"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Jun12
 生きてます.いっそ少年バットに殴られねぇかなとか考えてますが生きてます.

 とりあえず積み残しその1.
 先月に USB DAC の話を書いたけど,本命はこっちだったのですよ.ノイズキャンセリングイヤホン.大昔にオーディオテクニカのノイズキャンセリング良いなーとか考えつつはや幾年・・・だったんですよねぇ.ちなみに標準付属品に「航空機用アダプター」が付いてくるのがミソ.まぁそういうことで,そういう利用を狙った製品ってことやね.まさにあたしのことだ.
 ここで普段ヒコーキに乗らない人のために豆の知識.航空機の機内オーディオって以前は「聴診器」みたいな感じだったのよ.耳の部分に小型スピーカーがあるんじゃなくて,肘掛けの部分にスピーカーがあって,そこに「管」ぶっ刺すと聞こえるという.そういうわけで勘の良い方ならお気づきの通り,ボリュームをでっかくすると「管」をぶっ刺さなくても音漏れの如く聞こえてきます.この辺の原理がわからないとどこから何の音が鳴っているのかわからないけど,とにかく謎の「騒音」がする・・・という現象に悩まされることになります.さすがに現役でこの方式を使っているところはしらないけど,そのための装備が残っている機材は「エ」で始まる某社なんかでちょろちょろ当たるんで,利用しなくてもボリューム設定にはお気を付けをと.えぇ,肘掛け部分にふたつ並んで付いている謎の穴がそれっすよ.20 世紀末あたりまでは現役で使われてたりしたんっすよ.
 で,現在の機材は「聴診器」を現役で使ってる機材はなくなったけど,いわゆるミニジャックがふたつ並んで付いている機材は当たり前のように.これがまた曲者で,ふつーのステレオイヤホンをぶっ刺すと片側からしか音が出なかったりする.それではともうひとつの方にぶっ刺すと,何も聞こえなかったりする.そこで登場するのが「航空機用アダプター」で,これを使うとちゃんと両側から音が出るという.先のエで始まる某社なんかでもアコモ改造機は片側からステレオで出力するように改造されているけど・・・・・・・ゐや,アダプター介した方が何というか,音が良い.ゐや,そもそも「エ」で始まる某社のオーディオはなんだか音質が悪いんだが.「ぜ」で始まる某社と比べるとそれはもぉ明らかに.
 まぁそれはともかく.ついに買ってしまいました.ATH-ANC23 の白.ゐやぁすげぇわ.っつーか不気味.確かにノイズは消えるんだけど,人の声とかそういうった音情報はしっかりスルーされて入って来るんだよね.小さな音量でもよく聞こえるから耳にも優しい.音楽聴きながら通勤してる人,特に地下鉄なんかでそういう状態になってる人には特にお薦めしたい.小音量だけに音漏れの心配も全くない.ただ,ノイズキャンセルをオンにしたまま道を歩いてはいけない.車のエンジン音が完全に消えるんで車が近づいてきてもさっぱりわからん.あぁ,視覚障碍者の団体がプリウスに苦言を呈したのはこういうことかと・・・
 インナータイプってちょっと苦手で疲れるというかなんというかなんで,まぁヒコーキに乗るときにくらいしか活躍の機会はないと思うんだけど・・・それにしても以前「欲しいなぁ」と考えていた時の半値近くになっているのは気のせいか.

 そして帰りに描いてきたのがこれ.
 ゐや,行きのそれを描いたときにアテンダント氏に「いつもありがとうございます」的に飴をもらってしまったもので.以前にもあったよなぁこういうこと・・・というか,もう自分はこの会社のアテンダント氏の中では名物客として知れ渡っているんじゃないかと.ゐや,それでもやめないけど.まぁそういうわけで,アンケートに答えるようにちょろっと何かを売ってきましたとさ.ゐや,実際に以前の「タマネギスープ」より旨いっすよ,昨年末あたりから出てきた「じゃがバタースープ」.あの会社らしいっすよ.
 ってかこの紙コップ,デフォルトではどういう意匠だったんだっけかと.

