベースに登録されている在架の約6%にあたります.まだまだどうにかしなければなりませんな・・・

 JR-H は3月改定後の普通列車の具体的な計画を出してきましたね.話に聞いていたとおりに小幌駅の停車本数は6本を維持.ただし数が揃ってるだけで日のある時間帯のスジは壊滅.ここは事前にあった「6本を維持」という非公式発表と「昼間の減便」という公式発表を突き合わせたところから導き出される解の通り.これによって夜のチラ見コースなんてものが新設されることになるんだけど,さて豊浦町はどう利用しますかねぇ.もっともそのチラ見コース,豊浦側からじゃなくて長万部側からの利用になるんだけど・・・
 送り込みスジを兼ねてるからそう簡単には消せないだろうという評判の根室本線 2429D は列車番号が変わるもめでたく存続.ただし逆方向の釧路→滝川直通は見事に廃止.同じく送り込み回送を兼ねていたハズの,宵の口に長万部を出て札幌まで直通してくれる山線の普通列車が小樽止まりに.便利なスジだったんだけどなぁ.そして札沼線も浦臼以北は事実上の廃止.
 悲惨なのが宗谷北線で,何だこりゃという・・・DC54 しか入ってこないのに DC40 をどうにかするというあおりを受けて減便ってどういうことなんですかねぇと問えば,最近は代走で DC40 も入ってきてるとか・・・まぁ逆に DC40 が入っていたスジに DC54 を投入して,その分北線の本数が減るってことなんだろうねぇ.そして普通列車だけで札幌から日帰りできる場所が幌延から音威子府へ短縮.午後に稚内を出て旭川まで直通してくれる便利なスジもなくなっちゃって・・・利用者がいないから減便になる,減便になると不便になって利用者がいなくなる,以下繰り返し.どーすんだ.それとは逆に「北の北」の秘境駅代表とされる糠南は全列車停車になってまさかの本数増.そのほか,細かいところいろいろあるんだろうなぁ・・・

 追って細かい線区別の収支やら,駅の利用状況やらも公表され.小幌が利用者数1人以下ではないのは納得.きちんと数を取れば何だかんだそのくらいにはなるですよ,あそこ.しかして定期利用者がいるのに「1人以下」とされた場所もあり,集計方法に疑問があるという声も.でも「1人以下」という書き方を正面から捉えれば定期利用者が1人しかいないと「1人以下」認定になることに.そして「1人以下」の駅は一切残らず焼き尽くす気満々だという声も漏れ聞こえており・・・そうなると幌延なんかまさに焼け野原になっちまうなぁと.同じような状況の留萌本線と札沼線末端区間は路線ごと廃止だし.

 鉄方面の話題といえば鷲ノ巣駅でこんな話が.やっぱり管理人がいたかというか,あそこまで環境が「充実」したのはここ数年の話だったんだなぁと.

 そんであたしはというと・・・14 日に開催された幌延町のラッセル撮影会にちょろっと.しかし悪天候で道路が通行止めになっちゃって中止に.まぁ天候には勝てないわなぁ.ついでに撮れた写真も吹雪で真っ白.わはー.
 しかしまぁ,列車は撮れなくても人には会えたわけで.JR の人,町長の人,行政の人,報道の人,あたしを知り評価してくれる人.初めて会う人でも何故かどこかであたしを知っていたりして.「人に会いに行くのにコストをケチるな」という旨の言葉を耳にしたことがある.それを考えれば人に会えただけでも旅の価値はあったわけで.とはいえそんなことを意識し始めたのはここ数年の話.「ネットがあればいい」じゃない,実際に顔を合わせなきゃダメなんだわ,この場合.

 そして何故か立て続けにネタに取り上げられるあたしの何か.
 正々堂々と秘境駅に行ってきた:旅スレの裏側 〜15年冬道北編 その4〜
 Gigazine:「日本一の秘境駅」小幌駅とはどんな駅なのか確かめに行ってきた
 直接ネタにはされてないけど某テレビで放映された内容に,あたしの薄い本が参考にされたようで・・・そういえばこのディレクター氏に「あの薄い本はどこで手に入るのか」と問われて返したなぁという遠い記憶が・・・

 鉄の話題から離れると,11 日にまた樽前攻めてきまして.しかし前回とほぼ同じ場所で足が止まり.960m ちょいまでは高度上げたんだけど足下がね.アイゼン刺さらなくて落ちそうで.というわけで引き返し.とっころがあたしとは別ルートで直登かましてる人もいて・・・いろいろ話を聞いてみると今年は雪が例年の半分もなくて,それが難らしい.確かに雪があればもっとグリップ効くんだよねぇ.あとはあたしの道具のメンテにも課題があるなぁと帰ってきてからいろいろと.
 来年再戦,だなぁ.



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る