執筆活動っつーか 薄い本っつーか

 自費出版で本を・・・いわゆる広義の「薄い本」作ってます.

えんじ色の二等客車

 ちょっとだけ鉄道のある日常を切り取った,掌編というか絵本というか,そんな感じのもの.オムニバスみたいなものとして増結して行きたいなと・・・

Novemberregen

 冷たい雨がある 温かい雨がある
 霧のような雨がある 滝のような雨がある
 雨の日でも列車は走る 何事もないように
 人々を吸い込んでは 吐き出していく
 これはそんな情景のひとつ

 

 2017 年 5 月発行,28p.頒布委託:COMIC ZIN

一枚のチケットから

 ひとり心静かな旅があれば ひとり不安な旅がある
 愉快な同行者がいれば 重い空気の同行者がいる
 視線を合わせることもなくすれ違う旅人がいれば
 申し合わせずとも道程を一にする旅人たちもいる
 これはそんな情景のひとつ

 

 2016 年 5 月発行,28p.頒布委託:COMIC ZIN

夜色の世界地図

 星をちりばめた空の下
 遠く汽笛が響きわたる
 眠る駅を結う眠らない線路がある
 眠る人々をいざなう眠らない列車がある
 これはそんな情景のひとつ

 

 2015 年 5 月発行,32p.頒布委託:COMIC ZIN

B線上の交声曲

 人が憧がれ 人が往き 道ができる
 その道はつながっている 確かにあの地へと
 その道はつながっている 見知らぬ街へと
 その道はつながっている 人が往く限り
 これはそんな情景のひとつ

 

 2014 年 5 月発行,24p.頒布委託:COMIC ZIN

SugarTown は愁いの街

 メトロポリスに粉砂糖が降りかかる
 ふわふわと 白く甘く
 汽車を止め 街の動きを止め あなたの足を止め
 だけど時間は止まらない
 これはそんな情景のひとつ

 

 2013 年 5 月発行,24p.頒布委託:COMIC ZIN

誰がためにベルは鳴る

 駅のホームにベルが響きわたる
 特に急いでいないあなたは掲示されたポスターに視線を移すかもしれない
 遠方より来た旧知を見送るあなたは突然の孤独感に襲われるかもしれない
 鮨詰めの通勤列車から吐き出されたあなたは安堵の息を吐くかもしれない
 出張帰りの長距離列車に座るあなたはお酒の口を開けるかもしれない
 これはそんな情景のひとつ

 

 2012 年 5 月発行,24p.頒布委託:COMIC ZIN

単発もの

礼文華観光案内ちょい+

 汽車で行ける北の秘境・礼文華小幌.「降りても何もない」「駅から外に出られない」その幻想に真っ向勝負します.小幌駅から最寄りの国道に続く道,小幌駅が最寄りの風光明媚な海岸,周辺にも大きく寄り道する邪道でノンフィクションな観光案内.

 2015 年 8 月発行の「ちょい+」は,2011 年 5 月発行の同書に4ページの追補を加えたものとなっています.

 

 2010 年 5 月 Preview 版発行/2011 年 5 月初版発行/
 2015 年 8 月・第 2 版(ちょい+)発行,60p.

 頒布委託:豊浦町郷土研究会(北海道豊浦町).COMIC ZIN(東京)での取扱は終了しました.

寄稿

コミケ回顧録

 「プロジェクト H&A」のコミケ回顧録本,

  • 「晴海・有明の忘れ物」(2012 年 8 月発行)
  • 「晴海・有明の軌跡」(同年 12 月発行)
 に,それぞれ 20p と 48p 寄稿しています.頒布情報は・・・コミケや東京のコミティアで「プロジェクト H&A」というサークルを捜して下さい.



最初のページに戻る