 んでそうそう.USB DAC の話を書いたときに「修羅場モードで疲れない環境を」と書いたそれ.その後もまたオーディオコーナーに行ってみたところ・・・ビジュアル的にはともかく,実用的にはキャスケットの上にヘッドフォンというコトであたしの中で決着が付きました.
 ゐや,そんなことはどーでもよくて.立ち上がったときに紐付きなもんで軽く事故ってしまうことがしばしばあるってことで,青歯なんかのやつがいいかなぁと思ってたんだけど・・・・・実際に試してみるとありゃダメだ.重い.重いしなんだか作りが安くて合わない.それならスピーカーで良いじゃないかと思われるかもしれないが,そうではないのだ.っつーかだな,各社重低音が何とかって売り出してるが,あたしは中高音を重視したいのだ.ゐや,低音がどうでも良い訳じゃないが,自分の良く流す音楽がクラシック的なのやら女声ポップス的なのが中心なんで,中高音を重視してくれているとありがたいのだ.そういうわけで,ヘッドフォンのことはもう忘れて・・・

 ・・・ゐや,せっかくこういうところに来たんだからいろいろ試してみようということでいろいろ試した結果,オーディオテクニカの ATH-AD シリーズが目に留まって.軽いわ疲れなさそうだわ音も良いわと,なんだこりゃあと.ってかあたしゃオーディオテクニカと相性のいい人だったのですかねぇ.普段使ってるのもオーディオテクニカの ATH-EM700 で,あたしの創作にも度々登場してます.なんだけど生産終了で,後続品もないんだよねぇ.いろいろ良いのになぁ.
 で,安いのから高価いのまでいろいろ出てるけど,それぞれ試してみるととりあえず 900X1000X の間に「越えられない壁」を感じる.お値段的には 900X かもう一段下の 700X だろうなぁってとこだけど,USB DAC の力を引き出すには 1000X じゃないとダメだろうなぁと.で,その隣に 2000X なんてのが吊されてる.もぉお値段見るだけで「なんじゃこりゃ」である.しかしまぁ試聴だけならタダなんで使ってみると・・・・・・・何だこの軽さ,着け心地,広がる音場に中高音! もぉこれしかないじゃん!(爆
 沼だ.これが沼というやつか.恐ろしい.落ち付け自分.こいつは紐付きだぞ.また不注意に立ち上がって事故るぞ.しかもオーバーヘッド型だ.髪洗って頭にバスタオル巻いた状態で使用するなんて,EM700 では当たり前にやっていることはできないぞ.よし,落ち着いてきたな.それで良い.ついでにネットの世界を覗いてみると,お値段も落ち着いてきているらしい.よし,いい感じだ・・・って,そっちじゃねぇよ!

 そして唐突に,話は今日の冒頭部分に戻ります.そろそろ少年バットに殴られそうな気がします.自分.仕事でいろいろあって.
 そうそう,コミケ通りました.元々落選する気は全くしなかったのですが・・・という話をすると少年バットじゃない何かに殴られそうですが.ついでに誕席です.もはや定位置です.完全に「見えない力」が働いてます.


Jun13
 まだありますね.5月の積み残し.
 「オホーツク」と「宗谷」が旭川発着に.これは昨年夏時点で既に噂は流れていましたね.駅を潰しまくるという話とセットで進んでいた話です.ついでに「北斗」への DC261 投入も.噂が本当ならこれから函館本線への DC261 投入は加速する.突き出されて DC281 が石北本線あたりへ出て行くはず.減速運転で DC281 は「北斗」にはオーバースペックであると.対して経年その他を考えれば・・・・・皮肉だねぇ.
 そして衝撃が走ったのが,蕨岱,北豊津,桂川,姫川,東川各駅の廃止の報.駅廃止は今後も続いていくよと予言したとおりの.いずれも予想されたとおりの.そしてこれだけで終わるはずがない.北豊津は昨年新しい旅客用装備を入れたばかりじゃないかなんて,そんな理屈通用しますかいな.それ言ったら小幌だって毎年のように不要不急の旅客用装備更新がされていって「こりゃ安泰だな」と思っていたらいきなりアレだもの.JR-H の計画性を甘く見ない方が良い.「他の路線はどんどんワンマン化されているのに,深名線だけはその気配がない.まさか・・・」なんて時代とは違うのだ.ってかあたしは静狩の存続を危惧してるのよ.何度も同じことを書くけど,小幌廃止の報が出たときに,礼文華の住人はいきり立ったんだ.「黙って見ているわけには行かない,小幌が消えれば次は礼文・大岸が消える」と.実際に礼文・大岸は消えはしなかったが,大減便のあおりを受けて地味に打撃を受けている.それ以上に礼文華静狩峠をはさんで反対側の静狩駅.元々利用者数が少ないところに大減便のあおりを受けて,ある意味小幌以上に存在価値を失っているように見える.利用者・・・いるんだけどなぁ.もとい,いたんだけどなぁ.

