"Log" と書いて「こうかい日誌」
それはあたしの想いの断片.



Jun11
 生きてます.大丈夫です.
 ついでに車が 21 年目の車検から上がってきました.昔は「車すごろく」なんてのがあって,次々と高価い車に乗り換えていくような文化があったらしいんだけど,乗り換える必要が見出せなければ乗り換えたいと思えるような車もないからなぁ.ついでに乗り換えるための先立つモノもない.
 というところで検査の明細に「オイルにじみ大・修理不能」とか書いてあってギョッとなってしまったんだけど,メカニックの人からよーく話を聞いてみると「エンジンのここにオイルがにじんでたんだけどどこから漏れたのか特定できなくて,それであんな書き方になってしまったのでは」とのこと.うわぁ,大規模修理は嫌だなぁと思いつつも,普段乗ってて「オイルが減る」といったような不可思議現象は起こっていない.対してメカニック氏が指摘した「このあたり」ってのがどの辺かというのをよーく思い出してみると・・・何のことはない,自分でオイル交換したときに新品オイルこぼしたところだ・・・拭き取ったけど,手の入らないところもあって完全に拭き取れたか自信がなかった.そしてメカニック氏が指したのはまさにその手の届かないところだった・・・セーフ,セーフですっ!(滝汗

 ・・・というところでこのところ「『踏み間違い』が原因ではないか?」って事故が度々報道されて,それに続いて「安全装置」を付けようだの何だのという話が盛り上がっているけど・・・「何でそっちに話が行っちゃうのかなぁ」というのが正直なところで.ゐや,手っ取り早く当面何とかする対策ってのがそういう方法くらいしかない,ってのはわかるんだけど「自動車社会の今後」をどうするか,ってのは考えられてるのかなぁ?と.
 「あの操作方法には致命的な欠陥が有るぞゴルァ!」ってのは大昔から指摘されていたことだし,誰かがドヤ顔で「Nレンジでスロットル開けたところでおもむろにDレンジにブチ込むと急発進する」なんて広めたネタも大昔から指摘されていたことだ.後者はとっくの昔に対策しているメーカーもあると聞くが,前者に関して解決方法がいくつか提唱されているにもかかわらず全く変わらないのは何故だ.そもそも「ペダルが2本,(多くの人は)脚が2本」なのに対して何で左脚を遊ばせてるんだと.ゐや,わかっちゃいるよ.「MT 車との互換性維持」のためだよ.ところが新車販売数のウチ9割以上が AT 車だとされたのが 10 年以上前の話.非限定免許ではなく AT 限定免許を取得する人の方が多いという世の中で,いつまでそんなことを続けているのかと.
 っつーか「AT 車は運転が楽」って世の中の幻想は今すぐに滅びてくれないかなぁ.「踏むだけでいくらでも速度が出る暴走車」だろ,あんなもの.「簡単に発進する」ってことは「簡単に暴走する」ってことと表裏一体なんだっちゅーの.故に「AT 車には AT 車特有の転がし方(≒気を付けなければならない点)がある」ハズなのだが,認知されてないよなぁと.MT 車にない機能としてシフトノブによく付いてる「O/D」ってスイッチは何のスイッチか知っているか.「2」とか「B」とかってレンジはどういうときに使うべきものか知っているか.「キックダウン」ってどういう機能で,どうすれば発動するか知っているか.全て自動車学校で叩き込まれる件のハズだが,普段 AT 車を転がしている人間でも,きちんと答えられる数は多くはあるまいとあたしは確信している.「そもそも車の操作に関する基本的な知識が欠落しているのに何故か公道に野放しになってるんだよそういうのが」と.「運転が楽」? 寝言は良いけど公道には出てきてくれるなと.モノのついでによくある世の中の誤解を解いておきたいけど,「半クラッチ」なんてものを多用するのは自動車学校の中だけだ.渋滞中でだって使わんわ,そんなもの.渋滞にハマって攣るのは左脚じゃなくて右脚だっちゅー.

 高齢者ばかりが問題になっているけど,これから免許を取ろうとする若い層もだ.「世の中 AT 車がほとんどなんだから AT 限定免許で良いだろ」ってんなら是だ.だけど「AT 車の方が簡単だから」なんて輩にはそもそも公道に出てきて欲しくない.ついでに本人の意思でならともかく,親の意見で「非常時のために非限定免許で取っておけ」というのは「大丈夫だ,あり得ないから『非常時』というんだ」と.そもそもその「非常時」に直面したところで転がせまい.同様に暴走時の「非常ブレーキスイッチ」を付けた車なんかも登場しているようだけど,そんなモノの前に「ブレーキが利かなくなったときの対策」って自動車学校でやっているハズなんだけどねぇ.事情が何であるにせよ「それすら行えない」状況でそんなスイッチ,何の役にも立つまいよ.それこそステアリングの近くに,鉄道の TE スイッチも顔負けのでっかい「自爆装置みたいなボタン」でも配置しない限り.
 そして「高齢者問題」ってのはあたしら世代にとっても「これから往く道」だ.日本でも「車がないと不便」という土地の方が多いし,そもそも「車がないと生活できない」という地方も少なくはない.「そんなところに住んでる奴の自己責任」とかヌカす輩は・・・どんな薬を付けたら良いんだろうね.

 というところで「高齢者は MT 限定免許にしてしまえ」なんて意見もあるけど・・・どうだろうねぇ.それで減るだろうか.人間の可能性は無限大だからなぁ.
 そもそも今後増えて行くであろう電気自動車なんかは自然に AT になるっちゅーか,MT 的な構造にする意味がないからなぁ.動力源の特性の違いで.あたしみたいな「手動変速機車に限る」免許では車を動かせなくなる日が来るかもですよ,っと.
 やっぱ目的地を告げるだけで勝手に走ってくれる完全自動運転の登場を待つしかないのかね?

 話は変わって.
 また神○川県警か.国民の権利を制限する権限すら持つ組織という自覚の元に,きちんとした専門家を配置してくれよ,ほんと.事実ならほとんど素人じゃないか.「この IP から投げられてるからこいつが犯人だ」って理屈は 20 年前ですら「はぁ?」と嘲笑された案件だろうに.

 そして JR-C は N700S を米原~京都で 360km/h で走らせまくってるようだけど・・・あたし,以前に「リニアが開業する頃には鉄輪軌条で当たり前に 500km/h 出せるようになってたりしてな(笑)」と書いたことがあったけど,「リニア中央新幹線」用の好線形やら騒音対策やらが揃ってれば浮上式リニアにしなくても鉄輪軌条で十分に高速なブツができるんじゃないかというのは気のせいか.茶々入れ抜きにして.ゐや,「相対速度」の問題が残るのか.
 茶々入れするなら・・・その N700S ってのは名古屋以東でどれだけの速度が出せるの? と.正直東北に慣れると,東海道は「ちんたら走ってんなー」と感じるもの.



もっと前の駄文を読む
駄文いんでっくす 最初のページに戻る