 で,こういう話になると当然地元からは反対の声が上がる訳なんだけど,ネット上では都会にしか住んだことのない,都会しか知らない悪い意味で若い連中の声が強い.わかりやすくまとめると「口は出すけど金は出さねぇってかい」と.そうだな.極論すれば全くもってその通りだ.出せる金などない.だが口を出さねば自分たちの命が取られかねない.それを理屈ではなく,感覚として理解は連中にはできまいて.あたしだって「いざとなれば自家用車がある」現状において正確に理解できているか自信がない.

 だけどね.恐らく多くは大した抵抗もできずに斃れるハズ.
 あたしは昨年の小幌危機の際に豊浦町がどれだけ血相を変えて走り回り,覚悟をして,現在の結果を勝ち取ったのか,ずーっと見てきた.JR-H 自体がこんなことになる前から,騒動を経て現在まで,豊浦町がどんな町なのか,あたしはこの目でずーっと見ている.だからこそ書く.他で同じことができるかというと,たぶん無理だ.小幌は「利用者が居ない」が,逆にそれが特殊性となってとりあえずの生き残りを得た.しかし今後どうなるかわからない.同時に名前の挙がった他の連中はささやかなイベントを催す程度で消えてしまった.東追分のようにイベントすらなかったところすらある.
 そして恐らく今頃血相を変えているだろうというのが,町内のほぼ全ての駅が牛山リストの「秘境駅」に認定されたことを町おこしのネタにしている幌延町.しかしどの駅もあたしから見ると正直「あぁ,ありふれた駅だな」なんだよね.だけど道民と鉄っちゃんの感覚が麻痺してるだけで,そうでない人間から見れば中心駅・幌延は立派に珍しい「田舎の小駅」,雄信内なんぞは見どころすらある「趣のある駅」であって,いわんや南幌延や糠南に至っては「これが駅だと!?」と言わしめることすらできるハズなんだ.あとはどうやってどういう客を呼び込んでこれるか.そういう意味で幌延町には注目したい.
 大減便でスカスカになった宗谷本線のダイヤなら臨時列車「秘境駅巡り号」の運行も余裕であろう.まぁ幌延町内で完結できず,最低限で天塩中川〜幌延〜豊富の運行になろうが.他の駅では信号システムの関係で折り返し運転が多分無理だから.ってか「その列車の弾数自体がねぇんだよ!」ってのが大減便の理由だっけか.それに関しては EC521 の一次車にヒントがあって,当初は「出資した自治体内での封じ込め運用」なんて措置が取られたくらいだった.同様に宗谷北線の沿線自治体が力を合わせれば名寄以北用 DC150 的なモノの1輌や2輌はなんとかなろう.
 って,そういえば小幌駅存続に関して JR-H は「豊浦町から人を出してもらえるという条件が最も大きかった」とかヌカしていたな・・・車輌だけじゃなくて運転士も必要となるとこいつはカネの問題以上に難しそうな・・・

 いずれにしても,北の大地にこのところ明るいネタなどないのである.
 双鰹が EH800 やら DF200 やらに引っ張られて稲穂に凱旋した? ・・・だから?


Jun19
 本日の北ティア,LavenderBlue ブースにて足を止めて下さった皆さん.ありがとうございました.なんかすっげー頭の死んだ対応して「本当に大丈夫ですか!?」とか声を掛けられた気がするんだけど,実のところ大丈夫じゃないです.「とっくに雅美の MP はゼロよ!」なのです.ゼロどころかハコかぶってます.ついでにブース内で思いっきり寝ていた時間があったような.
 で,北ティアにはブロックノートという文化が生きてるんですよ.あの場ですっげーの描く人なんかも大勢居るんだけど,すげーよなぁと思うのですよ.あんな不安定な場所でよくもまぁ描けるものだなぁと.それに加えてささっと描くのが苦手であたしはスケブの類は一切ご辞退申し上げておるのですが・・・というわけで今日の1枚.いろいろおかしいのはわかっているのでそれ以上はもうご容赦下さい.

 そんなことより気になったのはこのノートの素性.表4見ると「産地:台彎」とか書いてあるんだよね.どうやら日本製ではないらしい.そして□囲みの 20 という,値段と思しき数字.NT$20 とすると,Google 先生によれば JP\63 とちょっと.安いんだかそうでないんだか・・・なんだけど,密林で無地ノートと入れてみると5冊セット \461 とか出てくる.安いは安いのか.ってかどこで手に入れて来るんだろ,こういうの・・・

 えー,次の一次創作系イベントは・・・決まってません.もしかしたら夏ティアに駆け込むかもしれないし,秋ティアかもしれない.秋の北ティアには出ます.関ティア・・・出てみたいな・・・



駄文の続きを読む もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る